※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

就職活動に必要なもの


  • 情報・時間・効率

Q.授業にまじめに出席している学生Aとまったく出席しない学生Bがいましました。でもテストの結果、不真面目なBは優で、まじめな学生Aは可でした。二人の学力には差はないとします。なぜこのような結果になったのでしょうか?

A.不真面目な学生Bは過去問を手に入れていたから。

就職活動も同じ。限られた時間と情報をどれだけ効率に使い、結果をだすかを競うのが就職活動。邪道でも違法じゃなければ内定を貰ったもの勝ち。私はそんなことしなくても採用してもらえるというならそうすればよい。でも就職活動は内定か不採用の二択であり必要なのは過程ではなく結果。社会に出ても柔軟な思考は必要ですよ。帝大総計がなぜ就職に強いかといえば、個人の努力や能力もあるが、受験で知らぬ間にこれらを身に付けていること。そしてOBからの情報が豊富であるためです。

  • お金
 バイトは定期的にできなくなるが、就活の移動で数十万単位の費用がかかったという話もよく聞く。下宿生や県外の企業を受けるつもりなら就職活動までに貯金をしておくことが必要。

  • パソコン+インターネット
 大学のパソコンでもいいが、自分専用のパソコンがないと厳しい。ESや履歴書をWordで要求する企業も増えてきた。理系なら研究内容を配布資料として提出してプレゼンすることもあり。またWebテストにはソフトのインストールが必要なものもあるため管理者権限がないとテストが受けれない可能性も。エントリーもネットなどでパソコン操作も一通りできないといけない。

  • 携帯
持っていない人はいないが、選考通知などは電話が多いため常時連絡がとれないといけない。

  • 新聞
 新聞をとれとは言わないが、読むのは常識。大学の図書館でもで読んで下さい。メモしてる人がいるが、時間の無駄だから覚えろ。覚えることなんか少ないんだから。20分ぐらいで読んで下さい。私は50分ぐらいかけて日経全部読んでたけど今思えばアホだったなぁと。大学によっては日経の営業が読み方指導してくれるかも。新聞で読むところは限られている。1面→3面→自分の希望業種といったところ。主見出し、袖見出しを読めば内容の8割はわかる。金融狙いの生徒は日経必須!面接の日と前の日は買いましょう。

  • はったり
 自分を売り込むわけですから、自分は魅力がないですと正直にいっても誰も買ってくれません。すこしはったりをかまして魅力的な商品にしましょう。完全な嘘じゃなければいいし、ばれなければそれは嘘じゃないのですよ。犯罪はいけないけどね。恋愛もそうでしょ?素の自分を見せれるのは長く付き合った後か結婚してからだと思いますよ。あまりいい言い方ではないですが、就職はナンパみたいなものです。多くの異性に話かけて(エントリー)、自分を良く見せて相手の気を引き(筆記・面接)、時には失敗し原因を追求して次はうまくいくように考え成長し、最後にはゲットする(内定)。こう考えれば就職活動も楽しくなるのでは?

エントリー

  • エントリーするナビを絞る。リクナビはエントリーすればお気に入りに入るのでわかりやすい

  • 希望業種、業界が決まっているなら、シェア1・2・3位を受け続ける。(自分の能力や学歴を考慮)

  • アンケートや記入欄で選別されているのでエントリーを躊躇してはいけないが、そのつもりで行動する。

  • 同じキーワードではなく時には違うキーワードで企業を調べる。

  • 大手と中堅をバランス良くエントリーすること。大手だけだと危険。

ES・履歴書

  • 自己PR 
 まず骨格を作り企業によって微妙に変えていく。自分がどうこの企業に役にたつかをアピールすること。仕事をしたことないので可能性で十分。

  • 志望動機
 かっこ良く書く必要はないので相手にわかるように考えましょう。

  • 学生時代に力を入れた事
 なんでみんなサークルやバイトについて書くの?そんなことみんな書いてるのだからアピールにもならんじゃん。それにサークルしてたら何かすごいの?部長してました。だから?それをして働く上でなにか役にやつならいいけど。たいしたことじゃないなら学業に力入れましたと言った方がなんぼかいいです。
エントリーシートどっとこむ
エントリーシートでプリーズ

筆記試験

後で追記する予定。この本読めばあとはいらないてのを書くわ。
テストの種類など情報を把握することに力を入れること。どんなテストかわかれば勝ったも同然。

面接

  • 作法は正確に勉強するように。
  • 練習ぐらいしましょう。
 言うことは暗記するべきだが、棒読みにならないように。面接を何度も受けていたらアホでも覚えるけど丸暗記だと相手にばれますよ。

