衝撃

相手と自分の剣同士が衝突すると、その力(衝撃と呼ぶことにする)によって弾き飛ばされてしまう。それらをやり過ごすために行う。

●地上型

「ポインター衝撃吸収」

マウスポインターを自分のキャラ、もしくはキャラの上下に置いて攻撃する。そうすることで軸が安定し、打ち負け防止につながる。
今、その位置でキャラがギリギリ動いていなくても、弾かれた際の小さな軸ずれで動いてしまうことがあるので、少しでも上記の状況は崩さないでおきたい。城取りで相手の道をふさぐ際か、陥落スペースに乗る際に用いることが多い。





●空中型

「ジャンプ衝撃吸収」

少なくとも1回はジャンプを残している状態で攻撃し、弾かれたら残りのジャンプを素早くして衝撃を吸収する。 相手を振り切るために使われる。「ジャンプ性能」の高いキャラほどやりやすい。




●応用

「衝撃発生」

「弾き移動」とほぼ同じ。距離を適度にとるために使う。衝撃吸収とは逆で、衝撃を利用して移動をする場合に、自ら敵に攻撃を当てて衝撃を発生させる。
衝撃を吸収しないために、マウスポインターは移動したい場所の当たりを指すようにする。


「追撃」

「コンパクト連撃」と「衝撃発生」の応用。これら2つのテクニックを組み合わせる。
リーチの短い攻撃で弾かれた後、瞬時にリーチの長い攻撃を出すことでヒットさせる。
弾かれたときに素早く2回目の攻撃を入れることがコツで、成功すると一方的に攻撃をあてられる。


「流し打ち」

空中で、相手を前から後ろにかけて攻撃して、相討ちになった際、相手と自分が同じ方向に跳ね返ることを利用する。
振り回数の差が多いほど成功しやすい。故意でなくとも流し打ちになるケースは多々ある。

+ 個人技編で使用する記号


名前:
コメント:

添付ファイル