夜光虫

part35-360~365


360 :夜光虫:2008/01/19(土) 04:16:10 ID:MZVE4Su80
夜光虫―
直径一ミリほどの原生動物。
昔は「海しらみ」とも呼ばれ、外部からの刺激で発光する。
夏の夜、船の波頭に刺激を受け、漆黒の海に光の帯を残す。
人はそれを幻影の航跡と呼ぶ・・・。

登場人物紹介
「私」・・・28歳。大型貨物船「ダイアナ」の船長。
友香(ゆか)・・・船長の婚約者。今回の航海から帰ったら結婚する予定である。
南条・・・機関長。船長とは商船大学の同期。船長の親友。
岩倉・・・甲板長。酒と博打が大好き。愛称は「岩(ガン)さん」
深月・・・船医。病的な潔癖症。
金井・・・コック長。神経過敏でノイローゼ気味。
野田・・・通信技師。メガネでデブのオタク。
末吉・・・二等航海士。船長に憧れている。
近藤・・・若いクルー。いわゆる下っ端。真面目だが無口で暗いところがある。
三谷・・・一等航海士。船長の補佐役。

プロローグ
港に停泊している、大型貨物船「ダイアナ」。私はこの貨物船の船長である。
今、約一ヶ月の休暇を終え、ふたたびこの船に乗り込むこととなった。
一度出航すると、六ヶ月は日本には帰れない。
新たな任務に向かうため、気持ちを引き締め、船に乗り込もうとする私を呼び止める声がした。
それは友香だった。見送りはいいと言ったのに、来てしまったらしい。
束の間、友香と別れを惜しんだ後、私はタラップを上った。
乗組員が全員乗り込んだのを確認し、私は出航の合図を出す。
友香が見守る中、船は徐々に埠頭を離れていく。
第一日目の夜になった。私は航海日誌をつけるため、船長室へ入った。
「本船が無事に日本に戻ってこれますように」と書いて、航海日誌を閉じた。
ふと窓の外を見る。夜光虫によって海面がぼんやりと光っているのが見えた。

※ここから大きく4つのストーリーに分岐します。

361 :夜光虫:2008/01/19(土) 04:17:10 ID:MZVE4Su80
命のともしび編
私は夜風に当たろうと、デッキへと出た。そこでは、近藤が一人で見回りをしていた。
確か、今夜は岩さんも見回り当番だったはずだが、麻雀でもやっているのか、サボっているようだ。
私は近藤に声をかけ、しばらく見回りに付き合うことにした。
海面を見ると、夜光虫が光っている。他人の受け売りだが、私は近藤に、夜光虫についての講釈をしてやった。
「へえ、蛍とは違うんですね。蛍は、命のともしびだから・・・」
近藤は気になることを言った。
そのとき、ピシャッと水がはねるような音が聞こえた気がして、私は振り向いた。
そこには、今は使われていない、小さいプールがあったが、今はビニールシートが掛けられている。
私は空耳かと思って気にしなかった。
それから数日が経ったある日のこと、突然非常ベルが鳴らされた。
急いでデッキに行くと、近藤が他の乗組員と喧嘩して揉み合い、誤って海に落ちたという。
近藤の捜索のため、私は海面に下ろされた救命ボートに乗り込んだ。
上着を脱いでから、海に飛び込む。辺りを見回すと、白いシャツが見えたので、夢中で掴んで海面へと出た。
意識を失っている近藤を引き上げ、深月先生に診てもらったが、近藤は既に死んでいた。
それからまた数日。近藤の死によって、乗組員達は動揺していた。
デッキで人魂を見たとかいう噂が広まっているようだった。
乗組員の不安材料は取り除いてやらないと、と思い、私と岩さんは夜の見回りに出た。
突然、夜の闇の中に、青白い光が浮かび上がる。岩さんはすっかり怖がっていた。
しかし、人魂にしては小さいなと思い、よく見ると、それは蛍だった。
傍にあるプールのビニールシートをめくってみると、案の定、無数の蛍が宙に舞った。
近藤がここで蛍を飼っていたらしい。ひとまず、人魂騒ぎは収まった。
船は座礁域に差し掛かる。さらに間の悪いことに、霧が深まっていき、視界がきかなくなっていった。
ある夜、大きな音と共に、船に衝撃が走る。座礁してしまった!
船底に穴があき、船はどんどん沈んでいく。急いで救援信号を送り、救命ボートを下ろそうとするが、間に合わない。
このままでは沈没の衝撃に巻き込まれてしまう。私は海に飛び込んだ。
海面に浮きながら周りを見回すが、霧のせいで何も見えない。と、辺りに蛍が飛び交っているのが見えた。
蛍は誘うように一方向を目指して飛んでいる。私は蛍と同じ方向に泳いでいった。
すると、南条が乗った救命ボートに出くわした。私は南条に引き上げられた。助かった・・・。
「ありがとうな、近藤」
私は蛍に向かい、そう呟いた。遠くからヘリコプターの音が近づいてきた。



362 :夜光虫:2008/01/19(土) 04:17:42 ID:MZVE4Su80
キラー・ビー編
私は夜風に当たるためにデッキに出た。近藤が一人で見回りをしていた。
しばらく話した後、私は船長室に帰った。
翌朝、ストアと呼ばれる、工具や荷物をしまっておく場所の扉が開いているのに気付いた。
私はストアに入った。そこには見慣れない巨大な木箱が置かれていた。
そこへ岩さんがやってきた。なんでも、その木箱は深月先生が持ち込んだ、新開発の農薬で、
フィリピンにいる友達に渡すものなのだそうだ。
見回りをサボった岩さんを叱っているところに、悲鳴が聞こえてきた。
どうやら救命ボートの方らしい。私と岩さんは急いで駆けつけた。
救命ボートの中には、両腕を切断されて死んでいる近藤が・・・。
この暑さで近藤の遺体を腐らせるわけにはいかない。
ビニールシートに包んで、調理室の冷蔵庫に入れさせてもらうことにした。
神経過敏な金井は、しばらくは我慢していたようだが、そのうち悲鳴を上げて調理室を飛び出して行ってしまった。
それ以来、金井は行方不明になってしまった。
私は、近藤の死因を突き止めようと、救命ボートに上った。そこには蜂が一匹、うずくまっていた。
誰か詳しい人がいるかも知れない、と思い、私は蜂をハンカチに包んでポケットに入れた。
それから、金井の捜索をしたが、見つからなかった。
ある夜、三谷と私はデッキに出た。汗をかいたという三谷に私はハンカチを差し出した。
三谷はハンカチに包んであった蜂を見て、温室ツヤコ蜂ではないかと言った。
その蜂は、害虫を殺す益虫で、農薬として使われるという。
農薬と聞いて、私はピンときた。そうだ、ストアの木箱・・・深月先生だ。
深月先生に確かめようと、私達は医務室へと行ったが、先生はいなかった。
日記が置かれていたので読んでみる。
そこには、深月が殺人蜂を開発したこと、そして、蜂の餌を供給するため、乗組員の命を狙っていることが
克明に書かれていた。
私と岩さんとで、ストアに行き、木箱を開けてみると、そこには金井の死体と、それに群がる大量の殺人蜂があった。
そこへ、深月がやってきた。深月は、近藤が殺人蜂に腕を刺されて死んだこと、証拠隠滅のために腕を切り落としたこと、
そして、金井を殺したことを告白した。
深月は私達に拳銃を向けてきた。私達はストアから逃げようとして、木箱にぶつかった。
木箱の蓋が開いて蜂が飛び出し、深月に襲い掛かった。
ストアから逃げ出し扉を閉め、殺虫剤やら消火器やらを噴霧したあと扉を開けると、深月は死んでいた。


363 :夜光虫:2008/01/19(土) 04:18:26 ID:MZVE4Su80
鳩の血―ピジョン・ブラッド―編
私は翌日に備えるため、早めに寝ることにした。
翌朝、私は珍しく機関室まで見回りに行った。ふと、足元に気配を感じた。
そこはこの船に4つあるタンクルームの一つだった。
私はハッチを開け、タンクルームへ降りて行った。懐中電灯で辺りを照らす。
すると、そこには、年の頃二十五、六歳といった美しい女性が居た。
褐色の肌に堀の深い顔立ち。指にトカゲを模した指輪をはめ、サリーを身にまとっている。
彼女はカタコトの日本語で喋りだした。
「この船はインドを通ると聞きました。お願いです、インドまで連れて行ってください」
彼女は悪い人に騙されて日本に連れてこられたのだという。帰ろうにもパスポートがないらしい。
しかし、これは密航だ。密航者を見つけたら、航海を止めなくてはならない。何てことをしてくれたんだ!
私はダメだと答えたが、彼女は持っていた皮袋を差し出した。
その中には、ダイヤ、サファイア、エメラルド・・・色とりどりの宝石が入っていた。
そんな賄賂には応じられないと突っ返そうとしたとき、私の目を赤い光が射る。
彼女の胸に、10カラットもあろうかという大きなルビーが光っていた。
それは、「鳩の血」と言われる最高級の色のものだった。
友香の誕生石はルビーだったな、これはいいお土産になるな、と思いながら、
私はそのルビーをよこせば許してやると言った。
しかし彼女は、家宝なのでこれだけは譲れないと言い張った。私と彼女は揉み合いになり、
彼女は頭を打って倒れた。息をしていない!
私はストアからビニールシートを持ってきて、彼女の死体にかぶせ、タンクルームを後にした。
私がこの手で彼女を・・・そう思うと、仕事にならない。私は頭痛がすると言い訳し、船長室に閉じこもった。
いつの間にか眠ってしまったようだ。友香の夢を見ていた。
メッセンジャーボーイが扉を叩いていた。外は大時化になっていた。
操舵室に行くと、三谷と末吉が何やら相談している。
三谷は、船の揺れがひどくなってきたので、タンクルームに海水を入れて安定させようと提案した。
タンクルームに水・・・いけない、あそこには彼女の死体が。なんとかしないと。
私は急いでタンクルームに降りた。彼女の死体はまだそこにあった。が、動かされた形跡がある。
笑い声が聞こえたので振り向くと、南条がいた。南条はあの「鳩の血」を持っていた。
「友香も、お前が殺人犯だと知ったら、悲しむだろうな」
南条は友香も「鳩の血」も手に入れるため、チェーンソーを片手に襲い掛かってきた。
逃げ惑っていると、タンクルームに海水が入ってきた。このままでは溺れてしまう。私はハッチに繋がるはしごに飛びついた。
南条も追ってきたが、誤ってチェーンソーで自分の首を傷つけてしまった。南条の血が海水に広がる。
死期を察した南条は告白を始めた。
あの時は気が動転していて気付かなかったが、私がビニールシートをかぶせた時点では、彼女は生きていて、気絶していただけだった。
その後、南条が「鳩の血」に目がくらみ、殺したのだという。
時化がおさまった後、タンクルームから彼女と南条の死体を回収した。
彼女の死体は、「鳩の血」と一緒に、家族の元へ届けてやることになった。
友香へのお土産は、たとえ小さくとも、愛がいっぱい詰まったルビーにしようと、私は密かに心に決めた。



364 :夜光虫:2008/01/19(土) 04:19:52 ID:MZVE4Su80
ローレライ編
その夜は早目に休み、翌朝、私はタンクルームで密航者を発見した。
密航は決して許されないことなのだが、彼女を可愛そうに思った私は、とりあえず船長室に連れて帰ることにした。
「何か食べるものを持ってくるよ。何か合図を決めておこう。そうだ、私のノックは三回だ。いいね」
私はそう言って、調理室へ行きサンドイッチを貰った。船長室の扉を三回ノックすると、扉は中から開かれた。
彼女にサンドイッチを差し入れてから、私は職務に戻った。
再び船長室の扉を三回ノックしたが、扉は開かれなかった。不思議に思って中を覗くと、彼女は何者かに絞殺されていた。
私はやっていないと弁明したが、聞き入れてもらえなかった。
私は次の港に着くまで監禁されることになった。末吉は悲しそうな顔で私をロープで縛った。
乗組員が交代で私を監視する。
そのうち、外は時化になり、船の揺れがひどくなった。非常事態なので、私は戒めを解かれた。
痛む手首を擦りながら、よろめく足で船長室を出ようとしたら、野田とすれ違った。
野田は灰皿を持って、私に殴りかかろうとしている!
「死んでもらいます、船長。・・・あの女がいけないんだ。ギャアギャア喚くから、大人しくさせようとして・・・」
野田は彼女を殺し、口封じのために私も殺そうとしているのだ。
「そこまでだ、野田!今の話は、お前が仕掛けたこの盗聴器で聞かせてもらったぞ!」
三谷が部屋へ飛び込んできた。片手に黒い箱を持っている。
なるほど。この船長室には盗聴器が仕掛けられていたのか。だから、彼女が居たことも、合図もバレていたというわけだ。
野田は私と三谷を振り切って逃げた。南条も加わり、三人で野田を探した。
野田は、何故かヘッドホンをしていて、デッキにぼんやり立っていた。
ヘッドホンから伸びたコードはどこにも繋がってはいないが、野田は、
「ヘッドホンから女の声が、ローレライの声が聞こえる・・・呼んでいる!」
などと叫んでいる。突然、船がはげしく揺れた。野田はバランスを崩し、海へと落ちた。
急いで駆け寄り、野田が落ちた辺りの海面を見た。夜光虫が光っている中に、彼女が纏っていたサリーが落ちていた。
その後、必死で野田を捜索した。あのヘッドホンだけは見つかったが、遺体は何故か見つからなかった。


365 :夜光虫:2008/01/19(土) 04:22:13 ID:MZVE4Su80
ちなみにスーファミ版がベースです。GB版はシラネ






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー