プロローグ3 「戦国の用心棒」


場所:魔界…ガマ親分の賭博上、サイコロ道場

サイコロ道場で賭博を楽しんでいる、たろすけ。

たろすけ「よし!じゃあ…四六の丁ッ!」
ガマ親分「ふむ…」

たろすけ「へへっ!もらいっ!」
ガマ親分「…う~む、やられた」
たろすけ「…あのさ、親分」
ガマ親分「ん~?」
たろすけ「オイラに…何かあるんじゃない?」
ガマ親分「む…ん…まあ…なあ」
たろすけ「歯切れ悪いなあ、なんなんだよ、親分!
   さっきから上の空じゃんよ!」
ガマ親分「う~ん、まあ…言わなけりゃならんことだからなぁ」
たろすけ「なんなんだよ、もう!そう簡単には驚かないっての!」
ガマ親分「………。…閻魔大王様がお呼びだ」

たろすけ「ゲェーーーーーーーーッ!?」


場所:超未来…辺境惑星、古代遺跡

遺跡の調査にあたる銀河連邦宇宙軍のトビ・マスヨと天現寺ひろみ。

マスヨ「ここは…間違いない。忘れるもんですか…。スーツ越しでも感じるこの感覚…」
ひろみ「マスヨ先輩!どうしたんですか?こんな辺境の遺跡に…。
   え…!?な、なんです?この気持ち悪い壁…すごい趣味の悪さですけど…」
マスヨ「違うわ…"造り直された"のよ」
ひろみ「…へ…?」
マスヨ「ひろみちゃん、本部に緊急連絡!」
ひろみ「え?」
マスヨ「それから、この遺跡の近辺に来ている、すべての人物、団体に対して、
   全周波数で避難勧告を出してちょうだい。
   最近見つかったこの遺跡には、
   かなりの数のディグアウターが入り込んでいるはずよ」
ひろみ「え?え!?ちょっと先輩、急にどうしたんです!?
   そんな事したら、私達『辺境警備隊』がここに来ている事が、
   トロン・ボーンにバレちゃいますよ!せっかく居場所を掴んだのに!」
マスヨ「"元"辺境警備隊よ。ひろみちゃん。
   あいつら…空賊ボーン一族を捕まえるのは後よ。後。連絡、急いで!」
ひろみ「もう!説明してくださいよ、先輩!」

その時、"ゆがみ"が急に発生する。

ひろみ「わわっ!な、なに!?」
マスヨ「…遅かったようね。これが答えよ、ひろみちゃん」
ひろみ「何が起きているんです!?先輩には…これが何だかわかっているんですか!?」
マスヨ「急いで!すぐに脱出よッ!
   さっきの勧告を大至急!本部への連絡よりも優先してッ!」
ひろみ「コ、了解(コピー)! わ、わわっ!」

"ゆがみ"がさらに大きくなる。

マスヨ「なぜ、"ここ"が!? どうして…!?…タイゾウ…君…!」



場所:魍魎界…上ノ伊城近辺、竹林。

城へと続く竹林を一人歩く御剣平八郎。

御剣「この先か。上ノ伊城……ぶっ潰れてだいぶ経つがな」
???「………」
御剣「…おい。どこの誰だか知らねえが…コソコソしてるんじゃねえ。どこの乱波だ!」
???「ふん…勘だけは一人前だな、御剣平八郎」
御剣「…また貴様か!いい加減にしろッ!」

姿を現したのは封魔の里のくノ一、タキ。

タキ「フッ…懲りない奴」
御剣「遊びじゃねえっ!」
タキ「いい加減にするのは貴様だ、御剣。
   あの『剣』は、貴様のような田舎侍にどうこうできる代物ではない」
御剣「それを決めるのはタキ、貴様じゃねえ。…この俺だ。
   邪魔をするなら…ここで勝負をつけるか?ああっ!」
タキ「ふん、この単細胞が。話にならん」

立ち去るタキ。

御剣「ケッ、ほざきやがる。
   …だが、これで確信が持てたぜ。あの女がここにいるって事は、
   あの『剣』もここにあるって事だ。…『そうるえっじ』がな」


場所:魔界…三途の川

??「……ここは?そうか…我は…」
???「ひゃひゃひゃ…久しいのう。…平景清(たいらのかげきよ)よ」
景清「…安駄婆(あんだば)…。なぜ、我を眠りから呼び醒ました…」
安駄婆「もう…400年近く前になるかのう…。
   ひゃひゃ…まるで昨日の事のようじゃ」
景清「…安駄婆」
安駄婆「…おぬしを黄泉帰らせる理由など、いくつもあるまい。
   滅びし平家の恨み…忘れたわけではあるまいな」
景清「……!!…馬鹿を申すな、安駄婆。
   彼の者は、我が斬った…間違いはない」
安駄婆「ひゃひゃひゃ…じゃが、その"諸悪の王"を斬ったおぬしも、一度は打ち死にし…
   黄泉より帰りし者ではなかったかのう」
景清「………」
安駄婆「そうじゃ、黄泉帰りよ。…一族郎党、すべてな」
景清「………。承知した。…参る」
安駄婆「待つのじゃ。…時が流れ、人の世も変わった。
   おぬしだけでは何かと不便じゃろう」
景清「……?」
安駄婆「水先案内人を用意した。閻魔大王様のお心遣いに感謝せい、景清。
   …たろすけや、待たせたの」

