Vウィング・スターファイター


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ジェダイ・スターファイターの製造元として知られるクワット・システムズ・エンジニアリング社の優秀な開発チームによって作られたアルファ3・ニンバス・ファイターは、当初からクローン軍の間にゆっくりと浸透していった。この機種は、合理化された大量生産技術によって、より人気の高い高性能小型宇宙戦闘機として注目されるようになり、V-19トラントと迅速に入れ替わっていったのである。

デルタ7・イーサスプライト計画の開発主任として活躍したワレックス・ブリセックスは、ニンバスの開発を、最新式ジェダイ・ファイター・プログラムの欠陥を改良する絶好の機会であると認識していた。この戦闘機の戦闘コンピュータは反射性能に改良が施されており、クローン・パイロットたちでもジェダイの指揮官の超自然的なスピードに追従できるようになっている。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。