ライトセーバー


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

内部構造は動力源である多面体の宝石アデガン・クリスタル(アイラン・クリスタル)が数個設置(通常3個まで)されている。
放射口中心から吐き出されるエネルギー集合体はいささか刃の様に見える。クリスタルが一つのライトセーバーは、
強度および刃の長さは固定されており、複数のクリスタルを使用して製作されたセーバーは
外側の装置を回転させ宝石間の距離を調整することにより強度や刃の長さを変えて使用することができる。
ジェダイの修行の一貫であるセーバー製作は、クリスタル配列およびカットを自分の手で仕上げなければいけない。
配列にわずかな誤差があるとディアチウムパワーセルを制御できずに作動スイッチを起動したとたん炸裂する。
青や緑の刃を持つライトセーバーは主に極寒の惑星イラムで取れた天然クリスタルを使用しており、
イラムにはクリスタルの鉱脈とライトセーバー製作の為のジェダイの寺院テンプルがあったが、
寺院はクローン大戦中に独立星系連合の爆破ドロイドによって破壊された。尚、ジェダイが天然のクリスタルを使用するのに対し、
シスは人工のクリスタルを好んで使用する。その際シスは邪悪な心を込めて作ると言われておりその影響でセーバーの色が赤になっている。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。