プロローグ2 「宿命の物語」


場所:幻想界…オベロン社秘密工場、海底洞窟(テイルズオブデスティニー)

洞窟内、リオンと対峙するスタン、ルーティ。

スタン「なんのマネだ…リネン!」
リオン「見ての通りだ。
   …ここから先へ進みたければ、僕を倒してからにするがいい」
ルーティ「なに言ってんのよ、あんたッ!
   今が非常時だって事くらい、わかってんでしょッ!?」
リオン「…そんな事は関係ない。僕は与えられた役割を果たすだけだ。
   おまえ達を殺すという、な」
スタン「目を覚ますんだ、リオン…!
   おまえはヒューゴに利用されているだけなんだぞ!」
リオン「その通りだ。僕はヒューゴにとって、使い捨てのコマの一つに過ぎない」
ルーティ「そんな!…そこまでわかってて、どうして…!?」
リオン「…僕には守るべきものがある…それだけの事だ。
   覚悟はいいか!いくぞッスタン!」

リオンと交戦しながらも説得を試みるスタン。

スタン「リオン!こんな事を…こんな事をしてる場合じゃないんだ!
   『神の眼』は、人間が持っていてはいけない物なんだッ!」
リオン「そんな事は僕には関係ないッ!」
スタン「世界中で、何かが起こってる!『時の鍵』の話は知ってるんだろ!?」
リオン「知っている。…どこぞの悪魔に奪われたっていう神界の至宝だろう?
   だが…そんな事は関係ないと言ったぞ、スタン!」
スタン「リオン…ッ!
   う…うおおーーーッ!獅子ッ!戦哮ォーーーッ!」

リオン「かはっ…!」
スタン「リオン…なんで…!」
リオン「…スタン…まだだ…まだ、終わりじゃない」
スタン「もよせ、リオン!」
リオン「後を…追わせるわけには…いかない…」

洞窟内に轟音が鳴り響く。

スタン「な、なんだ!?」
リオン「…フ…フフフ…始まった…な。僕の…勝ちだ…」
スタン「なんだと!?」
リオン「終末の時計は…動き…出した…。
   もう…誰にも…止められ…ない…」
スタン「この音は…まさか、水が流れ込んで来ているのか!?」

ディロムス『まずい、崩れるぞ!』
アトワイト『でも、彼が!』
ルーティ「ダメ!間に合わないッ!」
スタン「リオォーーン!」

リオン「ふふ…さよなら…マリアン…」



同時刻…ブリーガルの村(風のクロノア)

クロノア「遅いなあ…なにやってんだよ、あいつ」

待ちくたびれるクロノアの耳にエアバイクの音が聞こえてくる。

クロノア「あ、来た!」
ガンツ「よう、待たせたな、クロノア」
クロノア「なんだよ、呼び出しといて、遅すぎるって!」
ガンツ「ビービーわめくンじゃねえよ、相変わらずガキだな。
   こっちにも色々ツゴウがあンだよ」
クロノア「ガキガキ言うなよ。なんだよ、ツゴーって?」
ガンツ「ここんとこ、世の中騒がしくなってきてンだろ?」
クロノア「え…そうなの?」
ガンツ「まったく…これだから、この村は困るぜ。平和すぎんだよ」
クロノア「で、で!その"騒ぎ"ってなんなのさ!」
ガンツ「へへ、食いついてきたな」
クロノア「また幻獣騒ぎ?だったら退治に行こうよ!」
ガンツ「モンスター退治っちゃあ、モンスター退治だが…相手は幻獣じゃねェ。
   今回はちとヤバそうでよ」
クロノア「ヤバそうって?」
ガンツ「…どうやら、『黄金の騎士』が動くらしいぜ」
クロノア「えっ!?黄金の騎士って…あの『黄金の騎士』!?」
ガンツ「そういうこった。
   "あの戦い"から数年…そっから黄金の騎士の戦いは記録にねえ」
クロノア「そうだよ、なんで急に…」
ガンツ「逆に考えてみな。
   黄金の騎士が動かなきゃならねえほどの奴らが相手だとしたら?」
クロノア「あっ…!」
ガンツ「おそらくそれがビンゴだ。…だがよ、相当ヤバいぜ?
   ちょいと突つきゃ、逃げ出しちまうような幻獣とは比べモンにならねェだろうな。
   だが、ホントにそんだけの奴らが相手なら報酬も期待できる…ってコトさ。
   オレぁ、それ目当てで行くつもりだ」
クロノア「………」
ガンツ「そういうわけでだ、今回ばかりはおめェを連れて行くかどうが迷ってる。
   ま、無理にたぁ…」