たろすけ「なんだよ~、なんでおいらがこんなトコに…。
   …って、わ!ナニこの人!怖ッ!」
景清「…この童(わらし)は?」
安駄婆「ひゃひゃひゃ…名はたろすけ。おぬしの相棒になる者よ」
景清「…いらぬ。我一人で事足りる」
安駄婆「たわけ。これは閻魔大王様の勅命じゃ。おぬしに拒否する権利などない」
景清「………」
たろすけ「いやぁ、でも、本人は嫌だって言ってるしさぁ。
   …じゃあ、安駄婆の婆ちゃん!おいらはこれで!」
安駄婆「…それならば、帰り道は三途の川底じゃ。ちと寒いが達者でのう、たろすけや」
たろすけ「もう!どうすりゃいいんだよッ!」

無言で先に行く景清。

たろすけ「あ!ちょっと待ってよ!
   おいらの立場も考えてくれってばよ!」

安駄婆「…ひゃひゃ…再びこの日がやって来るとはの。
   じゃが、二人とも…忘れるでないぞ…。
   …諸悪の王、頼朝を倒すには、『曲玉』『剣』『鏡』の三種の神器の他に、
   正しい心が必要じゃ。ひらすらに信心を忘れなさるな。
   よいな、信心じゃぞ…」


場所は再び魍魎界…上ノ伊城、城門前。
城門に突き刺さる邪険ソウルエッジを眺める、異形の侍とその配下の者達。

???「なんと禍々しい気を放つ剣か。だが、それ故に…鎌倉殿には相応しい…。
   ひょひょひょ…」

御剣「ハッ、そんな事ぁねぇな!」
???「む…?」
御剣「その剣…『そうるえっじ』は俺がもらう」
???「ひょひょひょ…いきなり現れて、面白い事を言う。
   『そうるえっじ』と申すか、この剣は」
御剣「そんな事も知らずに、手ぇ出そうとしてやがったか」
???「後から現れおったというに、ふざけた男よ。
   しばらく居らぬうちに、侍も落ちたものよな」
御剣「ごたくなんぞ聞いちゃいねえ!
   (…しばらく居らぬうち…だと?
   それに、こいつのこの格好…いつの時代の甲冑だ?
   …おまけに取り巻きは妖(あやかし)の類ときてやがる)」
???「まあよい。…どの道、見られたからには生かしておく通理もない。
   この義経の手にかかる事を誉れにするがよい」
御剣「へへ…わかりやすくて安心したぜ。強い奴の総取り…そうでなくっちゃなっ!」
義経「わかったような口を利く!無粋な野武士風情が…殺して進ぜよう!」
御剣「御剣だ!覚えとけッ!」

襲い掛かる義経配下のガイコツを一刀の元に斬り捨てる御剣。

御剣「ひとォーーつ!」
義経「…ふん、やるではないか」
御剣「痩せっぽっちの骸骨風情に、俺をどうこうできるかっ!
   次は貴様だ、覚悟しろ!」

???「なかなか威勢のいい男だ。久しい…久しいぞ、この空気…。
   この男、戦場(いくさば)に流れる気を纏うておる」
御剣「なに…!?」

現れた男は義経配下の武蔵坊弁慶。

義経「…うぬか」
弁慶「よもやと思うて来て見れば…難儀のようで。牛若様」
義経「ひょひょひょ…遊んでおっただけよ、鬼若。
   うぬの力、借りるまでもない」

御剣「牛若に…鬼若?
   どこかで聞いたような名だが、関係ねえ!まとめて相手をしてやるぜッ!」
弁慶「くっくっく…我らの名も地に落ちたものよ」

??「…牛若は源九郎義経、そして鬼若、武蔵坊弁慶…
   数百年前にそのような者達がいたと聞く」

義経「むう…?」
弁慶「気配がない…何奴?」
御剣「…ちッ!またかッ!」

タキ「騙りか、はたまた本人か…そこまではわからぬがな」
御剣「貴様…今までずっと見ていやがったな」
タキ「当然だ。うっとうしい猪武者が斬られるまで待つつもりだったが、
   状況が変わったようなのでな」
弁慶「面白いぞ…娘。で、どうする?」
タキ「知れた事。貴様ら人外の者を封じ…『そうるえっじ』を頂く」
御剣「けっ、面倒くせえ!貴様らまとめて、刀の錆だッ!」
タキ「この阿呆侍が!後で相手をしてやる!今はこの者達を先にせい!」
御剣「………。…ふん、確かにそうか。
   けっ…仕方ねえ。そんな事言っといて、背中から俺を斬るんじゃねえぞ」
タキ「…なるほど、それも手か」
御剣「ぬかせ!いくぞッ!」

