test


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


在日が戦後起こしてきたテロ事件

  • 朴烈事件(大正12年):民潭創設者・朴烈が起こした天皇暗殺未遂テロ
  • 直江津駅リンチ殺人事件(昭和20年):満員列車で起きた在日による日本人リンチ殺害
  • 大阿仁村事件(昭和20年):在日鉱山労働者が栗林に無断侵入&警官と乱闘
  • 生田警察署襲撃事件(昭和20,21年):山口組成長のきっかけとなった在日による警察署占拠事件
  • 首相官邸デモ事件(昭和21年):生活物資の優先配給を求めた在日が暴徒化
  • 坂町事件(昭和21年):闇市の取締りに反発した在日による暴力事件
  • 新潟日報社襲撃事件(昭和21年):坂町事件の記事の撤回謝罪を要求した在日による暴行
  • 富山駅前派出所襲撃事件(昭和21年):犯罪人解放を狙った在日による警官襲撃
  • 長崎警察署襲撃事件(昭和21年):犯罪人釈放を目的とした在日集団テロ
  • 富坂警察署襲撃事件(昭和21年):犯罪人逃亡を企てた在日による警察署占拠

  • 尾花沢派出所襲撃事件(昭和22年):闇米を摘発された在日が派出所を襲う
  • 阪神教育事件(昭和23年):GHQが戦後初めて非常事態宣言を布告した大規模テロ
  • 評定河原事件(昭和23年):北朝鮮国旗掲揚を巡った在日と米軍憲兵との乱闘
  • 宇部事件(昭和23年):山口県宇部市における在日による生活保護要求テロ

  • 益田事件(昭和24年):密輸入物資隠匿で摘発された在日を巡る襲撃テロ
  • 枝川事件(昭和24年):集団窃盗犯逮捕に絡んで起こった在日による警察官暴行拉致事件
  • 高田ドブロク事件(昭和24年):密造酒醸造犯による脅迫暴行デモ
  • 本郷事件(昭和24年):朝鮮人地区の地図作成に対する在日の集団暴行
  • 下関事件(昭和24年):韓国政府の在外国民登録に反発した在日が暴徒化
  • 台東会館事件(昭和25年):朝連解散&朝連会館接収を拒否した在日が起こした公安事件
  • 連島町事件(昭和25年):朝鮮解放5周年集会に集まった在日による暴動
  • 長田区役所襲撃事件(昭和25年):在日が生活保護を要求して襲撃

  • 四日市事件(昭和26年):朝連支部接収に反対した在日が起こしたバイオテロ
  • 王子朝鮮人学校事件(昭和26年):東京朝鮮学校による違法印刷物を巡った在日の暴動
  • 神奈川事件(昭和26年):神奈川県朝鮮人学校PTAによる暴力事件
  • 下里村役場集団恐喝事件(昭和26年):生活保護と強制送還阻止を求めた在日が村役場を占拠
  • 東成警察署催涙ガス投擲事件(昭和26年):警察が同胞を殺したとデマを流し暴徒化した在日によるテロ
  • 軍需品製造工場襲撃事件(昭和26年):東成署事件の追悼集会で在日が再び暴徒化
  • 半田一宮事件(昭和26年):密造酒取締に抵抗した在日が警察署を占拠
  • 日野事件(昭和26年):在日朝鮮統一民主戦線や祖国防衛隊による違法デモ&暴動

  • 万来町事件(昭和27年):生活保護増額を却下された在日が集団で福祉事務所を襲撃
  • 木造地区警察署襲撃事件(昭和27年):日本共産党の指示で在日が起こした襲撃事件
  • 姫路事件(昭和27年):民潭と総連間の抗争事件
  • 血のメーデー事件(昭和27年):左翼団体と在日による皇居外苑における騒乱事件
  • 上郡事件(昭和27年):日本の公立学校入学を巡った在日の内ゲバ暴行事件
  • 八坂神社事件(昭和27年):在日デモ隊が大阪東成・八坂神社に無断侵入
  • 宇治事件(昭和27年):在日による複数の派出所占拠

  • 多奈川町事件(昭和27年):密造酒一斉摘発に抵抗した在日が集団暴徒化
  • 田川事件(昭和27年):日本人花見客と在日グループとの争いで死亡者が出た暴行事件
  • 大村収容所事件(昭和27年):韓国が強制送還引取拒否した在日犯罪者達が収容所内で暴徒化
  • 広島地裁被疑者奪回事件(昭和27年):裁判中に在日放火犯を奪還し逃走
  • 桜井町事件(昭和27年):旧朝連系在日よる民潭系在日への襲撃事件
  • 奈良警察官宅襲撃事件(昭和27年):桜井町事件検挙に反発した在日が警官宅を襲撃
  • 高田事件(昭和27年):旧朝連系在日による民潭&派出所襲撃事件

かなりの数の警察官や税務署や役所の職員が殉職したのよね。

瀬戸内シージャック、長崎バスジャック、豊田商事、オウム、イギリス女性強姦殺人、女子高生コンクリート、
名古屋アベック、宅間、秋葉原、多数の小学生誘拐暴行殺人、ひき逃げ、放火もそのほとんどが在日の犯行だろ
テロとは言えないのかな
村井秀夫刺殺事件とか
石井紘基刺殺事件とか
長崎市長殺害事件とか

 鮮人 ソン・テチャク ( 成 太作 = 池田 駄作 )! 世紀の大ベストセラー?「人間革命」の本当の著者は、当時 創価学会教学部の 篠原 善太郎 氏! 「若き日の日記」は、同教学部 部長の 原島 崇 氏! イギリスの著名な歴史学者 A.トインビー氏との共著とされる「21世紀への対話」は、桐村 泰次 氏のそれぞれ創作! その後の著作とされる「新・人間革命」は、文学の専門家から前作「人間革命」とは明らかに別の人物による文体であると指摘される。 因みに池田の入信当時の日記らしきノートは実在したらしく、闇金同然の大蔵商事での仕事上の不平不満や、学会幹部へのえげつない批判や悪口とか、信仰上の低劣な愚痴など読むに堪え難く酷い内容だった。 この為、池田のカリスマとしての体裁を何とか取り繕うべきと考えた側近が、頭脳明晰で文才に秀でた 原島 氏に白羽の矢を立て、戸田 城聖の薫陶と師弟愛という存在しない虚構の世界が見事に展開されていった次第。 いずれにしても平然とゴーストライターを使う「見栄と偽りの権化」鮮人どもに決して騙されてはならない!

 毎年12月末、学会員が1年間生活を切り詰めて貯めた、一口につき一万円以上の財務 ( = 布施 当然非課税 )を大枚投入して買い漁る、世界中の大学 ( 殆どがマイナーで財政難の大学 ) の名誉教授・博士号、発展途上国の称号・勲章( 一応仏教なのにカトリック系のなんとか大十字勲章?とか )、聞いたこともない都市や町の名誉市民・ダイサクイケダストリートとかカネコイケダパーク等々。 バ姦国が裏金やハニトラで買う国際スポーツ競技の審判・メダル、イベント開催地・文化文物の起源・世界自然・文化遺産 等々。 さすが厚顔無恥な同じDNA民濁(ミンジョク)deathね! 
 会長就任後、中退していた富士短期大学( 東京都新宿区 )の卒論を前述の 原島 崇 氏に代筆して貰って、なんとか卒業にこぎ着けた脳足りんがバレバレだったので、日本国内の大学からは一切無視され、文化勲章のひとつも授与されない惨めでグギギィ~な 太作。 一時期あからさまにノーベル財団にすり寄ってはいたが、そもそもドイツ・フランス・オーストリア・ベルギーなどの EU主要国と南米チリ・アメリカ合衆国下院議会においてカルト( 反社会的宗教団体 ) 指定されているうえ、多額の裏金で動くようなチンケな財団ではないので、喉から手が出るほど欲しいノーベル平和賞は絶対にありえない! ・・・そうかぁ~ <丶`Д´> くっくやしいのぉ~
 受賞できない理由? 世界へぇ~わ がどーしたとか生命哲学がなんたらとか さも高尚ぶって提唱しておきながら、( これも聖教新聞記者や教学部関係者のゴーストライティング )天安門での一般市民大ぎゃく殺や、チベットの僧侶・ウイグル人イスラム教徒などに対する度重なる大弾圧の際には全くのだんまりを決め込み、それら人民解放軍の非人道的作戦の首謀者であり、国際法上の明確な戦争犯罪人である 胡 錦濤 はじめ、歴代国家主席と双方の訪問団を通じて常に友誼を交わしている。 ノーベル財団的には間違いなく 超・偽・善・者 確定だろ!

 ある婦人部 幹部が池田にゴー姦された旨を側近に訴えた結果、口外しないだろうと高をくくっていた池田は激しく逆上し、その腹いせに彼女の留守中に自宅の勝手口から無断で侵入して、台所に散在していた食器などを徹底的に床に叩き落として破壊した ( 餓鬼・畜生・修羅かよ )! ゴー姦、住居不法侵入、器物損壊等、昭和40年代の第3代会長当時にやらかした耳を疑うような恥ずかしい~ じ・つ・わ!

「せんせー せんせぇ~い われらのせんせぇ~ 」の婦人部愛唱歌に涙する池田狂の信奉者諸兄! 御本仏の御再誕であらせられる池田せんせーの、滔々たる血脈漲る日寛上人改ざん偽本尊の功力はどーですか?  試しに10時間唱題とか頑張ってやってみよー  必ずや尊大なる せんせい のように脳腫瘍やアルツハイマー、脳梗塞や くも膜下出血、てんかん やメニエル症候群などの頭破七分を厳然と現証せしめ、その頻度にさぞかし驚愕の念を禁じ得ないでしょう・・・ネ!   あ! 因みに二度と題目を唱えられない植物状態の池田僭聖は、とぉっても増上慢ゆえに勤行が大の苦手で、朝は三遍・夜はご勘遍だったので、カネコちゃんからいっつも叱られてました!  だから池田もんかで受信機の皆さんはご報恩の御為に、今度は御本仏で送信機の池田せんせーに向かって遺体慟心にしてお題目を送り、境智冥合して参りましょう!
  原田  正木  谷川  そして 池田博正!  俺は ほ ん き だぜ

今現在だって自治体の会長が殺されたり
市議の自殺、市役所長の自殺や不振死

戦後から何も変わらない。
桶川ストーカー殺人事件も風俗経営者の在日
警察は当初から分かっていた。だから告訴取り下げろとか工作までやった。

尼崎ドラム缶殺人事件、兵庫県警は犯人が在日だって分かっていた。
だから15回以上被害届だしても動かなかった。動いたのは隣の県の大阪府警

グリコ森永事件はお菓子に毒を入れた、「子供」 を標的にしたテロという事も忘れてはいけない。30年前に既に子供を標的にしていたのだから、
来年は子供がもっと卑劣なテロのターゲットにされるかもしれない。



  • 阪神教育事件(昭和23年):GHQが戦後初めて非常事態宣言を布告した大規模テロ

「在日一世」による戦後当時の日本人に対して犯した凶悪事件

●終戦後 「朝鮮進駐軍」武装部隊が首相官邸襲撃●
------------
「朝鮮進駐軍」部隊2000人による「首相官邸襲撃事件」が1946年起きた。

約2000人 の在日朝鮮人「朝鮮進駐軍」部隊が完全武装して首相官邸に突入。
日本の警官隊は当時武器の所持は禁じられていため、米軍憲兵隊に応援を頼んだ。
そこで米軍憲兵隊と「朝鮮進駐軍」との間で大銃撃戦闘へと発展した。

戦後の在日朝鮮人は、なんの国際法上の地位もないにも関わらず、
勝手に自分たちを「戦勝国民である朝鮮進駐軍」であると詐称し、
三万人もの武装集団となって全国主要都市に出現し暴れまくった。

在日朝鮮人集団は、武装解除された日本軍の武器と軍服を盗用して武装し、
勝手に「朝鮮進駐軍」と名乗り、無差別に多くの日本人市民を殺害した。
【GHQの 記録に残っているだけでも四千人以上の殺害記録が残されている。 】

戦後の治安が整っていない空白を良いことに、「朝鮮進駐軍」と名乗った在日朝鮮人は、
土地の不法略奪、金品略奪、強姦、銀行襲撃、殺略、警察襲撃など暴れ放題の限りを尽くした。

「朝鮮進駐軍」と名乗る暴徒たちは、個々に部隊名を名乗り、各地で縄張りを作り暴れた。
これら「朝鮮進駐軍」 元締め組織が「朝鮮総連」、ヤクザなどになっていった。

国有地も、都心駅前一等地周辺も、軒並み不法占拠した。
そしてそのまま、パチ ンコ屋、飲み屋、風俗店等々が出現し、
そのまま彼らの土地として登記され現在に至っている。

農家、農協倉庫を襲い、貨車を襲撃、商店街、国の食料倉庫も襲い、食料や商品を根こそぎ 奪って行き、
それらは全て戦後の闇市で売りさばき、暴利で財を成したのは彼らであった。

財を成したのは彼らは分派し政治組織として社会主義、共産主義組織へと発展し、政界にも進んだ。

朝鮮進駐軍及びその後の在日本朝鮮人連盟が関わる事件の一覧である。
大阿仁村事件(1945年10月22日)
生田警察署襲撃事件(1945年12月24日、1946年1月9日)
直江津駅リンチ殺人事件(1945年12月29日)
富坂警察署襲撃事件(1946年1月3日)
長崎警察署襲撃事件(1946年5月13日)
富山駅前派出所襲撃事件(1946年8月5日)
坂町事件(1946年9月22日)
新潟日報社襲撃事件(1946年9月26日~29日)
首相官邸デモ事件(1946年12月20日)
尾花沢派出所襲撃事件(1947年10月20日)
阪神教育事件(1948年4月23日~25日)
評定河原事件(1948年10月11日~12日)
宇部事件(1948年12月9日)
益田事件(1949年1月25日)
枝川事件(1949年4月6~13日)
高田ドブロク事件(1949年4月7日~11日)
本郷村事件(1949年6月2日~11日)
下関事件(1949年8月20日)
台東会館事件(1950年3月20日)
連島町事件(1950年8月15日)
第二神戸事件(1950年11月20~27日)
四日市事件(1951年1月23日)
王子事件(1951年3月7日)
神奈川事件(1951年6月13日)
下里村役場事件(1951年10月22日)
福岡事件(1951年11月21日)
東成警察署催涙ガス投擲事件(1951年12月1日)
半田一宮事件(1951年12月3日~11日)
軍需品製造工場襲撃事件(1951年12月16日)
日野事件(1951年12月18日)
木造地区警察署襲撃事件(1952年2月21日~23日)
姫路事件(1952年2月28日)
八坂神社事件(1952年3月1日)
宇治事件(1952年3月13日)
多奈川町事件(1952年3月26日~30日)
田川事件(1952年4月19日)
岡山事件(1952年4月24日~5月30日)
血のメーデー事件(1952年5月1日)
上郡事件(1952年5月8日)
大村収容所脱走企図事件(1952年5月12日~25日、11月9日~12日)
広島地裁事件(1952年5月13日)
高田派出所襲撃事件(1952年5月26日)
奈良警察官宅襲撃事件(1952年5月31日)
万来町事件(1952年5月31日~6月5日)
島津三条工場事件(1952年6月10日)
醒ヶ井村事件(1952年6月13日)
葺合*長田事件(1952年6月24日)
吹田*枚方事件(1952年6月24日~25日)
新宿駅事件(1952年6月25日)
大須事件(1952年7月7日)
舞鶴事件(1952年7月8日)
五所川原税務署襲撃事件(1952年11月19日~26日)
http://d.hatena.ne.jp/NOFNOF/20120707/1341628498