クロノア「…面白くなってきたじゃん、ガンツ」
ガンツ「そう来たか。へへ…面白いってコトは重要だぜ?
   決まりだな。…行くか!」
クロノア「もち!…って、王宮なんか行っても、簡単には入れてくれないんじゃないの?
   まさか…城門ぶち破る気じゃ…」
ガンツ「おめェ…オレをどういう目で見てやがる。
   どこに行くかなんて決まってンだろ?…『黄金の騎士』と言えば?」
クロノア「そうか、そうだね!」


同時刻…サンドランド、街道(ワルキューレの伝説)

一人街道を歩くサンドラ族のかつての英雄、クリノ・サンドラ。

クリノ「………」
???「…待ちなよ」
クリノ「………」
???「…話は聞いたよ。相変らず無茶するな。あんたは」

道行くクリノへ話しかけたのはコアクマン族の一人、サビーヌ。

クリノ「サビーヌ、君か」
サビーヌ「さっき、族長さんと話をした。
   …女神イシター様が、今回の事にサンドラ族が関わる事を禁じたそうじゃないか」
クリノ「…ああ」
サビーヌ「あんたの行動は、女神さまに対する反逆だ。
   "英雄"と呼ばれた男の決断としては…お粗末だな」
クリノ「…肩書きなんて関係ない。
   オイラは"あの時"…えんえん砂漠のピラミッドであの方に救われた時に…
   決めたんだ。オイラの残りの命は、家族のため…
   そして、ワルキューレ様のために使うんだって」
サビーヌ「は!ご立派、ご立派。
   その結果が、見送りもなし、荷物は鎧と槍一本だけ…惨めなもんだ」
クリノ「いや、族長には感謝してる。
   一族の反逆者として処断せず…村を追放してくれたんだ。
   それに、家族の事も心配しなくていいと言ってくれた…
   これ以上望む事もないさ」
サビーヌ「…いつも…一人なんだね、あんたは
   オレと母さんを助けてくれた時も…あんたは一人でやって来て、
   そして一人で『幻の塔』へ挑んだ」
クリノ「…昔の話さ、サビーヌ」
サビーヌ「………。
   …さて"元"サンドラ族の英雄サマ、これからどちらへ?」
クリノ「"あの塔"の跡へ。今回の件…絶対に関係がある」
サビーヌ「なんだ、オレと同じ方向か。偶然だな」

クリノ「……!駄目だよ、サビーヌ。
   オイラは反逆者だ。…君まで一緒になる必要はない」
サビーヌ「は?オレは行きたい時に、行きたい所へ行くだけさ。
   …ま、偶然、あんたと同じ道を歩くかも知れないけどな」
クリノ「………。変わったね、君は。
   あの頃の君なら、口が裂けてもそんな事は言わなかった」
サビーヌ「ふふ…昔の話だよ、クリノ」


幻想界…ドルアーガの塔、廃墟跡

塔廃墟後で誰かを待つスタンとルーティ。

スタン「………」
ルーティ「スタン…」
スタン「なあ、ルーティ…。あの時…俺がやった事は…正しかったのかな…?」
ルーティ「…他に方法があった?
   それとも何?自分が斬られればよかった…って事?
   じゃあ『神の眼』は誰が追いかけるのよ。
   言いたかないけど…アレは"世界を滅ぼせる"代物なのよ」
スタン「…世界、か。
   俺は世界を救うとか…そんな目的のために戦っているわけじゃないんだ」
ルーティ「…??じゃあ、なんで戦うのよ?」
スタン「ん…。うまく言えないけどさ、俺はただ…大切な人を、家族を、友達を
   守りたいから戦ってるだけなんだ。ほら、俺…田舎者だからさ。
   "世界"なんて言われたって、ピンと来ないんだよな。
   やっぱり、こんなんじゃいけないのかな…」
ルーティ「いいんじゃない?別に。あたしだって似たようなもんだから、お互い様ね」
スタン「ルーティに言ってもらえると、なんだか気が楽になった感じがするよ」
ルーティ「そうそう、それでこそいつものスタンよ。
   そうじゃないと張り合いがないわよ」
スタン「………」