タキと一時的に手を組み、義経達に戦いを挑む。

弁慶「やるではないか!ぬしら程の兵(つわもの)が欲する剣…。
   わしにも興味が出てきた!決めたぞ!
   一千本目の武器…『そうるえっじ』に!」
義経「ひょひょひょ。鎌倉殿…兄者がお許しになればだが、
   手に入れねば始まらんぞ、鬼若」
弁慶「承知!こやつらを討ち倒し、我が手に!」
御剣「それはこっちの台詞だ!抜け駆けは許さねえッ!」
タキ「なにが抜け駆けだ。後から来たのは貴様だろうに…。
   うっ!?
   (滅鬼丸が…『ソウルエッジ』と共鳴している!?)」

急に"ゆらぎ"が起き、未知のモンスターが多数出現する。

ギリィ・オクティ「………」

御剣「な、なんだ、こいつらはッ!?」
タキ「ちっ、妖魔の類か。こやつらの仲間…?
   (だが…妖気を感じないだと?)」

弁慶「…牛若様、この者達は…?」
義経「捨て置け。…黄泉の道が開いたのだ。我らと同じく、出てくる者もいよう」
タキ「("黄泉の道"…!?やはり、こやつら…本物の…!?)」

また新たな"ゆらぎ"が起き、
出現したのは空賊ボーン一家の長女、トロンとサポートメカのコブン。
そして、銀河連邦宇宙軍のマスヨ、ひろみ。

トロン「あたた…いきなり目の前が真っ白になったと思ったら…一体何事ですの…?」
コブン1号「ト、トロン様ぁ…」
トロン「1号、状況報告お願い!」
コブン1号「え~と、そのぉ~…」

御剣「なんなんだ、貴様らッ!」
コブン17号「なんか怖い人と…」

ギリィ・オクティ「………」
コブン28号「なんか怪生物と…」

マスヨ「ひろみちゃん、大丈夫?」
ひろみ「あうう…一体、何がどうなったんですかぁ、先輩…」
コブン1号「なんかボク達を追っかけてる元辺境警備隊の人達です~」

トロン「辺境警備隊って…えええ!?爆突野郎のっ!?」
マスヨ「誰が爆突野郎ですってぇ!?私は女よ!」
トロン「う…ま、まずいですわねぇ。こんな時に…」
ひろみ「先輩、先輩!あれを!」

ギリィ・オクティ「………」

マスヨ「オクティ…!間違いない…オクティ族だわ…!」

コブン1号「トロン様ぁ!リーバードもいますぅ!」
トロン「ああ~もう!何が起こってるのよォ!」

弁慶「騒がしくなって来おったな。
   なまった体をほぐすには丁度いい!まとめて薙ぎ倒してくれようぞ!」

御剣「何だかわからんが、確かに邪魔だな。…ぶった斬るか」
タキ「待て、御剣。…ここは利用するのが手だ」
御剣「あぁ?」
タキ「敵の数が多い。こちらに引き込めるようなら引き込む。
   それに、今出てきた化け物の事を知っている様子…情報が欲しい」
御剣「なるほどな、邪魔なら後で始末すりゃいいって事か」
タキ「ほう、多少は物分かりが良くなったな。犬や猫よりはマシになったぞ」
御剣「ぬかせ。おい、貴様ら!こつらは…
   …あ~、その、何だ…敵だ!死にたくなけりゃ戦え!」

トロン「へ?」

タキ「…この阿呆が…もっとうまい言い方があるだろうに」

ひろみ「ど、どうします?先輩…」
マスヨ「…彼らの方について、戦いましょう。
   どの道、オクティやリーバードは相手をしなければならないわ。
   トロンちゃん、あなたもいいわね?」
トロン「い、いきなりちゃん付けとは馴れ馴れしいですわね。
   …この際、仕方ありませんわね。わかりましたわ」
ひろみ「先輩…いいんですか?」
マスヨ「とりあえず、よ。この場を切り抜けて、情報を集めるの。
   その後は…邪魔なら始末してしまえばいいでしょ?
   トロンは縛り上げて、バイクで引きずっていけばいいし」
ひろみ「………」
コブン17号「アワ、アワワ…」
トロン「聞こえてる、聞こえてる!
   トビ・マスヨ…噂通り恐ろしい女ですわ…」

