#blognavi
阿波銀行(古川武弘頭取)は15日、08年3月期決算を発表した。経常収益は640億1800万円と、前年同期比で38億4500万円増加。経常利益は微減して155億9100万円となったが、4期連続最高益を更新した前年とほぼ同水準を確保した。

 本業の利益を示すコア業務純益は、前年を2億3100万円上回る185億9800万円。資金調達費用など経費が増える一方、外国為替売買益の増加でカバーするなどし、3期連続の増益となった。

 預金残高は、195億円減の2兆2247億円。個人預金が178億円伸びたものの、法人預金や譲与性預金の減少などが足を引っ張った。

 貸出金残高は112億円減り、1兆6101億円。うち、中小企業等貸出金(1兆4349億円)が89・11%を占めた。同行は「関西地区を中心に県外での営業基盤強化で、中小企業向け融資が伸びている」としている。

 自己資本比率は0・02ポイント増の11・41%。08年度通期の業績予想では、経常収益618億円、経常利益143億円などを見込んでいる。【岸川弘明】

毎日新聞 2008年5月16日 地方版
http://mainichi.jp/area/tokushima/news/20080516ddlk36020482000c.html

2008/05/15-16:36 阿波銀行、連結最終利益は82億円=08年3月期決算
 阿波銀行=連結経常利益は前期比0.5%増の163億8000万円、連結最終利益は同7.3%減の82億8300万円。業務純益は177億6000万円。サブプライム関連損失はない。3月末時点の金融再生法開示基準の不良債権残高は532億円、総与信額に占める比率は3.3%。連結自己資本比率は11.88%。
http://www.jiji.com/jc/zc?k=200805/2008051500710


カテゴリ: [企業] - &trackback- 2008年05月31日 22:46:33
名前: コメント:
#blognavi