  • 質問タイムには必ず質問すること。アホな質問はしないように。この志願者は会社について調べているなと面接官が思うような質問をするように。 

  • 面接前には会社に関するニュースは確実に調べ自分の考えを
纏めておくこと。
 記事は新聞を読む時間がないならgoogle NEWSで調べること。また他のニュースサイトも参考に。日経テレコン21なども便利である。上場会社は株価は常識。日経平均、為替も。


その他

  • 企業を詳しく知るには
 企業のHPをみると思うが、株主に対するIRを見ましょう。これが本当の会社の情報です。決算情報には、
「会社の戦略」
「業績」
「リスク要因」
が記載されています。これを読まずして会社がわかるか!
株をするのも勉強になりますよ。ちなみにうちの株価は?と聞かれたら、前日の終値(おわりね)のことを聞かれています。終値がわからない人は調べましょう。
日経平均は(日経)ダウ、日経225とも言われます。現在は1万6000円代。為替はドルとユーロをチェックしとけば完璧。

  • 企業の本当の姿を知るには
 就職ナビや噂は嘘も多いです。その会社で働いている人から直接聞く情報こそ一番重要です。訪問は最近減ってるそうですが、OBがいなくても社会に出ている人はみんな先輩です。人脈をたどるかどうにかして生の情報を聞き出しましょう。しかし、採用にかかわるリクルーターの場合もあるので注意!

  • 学校推薦と自由選考
学校推薦で内定をもらうと必ず入社しなくてはなりません。優良企業からの推薦を貰えそうであれば、選考が開始されるまでに情報を集めまくりましょう。それと学校推薦には難易度があり、選考資格から絶対内定までランクがあるので注意しましょう。
よって先輩の動向をみて、自分の希望の会社から推薦が来ているのであれば推薦でいけばいいし、他に希望の企業があり自分の能力でいけそうなら推薦は辞めておいた方がいいでしょう。
大企業の理系職は学校推薦が100%近いところもあります。
また逆推薦など新たな制度も。

  • グループ会社の場合

親会社から子会社に移動はできても子会社から親会社にはまず行けません。これが出世の壁です。子会社の業務が希望なら親会社に入って移動を希望すればいいのです。グループにもランクがあるような大企業がありますが、そこいらはランキング表でもみてください。グループでも名前だけで親会社より元気な子会社も沢山あります。隠れた優良企業を見つけましょう。


まとめ


 経団連の取り決めにより、企業は対外的には選考は4月からしか行ってはいけない。内定は10月からしか出してはいけないという努力義務の取り決めがなさています。特に幹部層の大企業は守らざるを得ない状況なのでこれはほぼ守られています。
よって4月までに、中堅企業などで確実に内定をゲットして保険を作ることを目標にしましょう。私も内定を貰ってました。
大企業の選考は実は3月から始まっています!ESやWEBテストの開始時期がその頃ということです。それまでは会社説明会などで選考ではないとしています。4月になると怒涛の選考が開始されます。短期間に内定を一気に出します。よってこの時期にない内定で第1希望以外の下位の企業を平行して受けて勢力を分散しているようでは内定はままなりません。是非とも保険として4月までに大企業が落ちた場合に行ってもよい企業から内定を貰っておきましょう。

  • 内定辞退
 内定をとることを目標にしているような人がいる。そんなのでいいのか?という批判はありますが、それがいいかどうか別として、事実内定は一部の学生に偏る傾向にあります。複数内定を貰う学生がいる半面、ない内定の学生もでてきます。
内定を貰う=企業として魅力的な人材であることは間違いので行くつもりがないならできるだけ早く内定を辞退することです。保険としてとっておきたいというなら第1希望の会社が決まるまで辞退をしないほうがいいです。批判されようが、内定というカードは貴方の手元にあるのだから自分のために使いましょう。

内定時期は
a)2~3月
b)5月
c)9月
d)1~2月

a)早めにいい人材を確保しようとする企業ならびに中堅。内定者が辞退する可能性が高いので多めにとり、辞退を減らすためにあの手この手の作戦を練っている。

b)正統派。一番内定数が多い。ここで第1希望の企業から内定を貰った人はa)の内定を辞退する。またb)で複数内定を貰うためにb)内でも辞退者がでる
この時期あたりからない内定の就活放棄者(ニート・フリーター要員)が誕生

c)公務員不合格者やb)ではエントリーしなかった逸材を求めて企業が選考を開始。残った椅子が少ないために激戦になる。ここでより高い企業に挑戦する学生もいるが、ひょっこり大企業から内定がでたりすることもある。もちろんa)b)で内定を貰えなかった者も活動。

d)卒業間近に出た辞退者のために要員確保。最後まで頑張れば救う神もいるだろう。人事も必死になってるはずだ。