御剣「やるのか、やらねえのかッ!はっきりしろ、貴様ら!」
マスヨ「やるわよッ!」

弁慶「フフフ…ぬははははは!面白い…面白いぞ!やはり戦こそ華よ!
   こうでなければならぬ!ぬははは!」
マスヨ「な、なんなの…!?
   (それに…さっきから場所の特定ができない。ここは一体…?)」
義経「ひょひょひょ。まさにその通り…敵を斬り捨て、野に晒す…至上の悦楽よ」
トロン「め、滅茶苦茶言ってますわね…」
マスヨ「…ひとり斬ってもらって、うっとりしているうちに射殺するって
   いうのはどうかしら?」
コブン28号「……ッ!」
ひろみ「あの、先輩…そういう考えはどうかと」
マスヨ「…ひろみちゃん、これが戦術よ」
ひろみ「…な、なんか、騙されてる…」

???「至上の悦楽…とな?
   …ならば、斬り捨てられ…野に晒される覚悟もできていような」

義経「な……ッ!?」
弁慶「こ…この…声はッ!?」

景清「…久しいな。義経、弁慶…」
弁慶「ぬ…ぬうう…!」
義経「景清…うぬかァッ!」

御剣「今度は何モンだ?様子がおかしいぞ」
タキ「(カゲキヨ…?
   連中が過去の亡霊の類と考えれば、同時代…悪七兵衛景清の事か…!?)」

たろすけ「お、タキ姉ちゃんだ!お~い!」
タキ「な…たろすけか!?なぜおまえが!?」
たろすけ「相変らずたまらん格好してるじゃん…デヘヘ」
ひろみ「セ、セクハラ…」
タキ「ふざけるな!質問に答えろ!」
御剣「誰でえ、あの小僧は」
タキ「たろすけ…人の身でありながら、魔界と天界を歩き通した童(わっぱ)だ」
たろすけ「三途の川を抜け出した連中を退治しなきゃならなくてさぁ」

トロン「サンズノカワ…?そしてテンカイにマカイ…?
   ちょっと、何を言ってるんですの!?」
マスヨ「…少し読めたわ」
ひろみ「先輩?」

タキ「たろすけ!その男は味方と考えてもいいんだな!?」
たろすけ「そういう事!な、景清の兄ちゃん」
景清「………。すべて…斬る…!」
だろすけ「駄ぁ~目だっつうの!
   あの姉ちゃん達が戦っている相手だけにしろってば!」
景清、鬼の形相でたろすけを睨みつける。
たろすけ「あ、あの…悪い奴らだけでお願いします」
景清「………。…承知」
たろすけ「(疲れるなぁ…)」

義経「景清…よもやうぬまでが…!」
景清「問答無用…参る…ッ!」

景清達も戦闘に参加し、義経達を追い詰める。

義経「まだ体が思うように動かぬ…。今宵はここまでにしようぞ…景清!」
景清「…逃げるか、義経」
義経「ひょひょひょ、そう急くな。まだ始まりに過ぎぬ故な。
   また会おうぞ、景清。…そして忘れぬぞ、御剣とやら」
御剣「けっ、逃げ口上なんぞ聞きたかねえッ!」
景清「………」

弁慶「くくく…この痛み…わしは戻って来た。ぬははは!わしは再び戻って来た!」
景清「…そしてここで終わりだ、弁慶よ」
弁慶「景清よ、お互い現世に黄泉帰ったばかり…おぬしの太刀筋もなまっておるぞ!
   鍛えなおすがいい!景清!」
景清「………」
弁慶「おお、そうだ…言わせてもらおうか。これで勝ったと思うなよ?ぬははは!」

退却する義経、弁慶。そして残りのモンスターも一掃し終える。

景清「…義経に弁慶…その後ろには…きゃつがいる…!」
たろすけ「まあまあ、熱くなんなよ、兄ちゃん。
   まだ始まったばかりなんだしさ」
御剣「ふう…色々あったが、片付いたぜ。よし!『そうるえっじ』を!」
タキ「待て、御剣!」

突然ソウルエッジが輝き、消え去ってしまう。

御剣「なにいッ!?消えたッ!?
   どういうこった!『そうるえっじ』はどこへ消えたッ!」
トロン「空間転移…!?
   エネルギーの反応…測定値オーバー。グスタフの機能じゃここまでが限度!?
   なんてエネルギーゲインなの!?」
マスヨ「"空間転移"…それが答えよ。
   私達は、あの辺境惑星から…この世界に転移されて来た」
ひろみ「ええ!?ホントですか!?」
マスヨ「…そう考えるのが、一番自然よ。
   (そう…そして、すべてが一本の線でつながっている…そんな気がする…)」






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー