ハイパードライブ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

革命的なハイパードライブ推進システムの発明が無ければ、星系間を旅行することは不可能だっただろう。ハイパードライブとはエンジンとそれに関係したシステム全般の総称であり、宇宙船をハイパースペースと呼ばれる異次元空間に突入させることができる。ハイパースペース内では宇宙船の速度に制限は無く、惑星間の距離をほんの数分で行き来できるのだ。

ハイパードライブが発明されたのはナブーの戦いのおよそ25,000年前のことである。ハイパードライブの発達によって既知銀河の惑星への入植が進み、共和国がますます成長、繁栄したことを考えれば、これはおそらく銀河系の歴史にあって最も重要かつ唯一の発明と言えるだろう。初期のハイパードライブは到達距離と信頼性の面で制限があったが、何千年も前から宇宙船はハイパースペース・ビーコンや特定のルート上にある星系間を移動するためのジャンプ・ポイントを使うようになっている。

ハイパースペース航法は星間移動に関する一般的な手法となったが、それには大きな危険が付きまとっている。リアルスペースに存在する物体はハイパースペースに巨大な影を落とし、その影に衝突した宇宙船は即座に破壊されてしまうのだ。しかし、一般にハイパードライブを装備した宇宙船は安全な軌道を計算するために航法コンピュータを搭載しており、恒星、惑星、小惑星、その他の災害を回避するルートを算出することができる。ただし、一旦ハイパースペースに突入した後で軌道の変更を行うことはできない。

多くの宇宙船に搭載されている安全装置は、巨大な重力場が存在している近辺でのハイパードライブの使用を制限するように働く。したがって、惑星を飛び立った宇宙船は、その惑星の重力井戸から十分な距離を確保した段階でなければハイパースペースに突入することができないのだ。軍事技術者たちはこの特性を利用し、人工重力井戸発生装置を開発した。これらの装置は敵のハイパードライブに重力井戸が存在していると誤認させ、標的となる宇宙船がハイパースペースに逃げ込むことを防ぐのである。

近年のハイパードライブは速度によって分類されており、クラス数の低いものほど高速であることを意味する。一般市民が所有する宇宙船は主にクラス3 以上のハイパードライブを搭載した船であり、軍事戦艦になるとクラス2からクラス1の間、クラス0.75やクラス0.5になると極めて特殊な宇宙船だと言える。ハン・ソロの<ミレニアム・ファルコン>は民間貨物艇としては異常なほどに高性能なハイパードライブを搭載しており、クラス0.5と記録されている。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。