※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

猫耳様


ストーリー

いずれ滅びる世界に自ら神を創り、神に世界を再編させることで、これを回避しようとする。
猫耳様は矛盾のない世界に再編させ、そのため自らも矛盾のない人の姿になる。


猫耳様の姿は神様の姿。
神話に半獣半神の姿が描かれている。
世界樹の落とし実から猫耳様が生まれる。

蒸気機関が出始め、錬金術廃れていた。
空は淀み、海は汚れ、植物は枯れていく。
世界が神を忘れ、荒廃していく時代。


途中で、子供の足音や、夕餉のにおいがする。

猫耳様が世界の再編を行う。

【エンディング案】

ベストエンドで、主人公は絵本と描いている途中眠っていたのから目が覚めた。
部屋の隅にはガラクタとなった錬金術師の道具が。
ゲーム中子供の声が聞こえたのは、自分の子供達だった。
夕餉のにおいを伴ってくるのは、猫耳のなくなった猫耳様だった。


人物設定

登場人物についてはほとんど出さず、また猫耳様以外は一種類の顔グラにしようと思っています。
考えられるサブキャラとしては、お店の人やイベントでの登場人物でしょうか。

【主人公】



【猫耳様】

猫耳様の姿は神様の姿。
神話に半獣半神の姿が描かれている。
世界樹の落とし実から猫耳様が生まれる。



世界設定

蒸気機関が出始め、錬金術廃れていた。
空は淀み、海は汚れ、植物は枯れていく。
世界が神を忘れ、荒廃していく時代。

(量子論が存在しない世界)
(文明の発達に陰りが見えて百年ほど)

システム

猫耳様に錬金を行わせ、様々な鉱物ができる。
それを換金できる。


  • 面白そうです、頑張ってください! -- ステフ13 (2007-04-06 21:37:16)
名前:
コメント:
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|