プロローグ4「Ghouls & Ghosts」


場所:神界…イシターの神殿

イシター「本当に…1人で行くのですか?」
ワルキューレ「はい。今回の件がどれほど危険なものか…十分にわかっているつもりです」
イシター「ならば、なぜ"従者"の同行を…」
ワルキューレ「お言葉ですが、イシター様…"彼"には守るべき家族がいます
      『幻の薬』『時の鍵』『黄金の種』…あらゆる事件において、
       彼は家族を省みず、戦ってくれました」
イシター「………」
ワルキューレ「これ以上…クリノを戦いに巻き込みたくはありません」
イシター「ですが、今あらゆる世界で生じている事象…あなただけの力で終息させる事は
     不可能なのではありませんか?」
ワルキューレ「申し訳ありません、イシター様…。
       それでも…彼を巻き込みたくはありません」
イシター「………」
ワルキューレ「…サンドラ族の族長には、、その旨をすでに伝えてあります。
       もしこの言いつけを破れば…その者は反逆者としての
       汚名を着る事になるでしょう」
イシター「これで…いいのですか?」
ワルキューレ「………ありがとうございます」
イシター「『黄金の騎士』、
     そして『白銀の騎士』…せめてその二人の尽力を仰ぐべきではありませんか?」
ワルキューレ「…彼らの戦いも、あの時…終わりました。
       今ある彼らの穏やかな生活を、忌まわしい記憶によって
       脅かしたくはありません…。
       このまま何事も無く終わらせられれば…それが一番いいと思います」
イシター「………」
ワルキューレ「では…参ります」
イシター「………。
     (ワルキューレ…あなたほどの戦死でも…わかっていないようですね…。
     人の身でありながら、"あの戦い"を駆け抜けた男達のことを…。
     そしてなにより…あのサンドラ族の若者の事を…)」


場所:魔界…デミトリの城、中央ホール

デミトリ「………。
     …………。
     ……………。
     退屈極まりない、そうは思わんかね?」
???「そうね、その意見には賛成だわ」
デミトリ「何をしに来た、モリガン」
モリガン「ふふ…ご挨拶ね。レディが殿方の寝室にまで足を運んだのよ?
     やさしく接するのが紳士のたしなみじゃなくって…?」
デミトリ「決着をつけに来たのか」
モリガン「さあ?当ててご覧なさいな」
デミトリ「フン…当たり外れなど関係ない。さあ、アーンスランドの主よ、この私と戦え。
     魔界最強を賭けて…闇を統べる資格を賭けて!」
モリガン「あ~あ、やめやめ」
デミトリ「ぬ…」
モリガン「楽しみは取っておくタイプなのよ、私は。
     …でなければ、退屈で死んでしまうわ。
     それに…今のあなたは少しもそそられないもの。楽しみにもならないわ」
デミトリ「貴様…いい加減に…」
モリガン「だったら、この場で私を引き裂いたらいかが?それであなたはこの魔界の王。
     …あら、その前にエンマを始末しないといけないわね」
デミトリ「…そんな貴様に勝ったとて、意味がない…!」
モリガン「ふふ、そうよね。…そこがつまらないと言ってるのよ。
     わからないでしょうけどね、今のあなたには」
デミトリ「…くだらん」
モリガン「うふふ…あまりからかっても可哀想だし、少し楽しいお話をしましょうか。
     …悪魔ドルアーガ…知っているわよね?」
デミトリ「かつて、人間どもに『時の狭間』へ追いやられた悪魔か。
     ふん、そいつがどうかしたと…」
モリガン「んもう、話は最後まで聞いて。
     …それから魔王ゾウナ、魔王アスタロト、邪剣ソウルエッジ…」
デミトリ「待て。そいつらは過去、すべて『時の狭間に』…
     …そうか『時の狭間』…!」
モリガン「そう、開いたのよ。都合の悪いものすべてを押し込めた、パンドラの箱がね」
デミトリ「クク…ハハハ…」
モリガン「ふふふ…でしょう?面白い…すごく面白くなりそうだと思わない?うふふ…」
デミトリ「ならば、"あの村"も再び現れるという事か。
     フフフ…フハハハハハ!」


場所:魔界-魔界村…エントランス

ワルキューレ「はぁはぁ…。これで…最後の1体…!
     いつまでも、こんな所で足止めをされているわけには…」

モンスターの増援により足止めを喰うワルキューレ。
ワルキューレ「く…また…!このまま消耗戦になってしまえば、私の方が不利…。
     …彼がいてくれれば…。いえ…それは私が決めた事」
モンスターを数体倒し突破口切り開き駆け抜けるが、同じ場所に戻ってきてしまう。
ワルキューレ「え…!?そんな…!同じ場所!?なんてこと…。
     空間が歪められている…!入り込む事さえできないなんて…これが…魔界村…!
     …どこかに空間のほころびがあるはず。そこを見つけなければ…!」

再び戦闘を続けていると、敵の増援にドルアーガの塔内のモンスターも出現する。
ワルキューレ「それでは、この先に…魔界村の中に…あの塔が!?
       そんな…そんな事って…!」

ワルキューレ「はぁ…はぁ…。いけない…このままでは…」

???「ほう…先客がいるようだ」
???「先を越されちゃったみたいねぇ」
ワルキューレ「!?誰です!」

現れたのはモリガンとデミトリ。
デミトリ「魔界村…か。ふん、本当に以前と変わらんな」
モリガン「改装くらいすればいいのにね。ガーデニングとか」
ワルキューレ「あなたがたは…」
モリガン「あら…これはこれは」
デミトリ「ほほう…まさかこんな場所でお会いしようとはな。
    女神イシター直属の『乙女の騎士』…ワルキューレ」
ワルキューレ「………」
モリガン「ふうん…"清純派"っていうのも、悪くないものね。…人気あるでしょ?あなた」
ワルキューレ「…あなた方も、魔界村の軍門に降ったのですか?
     デミトリ=マキシモフ、モリガン=アーンスランド」
デミトリ「…口の利き方に気をつけろ。
     悪魔どもの手にかかる前に、私が始末をつけてもいいのだぞ」
ワルキューレ「…かかって来るならば、私はかまいません」
モリガン「はいはい、そこまで。もう、生真面目なんだから…軽く流せばいいのよ。
     あなたも大人気ないわよ、デミデミ」
デミトリ「…おかしな呼び名を付けるな」
ワルキューレ「魔界村と無関係だというのならば…どうしてこちらに?」
モリガン「面白そうだったから…じゃ答えになってないかしら?
     少なくとも、刺激的な体験はできそうじゃなくて?」
ワルキューレ「…そんなに甘いものではありません」
デミトリ「ふん、この程度の連中にてこずるようでは、
     乙女の騎士の実力もたかが知れているようだな」
モリガン「あんまり気にしないでね、ワルちゃん。こいつ、言う事は大きいから」
デミトリ「…モリガン」
ワルキューレ「…奇妙な呼び方はやめてください」
モリガン「うふふ…さて、楽しみましょうか」

デミトリ、モリガンが加わり、戦闘を再開する。

モリガン「だいぶ数は減ったわね」
デミトリ「つまらん…」
ワルキューレ「………。
     (問題はどうやって先に進むか…やはりあの方の力を借りなければ…)」
モリガン「さてと…残りを片付けましょうか」
デミトリ「これでおしまいとは…他愛もない。夜はこれからだというのに」
???「それはどうかな?」
デミトリ「なに…?」

形勢は逆転したかに見えるが、再び多数のモンスターが現れる。

デミトリ「ぬぅ…」
モリガン「ちょっとちょっと…すごい数」
ワルキューレ「これが…本隊!?(やはり、半数近くがドルアーガの軍勢…。
    魔界村と…ドルアーガの塔…そんな恐ろしい事が!?)」
???「騒がしいと思って来てみれば…なかなか豪華な顔ぶれだな。
    マキシモフ家、アーンスランド家の両当主…それから…」
ワルキューレ「あなたは…」
???「乙女の騎士…ワルキューレとはな。
    む…?相棒の姿が見えないようだが…ついに命を落としたか?」
ワルキューレ「…そうさせないために、私一人なのです」
???「なるほど、お優しい事だ。
    …だが、本当の戦士にとって、それはこの上ない屈辱だ。
    その男が、並みの戦士である事を祈るのだな」
ワルキューレ「………」
デミトリ「何の話をしている。
     だが、これだけの数…クク…ようやく面白くなってきたようだ」
モリガン「…多すぎるわよ、いくらなんでも。
     ちょっとまずいかもね…どうしたものかしら」
???「…退くならば見逃す」
デミトリ「なに…!?」
ワルキューレ「…え…!?」
???「…退くならば見逃す。来るならば容赦はせん」
モリガン「ふふ…どういう腹積もりなのかしらね」
ワルキューレ「…お心遣いに感謝します…"紋章に導かれし赤き魔物"よ」
???「……!」
モリガン「…赤き魔物…?紋章…?」
???「その呼び名…久しいぞ、乙女の騎士よ。…今の俺はジョーカー。
    魔界村討伐隊、『デモンズ・ブレイゾン』のレッドアリーマー・ジョーカーだ」
ワルキューレ「(デモンズ・ブレイゾン…やはり…!)…撤退します。
    デミトリ=マキシモフ、そしてモリガン=アーンスランド…ご協力に感謝します。
    あなた方もここから立ち去りなさい」
デミトリ「…この私に、敵に背を向けろというのか。乙女の騎士よ!」
ワルキューレ「勝利を得るために、ここを通り抜けるために…ある人物の力が必要になります。
    そしてあの"赤き魔物"…彼が私達を見逃すのも、それが理由でしょう」
レッドアリーマ「………」
ワルキューレ「再び戦わなければならない時が来ます。間違いなく…この場所で」

立ち去るワルキューレ。
モリガン「…ふう。なんか…興醒めしちゃったわ」
デミトリ「…つまらぬ」
デミトリ立ち去る。
アリーマ「おまえはどうする、アーンスランド家の当主よ」
モリガン「おいとまするわ。
     次は"彼"…お目当ての『白銀の騎士』を連れて来てあげようかしらね」
アリーマ「…楽しみにしている」
モリガン「ふふ…それじゃあね」
モリガンも立ち去る。






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー