画像

ゲームのメインとして表示される画像です。

色を変えた画像を持たせたい場合

-とアルファベットを連結させます。

たとえば、背景.jpgファイルがあり、それに対して色を変えたファイルを用意したい場合は、そのファイル名を背景-a.jpgのようにします。

さらに色違いを持たせる場合は、b、cという要領でzまで増やすことができます。

使用できるフォーマット

png形式、jpeg形式、bmp形式

※Ver1.0.11現在、拡張子を大文字にするとうまく画像が読み込めないとの報告あり

キーワード 説明
MapChip マップ上でタイル状に表示されるマップチップ画像です。1つのタイルのサイズは32×32であり、それを横方向と縦方向に255個まで配置できます。
アニメーションするマップチップの場合は、ファイル名の先頭に!をつけ、その後にアニメーションが何チップで構成されているかを示す数値を指定します。
アニメーションのループは、たとえばチップの構成数が3であれば、1→2→3→2→1でになりますが、#をつけると1→2→3→1→2になります。
CharChip マップ上に表示されるユニットのキャラチップ画像です。1つの画像のサイズは192×320であり、それを横方向と縦方向に255個まで配置できます。
画像の各パーツのサイズは、64×64になります。
1行目はキャラが正面を向いた画像になり、2行目は上画像、3行目は右移動、4行目は下移動、5行目は左移動の画像になります。
スクリプトをカスタマイズして、さらに画像を表示できるような場合は、6行目以降に追加することになります。ゲーム中におけるアニメーションのループは、1→2→3→2→1になります。なお、ファイル名の先頭に!がつく場合は、1→2→1となり、3列目の画像は参照されません。
Face メニューなどでユニットの顔として表示される画像です。1つの顔のサイズは96×96であり、それを横方向と縦方向に255個まで配置できます。
Icon 武器やアイテムなどのアイコン画像です。1つのアイコンのサイズは24×24であり、それを横方向と縦方向に255個まで配置できます。
Motion 戦闘時に表示されるモーション画像です。1つのモーションのサイズは192×192であり、それを横方向と縦方向に255個まで配置できます。
モーションの種類は、戦士系、弓兵系、魔道士系に別れます。
戦士系では、1行目は待機、2行目は移動、3行目は直接攻撃、4行目は投てき、5行目は回避、6行目は直接攻撃2になります。
弓兵系では、1行目は待機、2行目は弓攻撃、3行目は回避になります。魔道士系では、1行目は待機、2行目は魔法攻撃、3行目は回避になります。
ファイル名の先頭に#がつく場合はモーションは弓兵系と判断され、$がつく場合はモーションは魔道士系と判断されます。
それ以外の場合は、戦士系と判断されます。
Effect 戦闘時に表示されるエフェクト画像です。1つのエフェクトのサイズは192×192であり、それを横方向と縦方向に255個まで配置できます。
エフェクトは、1行目の最も左に配置されたものから順に表示されていき、最後の列まで表示したら折り返して2行目の最初の列の画像を表示します。
Weapon 戦闘時に表示される武器画像です。1つの武器のサイズは192×40であり、それを横方向と縦方向に255個まで配置できます。
Bow 戦闘時に表示される弓矢の画像です。1つの武器のサイズは300×192であり、それを横方向と縦方向に255個まで配置できます。
弓矢の個々のパーツのサイズは100×192であり、左から順に弓、引き伸ばした弓、矢になります。
Thumnail 回想シーンの内容を示すサムネイル画像です。1つのサムネイルのサイズは120×90であり、それを横方向と縦方向に255個まで配置できます。
BattleBack 戦闘時に表示される戦闘背景画像です。最小サイズは840×480です。
EventBack イベント時に表示されるイベント背景画像です。最小サイズは640×480です。
ScreenBack 画面時に表示される画面背景画像です。最小サイズは640×481です。
WorldMap イベント時に表示される地図系の画像です。最小サイズは640×480です。
EventStill イベント時に表示されるキャラ画像などが含まれた画像です。最小サイズは640×480です。
CharIllust キャラの全身画像が描かれた画像です。サイズは任意です。
Picture 任意のサイズの画像です。

 

音楽

ゲームで流れる音楽です。

使用できるフォーマット

OGG形式、MP3形式、WAVE形式

キーワード 説明
Music マップ上やイベント時で再生されるBGMです。BGMは複数個同時に再生されることはなく、再生が終了するとループされます。
Sound マップ上やイベント時で再生される効果音です。効果音は複数個同時に再生でき、再生が終了してもループされません。

※ OGG形式については、コメント(タグ)として LOOPSTART、LOOPLENGTH という値が埋め込まれていると、その数値に対応するサンプル位置をリピートの範囲として認識する模様。

 

ゲームUI

ゲームのUIとして表示される画像です。

使用できるフォーマット

png形式、jpeg形式、bmp形式

キーワード 説明
MenuWindow メニューウインドウ画像です。1つの画像のサイズは128×64です。左側にウインドウの内部が配置され、右側にウインドウの枠が配置されます。
TextWindow メッセージを出力する際に表示されるテキストウィンドウ画像です。最小サイズは640×110です。
Title テキストを強調して表示するための見出し画像です。1つの画像のサイズは90×60であり、パーツのサイズは30×60です。文字の長さだけ中央の画像が表示される回数が増えます。
Number メニュー上に表示される数字の画像です。1つの画像のサイズは100×120であり、各パーツのサイズは、10×24です。色の順番は、上から白、青、緑、赤、黒になります。
BigNumber メニュー上に表示される大きい数字の画像です。1つの画像のサイズは100×120であり、各パーツのサイズは、16×24です。色の順番は、上から白、青、緑、赤、黒になります。
Gauge HPなどの数値を表すゲージ画像です。1つの画像のサイズは30×56であり、各パーツのサイズは10×16です。中央の画像が多く表示されるほど、ゲージが長くなります。色の順番は、上から色なし、青、緑、赤になります。
Line 文字に下線をつけるためのライン画像です。1つの画像のサイズは24×32であり、各パーツのサイズは8×8です。色の順番は、上から白、青、緑、赤になります。
RiseCursor 数値の上昇や下降を示すための上昇カーソル画像です。1つの画像のサイズは48×48であり、各パーツのサイズは24×24です。
MapCurosr マップ上に表示されるマップカーソル画像です。1つの画像のサイズは64×32であり、各パーツのサイズは32×32です。
PageCursor メッセージを表示する際に、次のページがあることを示すページカーソル画像です。1つの画像のサイズは64×32であり、各パーツのサイズは32×32です。
SelectCursor 項目を選択する際に表示される選択カーソル画像です。1つの画像のサイズは64×64であり、各パーツのサイズは32×32です。下の行の画像は、現在選択中の場合に表示されます。
ScrollCursor ウインドウ内にデータが収まりきらない場合など、まだデータが存在することを示すためのスクロールカーソル画像です。1つの画像のサイズは64×128であり、各パーツのサイズは32×32です。
Panel マップチップを光らせるためのパネル画像です。1つの画像のサイズは64×32であり、各パーツのサイズは32×32です。
FaceFrame 顔画像を囲うための顔フレーム画像です。1つの画像のサイズは256×128です。右側にフレームの内部が配置され、左側にフレームが配置されます。
ScreenFrame 画面上の上部、中央部、下部を飾る画面フレーム画像です。最小サイズは640×100です。