R3シリーズ・アストロメク・ドロイド


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

伝説の名機となったR2ユニットの大成功によって財政的に潤ったインダストリアル・オートマトン社は、さっそく次なる市場支配に向けて新たな投資を開始した。同社の新製品であるR3シリーズは、ハイテク官公庁での使用に特化して設計されたモデルである。

外見上、R3はホワイト・メタルの主脚部に明るく彩色された装飾を施されていることから、人気モデルだったR2ユニットを徹底的に模倣しているように見える。最も明確な違いは頭部であり、R3は耐久性のあるプラステックスを使用した透明なドーム型デザインを採用しているのだ。この透明半球は内部センサーの有効範囲を向上させるとともに、R3の持つ誇り高き高性能の証、すなわち最新型インテレックスVコンピュータ・システムの存在を引き立てているのだ。

インテレックスVには大容量のデータベースが搭載されており、そこには旧共和国宇宙軍で使用されているすべての艦船についての詳細な統計情報が収録されている。この情報を武器に、R3は大型戦艦に搭乗して任務に当たっている砲手や警備兵、宇宙軍士官たちと共に効率的に働いていた。また、このドロイドは宇宙戦闘機に搭載させることを主目的として開発されたわけではないが、起動中のメモリーにハイパースペース・ジャンプの座標計算の結果を5つまで記憶しておくことが可能である。

R3の持つプログラムは専門的であり、本質的に機密扱いとなるため、高額な機種の販売は認可された政府の軍組織向けに制限されていた。旧共和国はインダストリアル・オートマトン社で最初に生産された125,000,000体のドロイドをすべて購入しており、その後身となる帝国軍もこれらをスター・デストロイヤーやデス・スターに搭乗させて使用していたのである。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。