通商連合


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

かつて共和国は成長と繁栄の時代を謳歌していた。こうした繁栄が富とそれを求める貪欲さによって促進されるのは必然的なことである。貿易と商業の様々な手法は利益の拡大を図る銀河中の組織を団結させる。通商連合やコマース・ギルド、テクノ・ユニオン、インターギャラクティック銀行グループなどの連合体も個々の市場を統合し、組織を強化していった。やがて彼らは銀河元老院の行動にさえ干渉するほどの巨大な力を手にすることになるのだ。

通商連合ヤヴィンの戦いのおよそ350年前、当時の主要な物流および商業を担う複合企業体として設立された。この組織は当初からニモイディアンの支配下に置かれていたわけではないが、彼らは殺人的なビジネス手腕と天性の競争心によって最高経営会議を完全に掌握していった。通商連合は共和国最末期の 10年に予期せぬ肥大化を果たし、小規模な企業を吸収することによってさらに膨らんでいく。策略家のニモイディアンたちによる働きによって連合は銀河元老院に代表団を派遣するほどまでの影響力を手にし、あたかも共和国の加盟惑星であるかのような地位を築いていたのである。

ニモイディアンたちは危険なアウター・リムにおける海賊の増加を理由とし、商業艦隊の軍事補強を断行する。彼らは政治的努力と元老院議員たちへ贈賄によって合法的に輸送戦艦レーザー・キャノンやその他の兵器の搭載をすることができたのだ。また、武器検査官への多額な「寄付金」は彼らの目を逸らすことにも役立ち、ニモイディアンは活発なペースで戦艦による艦隊を作り上げていった。

必要経費を最小限に抑えるため、通商連合は可能な限り安価で使い捨て可能なドロイドの労働力を好んだ。ホア・コール・エンジニアリングやバクトイド工業、その他の同盟企業はニモイディアンに無尽蔵と思えるドロイドの提供を約束する。さらに彼らは積荷の保護の重要性を訴え、これらの企業にドロイドの兵士や衛兵までも発注するようになったのである。

こうして通商連合の商業艦隊は共和国内に警笛を鳴らすほどの規模となり、このような強大な力が共和国に向けられれば、もはや阻止することはできないとまで言われるようになった。こうして連合の巨大化にあわせて共和国も彼らの行動に対する規制策を講じるようになったのだ。通商連合を抑制し、同時に難問を多く抱える政府の資金を確保するため、共和国はアウター・リムの交易ルートに関税を課す法案を提出した。

これに憤慨した連合は抗議行動として平和な惑星ナブーを武力封鎖する。大規模な連合艦隊がナブーを取り囲み、必要な物流を完全に遮ったのだ。ニモイディアンは元老院に根回しすることによって論争を回避させようと慎重に振舞うが、この強引な軍事的戦術は彼ら本来とは異なる性質のものだった。ナブーへの侵略およびその全面的な征服は臆病なニモイディアンたちにとって実に奇妙な行動だったのだ。この大胆な策は議会に大混乱を招き、別の疑惑の最中にあったヴァローラム議長にさらなる汚点を植え付けた。彼は戦争を避けることを熱望し、通商連合との会談のためジェダイ・ナイトの特使2人を密かにナブーへ派遣する。

しかし、通商連合がより壮大な計画のための捨て駒であることは誰にも知られていなかった。事実、この侵略劇は邪悪なシス卿によって慎重に画策された、共和国への陰謀の第一幕だったのだ。ナブーのアミダラ女王やアナキン・スカイウォーカーらの勇敢な行為によってナブーの危機は救われたが、シスダース・シディアスはこの騒乱でもっとも重要視していた目的を達成する。そして、通商連合幹部のヌート・ガンレイとルーン・ハーコは逮捕されたが、彼らはシディアスの存在を決して喋らなかったのだ。

ナブー侵略の失敗は通商連合の経営に深刻な被害を与えた。しかし、連合はこの不祥事を乗り越え、経営陣の大半を温存させることに成功する。実際、ニモイディアンたちはこの事件からほとんど何も学んでいない。ナブーの戦い後も、彼らはジェダイに復讐を果たすべく選りすぐりの暗殺集団を編成しているのだ。

ナブーの戦いから3年後、共和国はついに通商連合軍の解体に着手するが、これもニモイディアンが元老院にそう思い込ませているだけに過ぎない。ナブー事件に対する元老院の懲罰が終わった後も、通商連合は活動を継続させているのだ。そして、彼らはやがて起こるであろう政治的混沌の中で、さらなる影響力を手にしていくのである。

事実、ガンレイ総督は不法行為による逆境を回避し、最高裁での4回の公判後もまだ総督の地位を保持していた。シスの黒幕に裏切られた彼は、銀河系に拡大しつつある分離主義運動の先導者、元ジェダイ・ナイトのドゥークー伯爵と同盟関係を結ぶ。ドゥークーは自らの反乱に関心を示したいくつかの大企業を招き入れ、彼らの貪欲さに対して資本主義における絶対的な公約を突きつけた。

ガンレイドゥークー独立星系連合への参加と引き換えに1つの条件を提示する。パドメ・アミダラ議員の死である。アミダラは幾度となく暗殺のターゲットとなるが、その試みは毎回失敗に終わっていた。それでもガンレイは通商連合を分離主義勢力に荷担させ、クローン大戦の最初の戦いではドロイド軍を共和国のクローン軍と戦わせている。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。