ルーティ「それにしても…遅いわねえ。人を呼び出しておいて、
   先に来てないってどういう事!?」
スタン「忙しい人らしいから、しょうがないんじゃない?」
ルーティ「そんな事関係ないわよ!大体…こんな所、いつまでも居たくないでしょ!」
スタン「まあ、ね。
   (ドルアーガの塔…この塔を崩壊させた人が、
   俺達に一体何のようがあるっていうんだろう…?)」

ルーティ「…遅い」
スタン「だから落ち着けよ、ルーティ。
   遅い遅いって…まだ約束の時間から10分しか…」
ルーティ「じゅ~~ぶんよッ!
   レディを待たせるなんて、黄金の騎士も底が見えたわね!」
スタン「はぁ…。あ、黄金の騎士!」
ルーティ「…え!?あ、いや、あの…私達も今来たところで~す!
   もう、私ったらせっかちさんで!おほ、おほほほ…」
スタン「………」
ルーティ「…って、あら?誰も来てないじゃない。
   スタン!騙したわね!」
スタン「ルーティはわかりやす過ぎだよ。…ん!?」

突然塔跡地からモンスターが出現する。

ルーティ「モンスター!?
   …ほら見なさい、こんな所でウダウダやってるから、
   こんなのに絡まれるんじゃないの!」
スタン「怒ってないで、なんとかしなきゃまずいんじゃない?」
ルーティ「言われなくだってわかってるわよ!
   何よ、たかがスライム…ストレスを解消させてもらうからね!」

スタイムを倒すと新種のスライムがまた現れる。

ルーティ「また出てきた!?」
スタン「黒い…スライム…!?」
ルーティ「うっとうしいわねえ。スタン、まとめて片付けるわよ!」
スタン「待って、ルーティ!黒いスライム…これって、もしかして…!」

そこへクロノア、ガンツがやってくる。

ガンツ「おらよ!到着だぜ!」
クロノア「ひゅ~!思ったより早くついたね」

スタン「だ、誰だ!?」
ルーティ「あのカッコ…マーベルランドの住人じゃないの?」
ガンツ「あん?なんでえ、おめェら。チッ、デートならヨソでやンな」
クロノア「よせよ、ガンツ。悪いじゃん」
ルーティ「デ、デ、デートォ!?誰がこんな田舎モンと!」
スタン「ちょっと、ルーティ!」
ルーティ「あによ!」
スタン「スライム、スライム!」
クロノア「なんか…ド真ん中に飛び込んでない?
   お、珍し~い!黒いスライムだ」
ガンツ「ケッ、メンド臭え!おっしゃ、クロノア。
   『黄金の騎士』が出てくるまで、ちょいと遊ぶとしようぜ」
クロノア「ワッフゥ!ウォーミングアップってやつだね!」
ルーティ「黄金の騎士!?まさか…あんた達も!?」
クロノア「え?どういう事?」
スタン「話は後だ!ルーティ!」
ルーティ「もう、わかったわよ。
   たかがスライムに何を熱くなってるんだか…」
スタン「(黒いスライム…噂通りなら、このモンスターって…!)」

クロノ、ガンツの協力を得て黒いスライムの数を減らしていく。

ガンツ「これであと3匹か。姉ちゃん、やるじゃねえかよ」
ルーティ「あったり前でしょ。あたしを誰だと思ってんのよ」
スタン「………」
クロノア「なんか…こっちはすごい気合入ってるけど」

