インターギャラクティック銀行グループ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

莫大なクレジット、データリー、その他銀河系全域で使用されている様々な貨幣の流通を支えているのがインターギャラクティック銀行グループ(IBC)である。この巨大金融機関は銀河で起こった分離主義運動の拡大に同調しており、IBC会長のサン・ヒルも個人的に独立星系連合への軍隊の提供を申し出ている。もちろんこれが非排他的協定であることは言うまでもない。IBCは共和国と分離主義勢力の双方に荷担しており、この戦争でどちらが勝っても利益を得ることになっているのだ。

銀河を襲った経済的混乱は分離主義運動をもたらし、やがてこれはクローン大戦へと発展するが、こうした一連の流れは確実にIBCに利益をもたらしている。というのも、独立を掲げる多くの惑星がIBCに経済支援を求めたため、同社は突出した金融機関となったのである。

ムーニリンストに本拠地を構えるIBCは旧体質の制度を残しており、その事業もかつての銀行ファミリーの取締役によって支配されている。グループは銀河系でも有数の大企業に財政上のサービスを提供し、通商連合やテクノ・ユニオンなどの大型顧客には特に利益の上がる貸付商品を提供している。

また、顧客との友好的な関係とは裏腹に、IBCは「収集および保安部門」という遠まわしな言い方で大規模なドロイド軍を所有している。これらの車輪の付いたヘイルファイヤー・ドロイドがあれば、貸付交渉を好都合なペースで冷静に進めることができる。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。