デス・スター


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

銀河帝国の恐怖の最終兵器(超兵器)であるデス・スターは、その大きさは直径120kmにもおよび、オルデラン級の惑星、我々の世界で言えば地球規模惑星を一撃で粉砕することができるエネルギー兵器(スーパーレーザー砲)が設置されている。また、艦隊による妨害を排除するために数百機の艦載機と各種レーザー砲により武装している。ただし、初代デス・スターは戦闘機での攻撃を想定していなかったため、小型で高速の目標に対する照準に難があったとされている。第2デス・スターは未完であったが、より濃密な防空が意図されていた。モー秘密研究所のデス・スターは、コンセプトモデルであったため、骨組みだけであったが、中心の核融合炉は厳重に保護されている

8本のレーザーが収束することによって形成されるスーパーレーザーは、帝国軍の軍事科学の最高峰に位置する兵器である。その最大射程距離は 47,060,000キロメートルを誇り、大型艦船以上の大きさをもつ標的に対してのみ使用できる。しかし、1回の発射に費やされるエネルギー量が莫大であるため、次の砲撃を行うには充電時間が必要になる。この時間は標的の大きさによって様々であり、惑星クラスの標的を破壊した場合には丸1日かかるが、大型艦船の場合であれば数分で次の砲撃が可能となる。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。