その時、スタンとルーティの"ソーディアン"、
『ディムロス』『アトワイト』が異常な気配を察知する。

ディムロス『スタン、まずいぞ』
ルーティ「え…?」
スタン「ああ」
アトワイト『ルーティ、この近辺の空間が…微妙に歪んでいるようなの』
ルーティ「ちょっと、それってどういう事!?」
クロノア「…な、なんか…急に誰かと話し始めちゃったよ、この人達」
ガンツ「…アブねえ奴らだったのか?まさにナントカに刃物だな」
ルーティ「だ~れがアブないですってぇ!
   ソーディアンの声はねえ、その使い手達にしか…」
アトワイト『ルーティ!来るわ!集中して!』

スタンたちの前に現れる青い鎧をまとった騎士達。

スタン「青い騎士…!?なんだってこんな所に…」
ディムロス『スタン、油断するな!奴ら、人間ではないぞ!』
ルーティ「なんですって!?」
クロノア「…知り合い?」
スタン「まさか。たぶん…いや、間違いなく敵だ…!」
ガンツ「チッ、肝心の騎士に比べて、ずいぶん安っぽいのが来たな。
   おまけに敵かよ。…やるぜ、クロノア!」
クロノア「おーらいっ!」
スタン「ディムロス、こいつらって…」
ディムロス『考えたくはないが、やはり"あの悪魔"は…』

青い騎士と戦闘中、クリノ、サビーヌが到着する。

クリノ「あれはブルーナイト…やはりね」
スタン「また誰か来た…!」
ルーティ「金色の鎧…?黄金の騎士…なわけないわよね」
クリノ「他にも人が?なんだってこんな所に…」
サビーヌ「まとめてやるか?クリノ」
クリノ「いや、やった駄目だよ、サビーヌ。
   君達、ここは危険だ!こいつらは…間違いなく悪魔ドルアーガの手の者だ!」
スタン「…やっぱり…!」
ガンツ「いきなり出てきて、なんだぁ?テメェは」
クロノア「ガンツ、ガンツ!あの人…クリノだ!サンドランドのクリノ・サンドラだよ!」
ルーティ「え?誰?」
ガンツ「あンだって…?…って、あれか!?乙女の騎士…ワルキューレの!」
クロノア「そうだよ!すごいすごい!本物だ!」
ガンツ「悪魔ドルアーガに、"英雄"クリノ…?
   おいおい…話がでかくなってンじゃねェか?」
サビーヌ「…有名人だな、クリノ」
クリノ「ワルキューレ様が有名なだけだよ。
   …見たところ、彼らも武器を持ってるみたいだ。ここは協力してなんとかしよう」
サビーヌ「わかったよ」
ルーティ「なんだか知らないけど、味方って事でいいのよね?」
クリノ「ああ、詳しい説明は後でするよ。
   今は、こいつらをここら一帯から出しちゃいけない…!」
スタン「(悪魔ドルアーガ…。でも、数年前に倒されたはず…)」

クリノ、サビーヌが加わり、ドルアーガの手先を追い込むが幻獣が出現する。

クロノア「幻獣!?なんだってこんな時に!」
???「おンや~~?ひと騒動起こっているかと思って来てみれば…。
   どうやら予想外の事態のようですねェ」
ルーティ「なんなのよ、あんた!」
???「これは失礼…ご紹介が遅れました。私はジョーカー。以後、お見知りおきを。
   …もっとも、再びお会いできるかどうがわかりませんがね」
クリノ「おまえがドルアーガの配下を動かしているのか?」
ジョーカー「…おや?おやおやおや~ン?これはこれはクロノ・サンドラ殿。
   なるほど…ドルアーガ様の手駒としては低ランクの者達とはいえ…
   苦戦の理由はアナタでしたか」
スタン「(ドルアーガ様…!?)」
ディムロス『スタン、聞いたか?』
スタン「ああ、ドルアーガ様…そう言った。…って事は…」
クロノア「あいつはドルアーガを尊敬してる…ってコトか」
ガンツ「違ェよ!ドルアーガが生きてるって事だろうが!」
ジョーカー「ご名答。そっちのちっこいのはアレですが、性格の悪そうなツリ目の方は、
   なかなかイケてますねえ」
ガンツ「ほめてねェだろ、テメェ」
ジョーカー「のほほほほ。…ですが、これから始まる『計画』には、邪魔ですねェ」
ルーティ「『計画』…?なんなのよ、それ!
   …ははァ~ん、わかった。強い悪魔の名を借りて、好き勝手やろうってハラね。
   ドルアーガが生きてるって話も怪しいもんだわ」
ジョーカー「ん~~!おっしいですねェ!
   でも、これ以上はお話できませんので、あしからず」

