エリア88

part38-290~292


290 :ゲーム好き名無しさん:2008/04/22(火) 21:37:21 ID:ssCpbXr/0
>>289
エリア88 スーパーファミコン カプコン
アーケードからの移植らしいけどアーケード版はやったことない。

ゲーム内容だけ書いたらえらく簡略になったので、蛇足な気もするが設定なども加えて。


【原作漫画版準拠の設定説明(ゲームにはほとんど関係無いので読み飛ばしておk)】

1980年代。中東の王国、アスラン。
この国では、ザク国王を元首とする王国政府と
ザクの兄であるアブダエルを王に推す反政府軍の間での内戦状態にあった。
争いの発端は、先代国王が死去する際に、アブダエルではなく
アブダエルの弟のザクを後継者と指名した事だった。

「他国の資本の力を借りてでも開発・発展を進めるべき」というアブダエルの考えと
「他国にいいように祖国を食い荒らされるのは避けるべきだ」というザクの考えは
互いに相容れなかったという事情もあり、ついには内戦にまで至ってしまったのだった。
その内戦においては、主に外人パイロットたちにより構成される傭兵空軍部隊が
アスラン政府軍のエリア88という基地におかれ、最前線で反政府軍との激戦を繰り広げていた。

しかしあるときから、敵に不穏な動きが見られるようになる。
政府軍は西側諸国から、反政府軍は東側諸国から武器供与をされているはずだったのだが、
敵の兵器の中に明らかにアメリカや日本など西側の部品を使った兵器、しかも非常にハイテクな最新鋭品が混じり始めたのだ。
その裏では、「プロジェクト4」と呼ばれる勢力が暗躍していた。

「プロジェクト4」とは、世界の軍事産業を牛耳る企業群がスタートさせたものであり、
その目的は、戦争をいいようにコントロールして利益をあげ続けるというところにあった。
エリア88の傭兵たちは反政府軍相手の戦いだけではなく、反政府軍に協力している
「プロジェクト4」との戦いをも余儀なくされていくのだった。

291 :ゲーム好き名無しさん:2008/04/22(火) 21:40:34 ID:ssCpbXr/0
【キャラ説明(と言ってもこのゲームではキャラは五人しか登場しない。読み飛ばしておk)】

シン・カザマ
日本人青年。本来は普通に民間パイロットになる予定だったが、
親友に騙されてこの外人部隊に参加する契約書にサインさせられてしまった。
一年経って契約を終了しない限り部隊からは逃れられないが、裏切った親友への復讐と日本に居る婚約者との再会を夢見ている。

ミッキー・サイモン
アメリカ人。富裕層のドラ息子だったが、米軍の戦闘機パイロットとして
ベトナム戦争で戦った経験が尾を引いてしまい、戦後アメリカに帰っても平和な社会にはなじめず、
外人部隊に参加することになった。

グレッグ・ゲイツ
デンマークで航空機による国境警備をしていた中年男性。ヒゲダルマって感じの豪放なおっさん。
国境警備のかげで、「西側」への亡命を考えている「東側」の人間を望む国へと運んでやる裏の運び屋稼業をしていたが
ある時その裏稼業のトラブルから某国諜報機関に敵視される羽目になってしまい、ほとぼりをさますために外人部隊に入った。


ゲームでは以上のパイロット三人のうち一人を主人公として選択できる。
シンは通常ショットの成長が早く、ミッキーは特殊武器を多く持つ事ができ、グレッグは機体が損傷した時の立て直しが速い。


サキ・ヴァシュタール
エリア88の司令官。アスランの王族。反政府軍のトップであるアブダエルの息子だが、
叔父であるザクを支持しており、外人部隊を率い反政府軍と戦っている。
ゲームではミッション選択画面でそれぞれのミッションを解説してくれる。

マッコイじいさん
エリア88の傭兵相手に、独自のルートから仕入れた航空機や弾薬を販売している兵器商人。がめついクソじじい。
「金さえ出せばクレムリンだって買ってきてやる」と豪語し、
実際、本来なら手に入るとは思えない最新鋭機まで強引な手法で仕入れてきたりする。
ゲームでは新機体や特殊武器を売ってくれる。

292 :ゲーム好き名無しさん:2008/04/22(火) 21:45:29 ID:ssCpbXr/0
【ここからゲームのストーリー】

内戦続く中東の国アスラン。
政府軍の外人空軍部隊に所属するパイロットである主人公は、
部隊の司令官であるサキから提示されるミッションを選び、クリアしていく。
その結果、反政府軍やそれに協力する怪しい軍事組織「プロジェクト4」が持つ
前線基地、森林要塞、戦艦、補給部隊、潜水艦、砂漠空母、山岳要塞・・・などなど、重要目標をガンガン撃破。
撃破した報酬で武器や新機体を武器商人マッコイから購入し、激しくなっていく敵の攻撃に対応する。
そして遂に「プロジェクト4」のアスラン国内の本拠地である地下基地に到達し、
その内部に隠されていた巨大兵器を破壊する事に成功した。
そして、その巨大兵器の爆発とともに地下基地も崩壊を始めてしまう。

以下、自機キャラにシンを選択してた場合のエンディング。

グレッグとミッキー、2人の機体が基地出口から脱出してくる。
グレッグ「シンはどうした!」
ミッキー「まだ中だ!通信もつながらん!」
シンが基地の崩壊に巻き込まれたと思い、落ち込む二人。
しかしその時、二人の背後で、基地出口が爆発する寸前にシンの機体が飛び出てきた。
「「シン!」」と声をあげ、戦友の無事にホッとする二人。
シンは「二人とも、俺が敵ならあの世行きだな!」と笑って答えた。

こうしてプロジェクト4の陰謀は滅ぼされ、アスランの内戦は終結した。
そして彼ら三人の機体は、「さらば!エリア88!」という言葉を残して飛び去って行った。

おしまい。

ちなみにシン以外の二人を選んでいてもエンディングの台詞はたいして変わりません。
「シンはどうした」など名前が呼ばれる部分でそのキャラの名前に変わり、
「二人とも、俺が敵ならあの世行きだな」
の部分が他の二人なりの台詞に変わるくらい。






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー