- 

実戦振り方編

場面に応じた振り方(攻撃手段)の1セットを記していく。
※コンパクト連撃は記載するが、その他のテクニック(上記参考)は記載しない。

- 

陥落させる時

マウスポインターを自分のキャラの画像、もしくはその上下に置いておきながら以下の方法を実行する。
振り回数の多いキャラの場合
  • 一定のリズムで1振りずつ振っていく
  • 相手が攻撃して来たら2回連続で振る(ただし、相手が手乞のようにコンパクト連撃を主とするキャラの場合は、より多く連続で振る必要がある)。
⇒2回目を振ることで、あたり判定時間のズレを回避できる。

振り回数の少ないキャラの場合
  • 相手の攻撃を予測し、ピンポイントで敵の攻撃と合わせる。

- 

拠点に上る時

<実行側>
短時間で相手の阻止を振り切りながら味方の援護に合流することが目標。
  • 上限回数-1段以内のジャンプで確実に上る
⇒常にジャンプ1回分は確保するということ。急いで上ったはいいが、相手とはじかれて最初からになるよりは時間はかかるが、リスクが少ない。
  • 遠回りする
⇒これまた時間はかかるが、使える1手。
  • 逆向き着地や衝撃吸収などの個人技を使う
⇒相手の攻撃をやり過ごすためのテクニックを用いると効果的。

<阻止側>
仲間との合流を防ぐべく相手の経路をふさぐことが目標。

- 

プレッシャー

主に城取り合戦で中央塔の下をくぐる相手に対してや、陥落スペースに乗っている相手に対して行う。「相手からは攻撃を当てられないが、

自分からは当てられる位置」にいることによって相手にプレッシャーを与えるというもの。

- 

ヒット&アウェイ

長柄の特殊攻撃などの強力だがスタミナゲージMAX時のみにしか使えない攻撃をうまく利用したい場合や、

老師などそもそもスタミナゲージの少ないキャラに用いる。

2人以上の場合は囮役を設定して敵に向けて先行させ、自分は常に逃げ道を確保しながら攻撃→退避を繰り返す。

1人の場合はスタミナを回復するためにいちいち退避していると少しずつ後退してしまうのでフェイントを使って時間稼ぎする。

ただ、後者は難易度が高いので訓練が必要。



名前:
コメント: