ベルセルク 千年帝国の鷹(ミレニアム・ファルコン)篇 聖魔戦記の章

part37-448,449,456


448 :ベルセルク 千年王国の鷹篇 聖魔戦紀の章:2008/04/01(火) 22:36:21 ID:mqMMNCyN0
ストーリーは原作のシールケとの出会いからグルンベルド撃退までの前後に
オリジナル使徒(シャルル)追加及び若干のストーリの変更をした物になってます

ゲーム開始時にガッツはキャスカを連れ、怨霊を倒しながら雪山を歩いています。
しばらくすると洋館が見えてきたので、雪をしのぐ為に入りますが、突然現れた
鷹の団のメンバー(ジュドー、コルカス、ピピン)と戦闘になり、これを撃退します。
しかし、立ち去った後に何故かシャルル(無口な妹同伴)から恨みを買います

死霊傭兵で群れる砦を突破した後にイシドロ、ファルネーゼ、セルピコと再開しますが
直後にキャスカとファルネーゼがトロールにさらわれるので追います。
二人を奪還後に原作の魔女の館に到着し、シールケとイバレラを仲間に加えてからイーノック村へ行き
村での情報収集後に防衛戦、トロールの集団、ケルピー、オーグルを倒します。
(原作と違い、ケルピーはガッツが倒す)

トロールの巣を潰す為に闇の領域クリフォトへ向かうと、再び鷹の団のメンバーと戦闘
昔のキャスカが増えたりしますが撃退、するとようやくシャルルが現れます
ワープや方向キーを逆にする攻撃など嫌らしい攻撃でイライラさせられますが撃退(逃げられる)

その後更に奥に向かいトロール百人切り等のクエストをこなすと、再び鷹の団と戦闘や
鷹の団を抜ける時のグリフィス(結構強い)とも戦わせられらた後にシャルル再登場
撃退するとムービー後に使徒に変身します(飛ぶのでウザイ)がサクッと倒します
最深部にてスランと戦闘、骸骨の騎士は何もしてくれないので腹に何発も大砲をぶち込んで倒します

意気揚々と魔女の館に戻りますが、戦魔兵に襲撃されておりガッツがボコボコにされますが
原作同様、狂戦士の甲冑を装着後は反撃に転じ、戦魔兵を蹴散らした後にグルンベルド、
使徒変身後のグルンベルトもビュンビュン飛び回って撃退してしまいます(烙印攻撃の演出は見物)

原作と違い、最後にラスボスのゾッドと戦ってお互い引いた後、爽やかな平原でみんなと共に旅立ってエンドです




449 :ベルセルク 千年王国の鷹篇 聖魔戦紀の章:2008/04/01(火) 22:39:21 ID:mqMMNCyN0
以上で終わりです、発売日に買った時の記憶なので少し間違いがあるかもしれません。文章構成が変ですいません。
音楽やボス戦の演出(烙印攻撃)は最高なのですが、雑魚戦がダル過ぎて飽きるのが残念なゲームでした・・・

(シャルルについて)
シャルルが何故ガッツを恨んだかというと、「静かに住んでた館を荒らしたから」だった様な気がします。
昔の鷹の団に襲われたのは、シャルルが「人の闇の部分を実体化させて襲わせる」という能力の為です。
最終的にガッツは心の闇に打ち勝ち、シャルルを動揺させます(最後にコルカス達はガッツを励まして去っていく)

彼が使徒になった原因は、あの館が賊に襲われて殆どの人が皆殺しされてしまった事らしいです。
その時に彼は生贄として妹を差し出して使徒となりますが、最愛の妹を殺した事を受け入れたく無い為に
妹の幻影を作っていつも語りかけています。
最終的にガッツに生贄の事を突っ込まれ「俺には妹じゃなくて影しか見えねえよ」と言われて、全てを思い出した彼は
半狂乱な状態で使徒になって襲い掛かってきます。
当時は烙印攻撃すると「何なんだよお前ぇー!」って言う台詞が厨臭くて嫌いだったのですが、今になって子供だった彼が
辛い現実を思い出して苛立っているのかと思うと可哀想になってきました。要らん感想追加してゴメンなさい。


456 :ゲーム好き名無しさん:2008/04/02(水) 01:26:41 ID:W+7bFwCN0
>>449

「何なんだよお前ぇー!」は、原作のロシーヌのオマージュだと思った。






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー