※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#blognavi
四国旅客鉄道(JR四国)の経営に「3つの逆風」が吹き付けている。昨年来の景気悪化に加え、高速道路の値下げ、新型インフルエンザ……。約102億円の連結最終赤字になった2009年3月期から一転し今期は黒字化を見込んだが、スタート早々、見通しの修正を迫られる。民営化以降、最大ともいえる危機を前に、コスト削減や、売上高の4割を占める子会社の活性化など収益改善に躍起だ。

 「この状態が続けば10年3月期の鉄道運輸収入は(前期比9%減の)230億円を割り込む可能性がある」。JR四国の松田清宏社長は危機感を強める。

 同社は4月下旬、10年3月期に最終損益が3億円の黒字に回復、売上高が前期比5%減の509億円になるとの連結業績予想を発表したばかり。

 だが、高速道路の料金引き下げが直撃し4月は鉄道営業収入が対前年比1割減少。関西などで感染が拡大した新型インフルエンザも旅客需要に影を落とす。わずか1カ月余りで目算が崩れた。近く「業績予想の下方修正を発表することになる」(松田社長)。
http://www.nikkei.co.jp/news/retto/20090608c6b0802908.html


カテゴリ: [企業] - &trackback- 2009年06月09日 23:16:27
名前: コメント:
#blognavi