R4シリーズ・アストロメク・ドロイド


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

R3ユニットと同時期に開発されたR4ユニットは、インダストリアル・オートマトン社が官公庁とは別の、もう1つの新規市場の可能性を掴もうとした試みの成功例である。そのターゲットは、Xウィングを停められる土地はないが、自前でランドスピーダーの改造を行っているようなアウター・リムの都市部の住人たちだった。R4はそれまでのRシリーズと比べてより単純で耐久性に優れ、しかも安価なのである。

R4ユニットでは生産コストを削減するためにビデオ表示スクリーンや小型消火器などの装備品が取り外されている。また、このドロイドに採用されているインテレックスVIコンピュータは高性能だが、一般的なリパルサーリフト艇に適合するように設計されたものであり、宇宙船用のスペックは宣伝用のものでしかない。R4が宇宙戦闘機用のアストロメク・ドロイドとして使用されることは皆無に近く、実際に起動中のメモリーにも単一のハイパースペース・ジャンプの座標しか保持しておくことができないのだ。

また、R4ユニットは極めて頑丈にできており、作業ガレージ環境で付く小さな傷やへこみ等は全く問題にならない。さらに、R4は稼動寿命、天候耐性、再充電までに必要とされる時間など、あらゆる点で設計時のパラメータを上回る性能を見せており、定期メンテナンス・チェック中にこのことを発見したインダストリアル・オートマトン社も大満足だったという。

R4は一般市場の購入者たちから好評を博したが、同様に反乱同盟軍の自由の戦士たちからも人気を集めていた。この機種の安価な価格と汎用車両に関する知識が、物資に乏しい反乱軍から重宝されたのである。やがてこのドロイドの円錐形の頭部は、反乱軍基地やモン・カラマリのハンガー・ベイでごくありふれた光景となるのだった。また、なかには非標準装備の磁気漏洩センサーを内蔵しているR4もごく僅かに存在し、これらは帝国軍のデス・スターで大気束縛フィールドの欠陥や弱点の検出作業を行っていた。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。