※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#blognavi
≪3年以内の転職、3割が抵抗感なし≫

 今年4月に社会人の仲間入りした新入社員の4割は、就職先を最初から辞めるつもりで入社し、ほぼ3割が3年以内の転職に抵抗感を持っていない。社員研修事業などを展開するシェイク(東京都目黒区)が、入社後半年を直前にしたこの9月に、今年の新入社員を対象に実施した調査で、こんな結果が明らかになった。

 今年の新入社員については、バブル経済期以来の超売り手市場であったことから、毎年、その年の新入社員のタイプを分析している社会経済生産性本部が、目先の損得勘定により頻繁にインターネット上で株式売買を繰り返すデイトレーダーになぞらえている。今回のシェイクによる調査結果も如実に「デイトレーダー型」を裏付けた格好となった。

 調査は東名大の大都市圏に勤務する4月入社の大卒・院卒の新入社員409人(男子206人、女子203人)を対象に、入社半年後の実態を把握することをねらいに、ネット上で実施した。

 早期の転職に抵抗がない理由としては、「転職がキャリアアップにつながる」(60・2%)や「社会に出て数年間は自分に合った仕事を見つける期間」(50・8%)などが挙がった。一方、入社後半年を経過して「モチベーション(動機付け)が下がっている」とする割合はほぼ3分の1の32・2%に達し、新入社員に“半年病”が蔓延(まんえん)しつつあることを浮き彫りにした。

 モチベーションが下がっている原因としては「仕事を通じて成長しているという実感をもてていない」(51・9%)、「やりたい仕事ができない」(48・1%)、「上司の指示、指導方法が不満」(40・4%)が上位を占めた。半面、モチベーションが上がる要因としては「職場の雰囲気や人間関係がよい」(66・7%)、「仕事を通じて成長しているという実感をもてている」(56・8%)、「やりたい仕事ができる」(32・1%)などが挙がった。

 実際に、会社を辞めたいと思ったことがあるという割合は43・5%、会社を辞める行動に出たことのある新入社員も16・6%に達し、さらに3年以内に退職を予定している割合も38・9%となるなど、「3年で新入社員の3割は辞める」早期退職の“種”は、「すでに入社半年目にまかれている」ことを裏付けた。
http://sankei.jp.msn.com/economy/business/071008/biz0710081552002-n1.htm

3年は我慢しようと思う。というよりしましょう。



カテゴリ: [ニュース] - &trackback- 2007年10月08日 19:51:34
名前: コメント:
#blognavi