魔神転生II

part4-603


603 魔神転生II ~SPIRAL NEMESYS~ sage 04/03/13 00:20 ID:Q4ZaC+JZ
[Chaptor1 1996 TOKYO]
1995年、東京は悪魔を指揮する男によって占領され、新たな支配体制の元に置かれた。
その1年後、主人公ナオキは、1年前に事故によって死亡したという
両親の死の真相を探るためにパルチザンに志願する。
そしてパルチザンのメンバー(トモハルとカオル)らと共に
悪魔から東京を解放する戦いに参加する。

渋谷を解放したナオキは、次に目黒技研(一年前の事故現場)向かった。
そこは悪魔の巣窟になっていただけで、何の情報も得られなかったが、
そこで謎の女(カレン)と出会う。カレンはナオキにある人から預かったというプログラム
"D.I.O."を手渡し、「あなたにはそれを使う資格と義務がある」という言葉を残し立ち去る。
そのころパルチザンの本部が悪魔集団に奇襲されたとの報が入る。
本部に戻るがと既に壊滅状態になっており、
さらに悪魔集団を操る男オギワラがナオキ達の前に立ちふさがる。
カオルはナオキを逃がすために一人オギワラに戦いを挑む…

ちりぢりになりながらもなんとか逃げ延びたナオキは、
池袋近くの公園で一人の女の子に出会う。彼女(アヤ)はトモハルの妹であり、
パルチザン本部から行方不明になったトモハルを一緒に探すことになる。

以前カレンからもらったプログラムD.I.O.を起動してみると、
それは悪魔と交渉や召喚を行うためのものであることが判明、
D.I.O.を駆使して悪魔の群れを撃退する。

そうして各都市を悪魔から解放してゆき、二人は敵の本営が置かれているという
永田町までたどり着く。本営に潜入しそこを守るボスこそ倒したが、そこにはオギワラは居なかった。
疑問を感じつつも、結果的に東京は悪魔軍団から解放された。

だが、ナオキが本営内にある妙な機械に触れたとたん、二人は何処へとワープしてしまう。
気が付くとそこは上野公園。しかし…






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー