Unturned プラグインサーバーの建て方


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ページ概要
Rocketを使ったプラグイン(以下PL)サーバー(以下鯖)の建て方です。
注意点
  • 公式の物ではないので導入は自己責任でお願いします。
  • ある程度の英語知識が必要となりますがこちらで最低限の説明はします。
  • 自分の入れたいPLが入れられないのであればspuash.minecraft@gmail.comまで。私のわかる範囲で答えます。
  • 筆記当時のUnturnedのバージョンは3.15.5.0です。(どのバージョンでもあまり変わらないと思います)
建て方
幾つかのステップに分けます。
1.ダウンロード
2.Rocketのインストール
3.鯖の稼働・設定
4.PLの導入
5.鯖へ入る&入ってもらう

Step.1 ダウンロード
まずRocket公式ダウンロードページより、希望のバージョン(通常は一番上)の下画像内のBataと書かれたところをクリックします。
そうすると何やら英語で出てきます。これは利用契約なので英語無理な人も翻訳ソフトを使って一読しておきましょう。
読み終わったらDownloadを押します。

ダウンロードしたファイルをわかりやすいところ(ここではデスクトップ)に移動させる。
これでダウンロードは完了

Step.2 Rocketのインストール
まず、日本語等の二バイト文字を含まないフォルダパスに 二バイト文字を含まない 新規フォルダ(ここではC\unturned_server)を作成。
次に作成したunturned_serverフォルダにStep.1でダウンロードしたファイルを移動させます。
更に移動させたファイルを展開(解凍)します。
下記画像のようになればOKです。

そしたらいよいよインストールに入ります。
まず、C\unturned_server\Scripts内のupdate.batを管理者で実行します。
実行すると以下画像の様な光景が見られます。
※すぐ消えてしまう場合はもう一度実行してください。
画像内では文字がバグっていますが問題はありません。
Update state (0x61) downloading, progress: 100.00 (855559136 / 855559136)となると自動的に消えます。
成功するとフォルダ内にSteamというフォルダが作られその中には更に普段ゲームをするときに使うSteamやUnturnedが入っています。

これでインストールは完了

Step.3 鯖の稼働・設定
突然ですが、ファイルを生成させるために鯖を稼働させます。
まず、C:\unturned_server\ScriptsにあるMyFirstRocketServer.batを実行します。
するとまた下記画像の様な光景が見られると思います。これは鯖に必要なファイルをダウンロード&インストールしているのでまた終わるまで放置します。
また消えてしまったので再度起動させます。すると先ほどとは違い
「Steam directory: ..\Steam\
Unturned directory: ..\Unturned
[20:05:49.57] Unturned started.」と出てきました。更にその後にUnturnedのアイコンの物が起動しました。
そうですこれがPL鯖です。これから設定に入っていきます。
まず、C:\unturned_server\Unturned\Servers\MyFirstRocketServer\Serverを開きます。
その中のCommands.datを開いてください。そしたら色々いじります。
Name 鯖の名前
Name Port ポート(普通は"27015")
Name Password パスワード(要らなければ消してください)
Name PVE or PVP
Name MaxPlayers 最大で入れるプレイヤーの数
Name Map 使用するマップです
Name Mode モードです
Name Perspective 視点の設定です(三人称と一人称の切り替えを許可する場合は"Both")
以上のように加筆&必要な部分の書き換えを行います。基本コピー&ペーストでいいのですが、日本語等二バイト文字を消しましょう。
以上が鯖の設定となります。一度鯖コンソールに"shutdown"と打ち鯖を停止させましょう。すると自動で再起動するので待ちます。
待ち終われば鯖のデータのリロードが完了します。
これで鯖の稼働・設定は完了。次はいよいよお待ちかねのPLのインストールです。

Step.4 PLのインストール
今回は例としてTPAの導入を行います。
まず初めにTPAのダウンロードページにアクセスします。
アクセスしたら下へスクロールし"Download"と書いてあるところをクリックします。
クリックすると以下画像の様なのが表示されるので"TPA #○"と書かれているところをクリックし、ダウンロードします。
ダウンロードが終わったら展開(解凍)し中の"RocketMod_TPA.dll"をC:\unturned_server\Unturned\Servers\MyFirstRocketServer\Rocket\Plugins
へ移動(またはコピー)します。
そしたら先ほどと同じように鯖コンソールに"shutdown"と打ち鯖を再起動させます。
すると再起動した鯖起動時に以下の画像の様なメッセージが出ます。
画像のようになればPLの導入は成功です。
これでPLのインストールは完了

Step.5 鯖へ入る&入ってもらう
もちろん鯖を立てたのですから自分も入ったり他の人にも入ってもらいたいですよね。
初めに自分が入る方法から。
まず、いつも遊ぶようにUnturnedを起動します。
起動が終わったらマルチプレイ→ローカルで検索します。
すると、鯖一覧に先ほど設定した鯖の名前で一覧に出てきます。それをクリック(パスワードを設定したなら入れて)入ります。
自鯖に入れましたか?次は他の人に入ってもらう方法です。
※UPnPCJを持っている方は☆まで飛ばしてください
先ほど設定したポート番号を覚えていますか?今回は27015で設定したと仮定して説明します。
まず、ポート解放ソフトであるUPnPCJをダウンロード&インストールしてください。これに関してはネットで情報が回っていますので説明は割愛させていただきます。
☆次にUPnPCJ (手動開放)を起動させます。
次にコマンドプロンプトを起動し"ipconfig"と打ちます。すると、色々出てくるので下にスクロールし
IPv4 アドレス . . . . . . . . . . . .: XXX.XXX.X.Xと書かれたところのXXX.XXX.X.Xをメモします。(Xには数字が入ります)
メモし終わったらUPnPCJ内"④LAN_IP[4]"のところにメモした数字をそこに入れてください。
入れ終わったらUPnPCJ内"⑥WAN_IP[6]→"をクリックします。数秒フリーズしたような感じになりますが問題ありません。
待っていると勝手に数字が入れられたと思います。この数字はIPアドレスというものです。これは非常に厄介なもので 下手に流出させると住所等が特定されます。
なのでネット等で公開鯖にする場合はダイナミックDNS Web Interfaceなどを使いIPアドレスを暗号化することが大切です。
次に戻ってUPnPCJ内"①WAN_PORT(必須)"と書かれたところの右に"27015"と入力し②のUDPにチェックを入れます。
一通り終わり以下画像のようになったら"⑩Port解放[a]"をクリックし、ポート開放チェックを行います。
"成功"と出たら今度は"27015"を同じように"27016""27017"と開放していきます。
ここで注意しなければいけないのは先ほどとは違い"③LAN_PORT(省略可)"とあるところも 手動で "27016""27017"トイレていかなければいけません。
これで入ってもらうための準備はできました。
あとは入ってもらう人に直接接続でIP:暗号化したあるいはそのままのIPアドレス Port:27015 Pass:任意 というように入れてもらい入ってもらいます。これで入ってもらえたら成功。お疲れ様でした。