※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#blognavi
今年の新入社員は実力主義よりも年功主義の会社に魅力を感じていることが日本能率協会の調査で分かった。年功主義を好む人が49.1%だったのに対し、実力主義は48.3%だった。年功主義が実力主義を上回ったのは2001年の調査開始以来初めて。能率協会は「リストラで苦しむ親の姿を見てきたため、競争を避ける傾向がある」と分析している。

 実力主義を好む比率は03年(73.5%)をピークに減少。前年調査では実力主義が63.8%で、年功主義が34.6%だった。バブル崩壊後から続いていた就職氷河期が05年春採用で終了。2年連続で学生優位になり、それほど競争しなくても就職できるようになったことも影響しているようだ。
http://bizplus.nikkei.co.jp/genre/jinji/index.cfm?i=2007041906734b4

競争は避けられない


カテゴリ: [ニュース] - &trackback- 2007年04月22日 21:30:12
名前: コメント:
#blognavi