???「冥土の土産に教えてもらいたいな」

クリノ「……!!」
ジョーカー「ふむ…そうですねェ。
   どの道、あなた方にはここで消えてもらうわけですから…。
   冥土の土産…というのは、い~い響きですねェ」
???「奴は『時の狭間』に追いやられたはずだ」
ジョーカー「そのとぉ~り!ですが『時の狭間』への扉が開き…
   …って、ちょっとちょっと待った~っ!
   なぜその事を!?」

姿を現す『黄金の騎士』ことギルガメスと女神イシターに仕える巫女カイ。

ギル「やはり『時の狭間』は開放されたのか」
カイ「ギル、『時の鍵』を再び盗み出したのは…やはり…」
ルーティ「あの人…!」
クロノ「かつてドルアーガを倒した『黄金の騎士』…」
スタン「ギルガメス…!」

ジョーカー「む、むむむ…
   アナタはもう引退したと聞いていましたがねェ」
ギル「奴が存在する限り…僕は生涯現役さ。
   君の言葉で、今回の事件…大体の想像がついた」
カイ「感謝するわね、ピエロさん」
ジョーカー「ムッキィ~!誘導尋問とは!なんたる卑怯!なんたるハレンチな!
   …こうなれば、ワタクシのプライドがゆるしません!
   この場でギッタギタにして差し上げましょう!」
サビーヌ「…逆ギレしたぞ、あいつ」
クロノア「へへん!最初っからぶっ飛ばすつもりだったんだから
   わかりやすくていいじゃん!」
ギル「そうだ、君達は…?」
クリノ「味方です、騎士ギルガメス」
カイ「あなた…クリノさんね?イシター様から、お話は聞いていますよ」
クリノ「………」

ジョーカー「さぁさぁ、ショータイムと行きましょうか!」
スタン「来るぞ!」

ジョーカー部隊も襲い掛かってくるが、ギル達のおかげで苦戦することもなく退ける。

ジョーカー「おやおやおや…まさかここまでデキる人達だったとは…誤算でしたねェ。
   しかも黄金の騎士まで復帰となると…いやはや、もはやここまで」
サビーヌ「…様子見のくせによく言うよ」
ジョーカー「さて、何の事やら。それでは皆様、アディオ~…」
ギル「…ドルアーガに伝えて欲しい。待っていろ、とね」
ジョーカー「………。
   …いいでしょう。アナタ方とはまたお会いできそうですねェ」
クロノア「会いたくないよ!このニヤケピエロ!」
ジョーカー「のほほほほ。ではでは、ア~ディオ~ス!」

撤退するジョーカー。

ギル「これですべて片付いたみたいだな。英雄クリノ、君は…」
クリノ「黄金の騎士、ギルガメス。今のオイラは…もう英雄ではありません…。
   行こう、サビーヌ」
サビーヌ「ちょ、おいおい、クリノ!」

立ち去るクリノとサビーヌ。

カイ「待って!クリノさん!」
ギル「………」
スタン「ギルガメスさん…俺は…」
ギル「ギルで構わないよ、スタン・エルロン君」
ルーティ「あたし達に用事って…なんなの?」
ギル「『神の眼』の事で…残念な知らせがある」
スタン「神の…眼…!!」
カイ「ギル、話は道中で。私は大巫女様の所へ行くわ」
ギル「…そうだったね。頼む、カイ」
ガンツ「チッ、こりゃデカいヤマに顔突っ込んじまったかぁ?
   …賞金どころじゃねェ気がしてきたぜ」
クロノア「でも…やっぱり面白くなってきたじゃん、ガンツ」






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー