Modding環境の構築 [Forge 1.7.10-10.13.4.1448]


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ここのページではMODの開発環境の作り方を解説していく。

~全体の流れ~
1.Forgeの入手
2.gradlew.batの編集
3.Install.batとRelese.batの作成&編集
4.最後に

注意: この開発環境の構築はEclipseを仮定に解説しています。

Step1.Forgeの入手

まず、基礎であるForgeをダウンロードします。ダウンロードはここ
からお願いします。
ダウンロードが完了したら 日本語パスを含まない フォルダへ解凍(展開)します。

Step2.gradlew.batの編集

解凍したファイル内に“gradlew.bat”があるので右クリック→編集で開く。
開いたら36行目の最後で改行して37行目に“set JAVA_HOME=C:\PROGRA~1\Java\jdkお使いのJavaバージョン”を追記する。
※“”は記述しないでください。

Step3.Install.batとRelese.batの作成&編集

Step2で編集したgradlew.batと同じ所に“Install.bat”と“Relese.bat”を作成する。
次に、“Install.bat”をgradlew.batと同じやり方で開く。
そこに以下のように記述する。
call gradlew setupDevWorkspace setupDecompWorkspace eclipse
pause
記述したら保存し、ダブルクリックで起動させる。すると、コマンドプロンプトが起動しデータのインストールやデコンパイルが始まる。
1度起動させたことがあるとSKIPPEDと黄色い文字で出るが問題はない。
「BUILD SUCCESSFUL」と白文字で出たら成功。
次に、作ったMODを実際に.jarにして配布できるようにするようにする。
先ほど作った“Relese.bat”を編集で開き、以下のように記述する。
gradlew build --info > buildlog.txt 2>&1
そしたらこちらも保存する。
あとは、MODを配布したくなった時に“Relese.bat”を起動させれば勝手にリコンパイルし“build\libs”に.jarで“modsに入れれば使えるMOD”として出力される。