負けるな!魔剣道

part39-533


533 :負けるな!魔剣道:2008/07/05(土) 18:32:27 ID:rK3wKAYW0
剣野舞はオツムの出来は良くないものの、天才的な剣道の腕を持つ女子高生。
その剣才を買われて名門・美我破破羅学園に入学した舞だったが、舞の家は物凄い山奥にあった。
片道5時間の生活で遅刻はかさみ、気が付けば留年間近なのだった。

いつも通り4時に家を飛び出した舞の前に、妖怪刑事ドロと名乗る男が現れる。
人間たちの乱開発により封印の破れた妖怪たちが、世の中に逃げ出してしまった。
舞からは只ならぬ剣気を感じる。どうか手を貸してくれないか?

あんたが自分でやりなさいよ!刑事なんでしょ!すげない舞の一言。
彼女は自分に関係ない損得には全くまるで興味の無い、ごく普通の女子高生なのだ。
肩をすくめるドロ。
妖怪ゾーンが広がれば、あなたは刻限までに学園へ辿りつけなくなるだろう。ほら、もう此処も…。

遅刻すれば留年!焦りまくる舞。「やってやろうじゃないの!」「ありがたや~」
(これで自分で危ない目を見なくても済む…)
ドロは単に自分が貧乏くじを引くのが嫌なだけであった。

ドロから魔剣像を託された舞は、晴れて魔剣道となったのであった。
バスに乗り、雪原を越え、湖底に潜り、モノレールに揺られて、電車に駆け込む。

魔剣道そっくり?のマネンボーや宿命のライバル?マケンロー等を倒し、遂に学園に着いた舞。
とっとと駆け込みたい校門の前にいた妖怪の親玉・マケンポーをしばき倒し、舞はめでたく遅刻せずに済んだのであった。

「よくやったぞ魔剣道!これで君も立派な妖怪刑事だ!」
「なるか!そんなモン!!」






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー