※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#blognavi
新卒採用の競争が過熱している中、4月に入社した新入社員の初任給(時間外手当を除き、諸手当込みの所定内賃金)はいくらぐらいだろうか? 労務行政研究所の調査によると、東証1部上場企業の平均は大学卒で20万4333円(前年度比0.7%増の1500円)、短大卒で17万2907円(同0.6%増の981円)と、それぞれ上昇していることが分かった。

【表:2008年度学歴別初任給の上昇額】

 平均初任給が上昇している理由として、「企業業績の回復や団塊世代の大量退職などを背景に、企業の新卒採用は高まっている。初任給が上昇傾向にあるのは、このような労働の需給関係の影響を受けているから」(労務行政研究所)としている。

●初任給を引き上げた企業は3社に1社

 2008年度に初任給を据え置いた企業は66.8%、一方で引き上げた企業は32.7%で約3社に1社となった。初任給の引上げ額は大卒で「2000円~2500円」が最も多く16.0%、短大卒は「1500円~2000円」で10.8%。一方で初任給を引き下げた企業は、大卒と短大卒の場合でともに0.6%だった。

 郵送と電話取材による調査で、東証1部上場企業と生命保険、新聞、出版などの大手企業を加えた214社が回答した。調査期間は3月下旬から4月7日まで。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080421-00000004-zdn_mkt-bus_all

給料少なくていいから残業なしで早く帰りたい。
給料たかくないけどねぇ・・・・


カテゴリ: [ニュース] - &trackback- 2008年04月21日 23:34:25
名前: コメント:
#blognavi