.hack//絶対包囲 Vol.4

part41-141~144


142 :ゲーム好き名無しさん:2008/08/27(水) 22:03:50 ID:cLu5duat0
「オペレーション・トライポッド」によって、第五の敵ゴレを撃破したカイト。
「The world」内のデータ浸食は食い止めたが、現実世界ではプルートキスの再来とされるネットクライシス「プルートアゲイン」が猛威をふるっていた。
カイトたちに残された時間は、少ない。

残りの波を撃破するため、カイトはシャチが獲物を捕まえる時のごとく、波を追いつめていく作戦「オルカ」を発動する。
しかし、波を追って、ダンジョンに向かったカイトの前に現れたのは、様子のおかしいミアであった。
心配して駆け寄るカイトやエルクたちの想いとは裏腹に、ミアは敵と化す。
カイトは、変わり果てた姿のミアを撃破するが、同時にエルクとの間に確執が生じ、エルクが戦線を離脱。「波」包囲網に綻びができてしまう。
作戦失敗と思われたが、アウラの力によって波の動きを止めることに成功する。
だが、それは同時に凶悪化したクビアを出現させてしまう。
凶悪化したクビアを何とか撃退に成功するものの、またも決着はつけられなかった。
その後、復帰したミストラルたち仲間の協力を得て作戦を続行、第六の敵「タルヴォス」撃破に成功する。

これで、敵は最後の波とクビアを残すだけとなった。
カイトは、「The World」を守ることができるのか、そして、現実世界をネットクライシスから救うことができるのか。
決着の時は、近い。

143 :.hack//絶対包囲 Vol.4◆kZOCRDjCuM:2008/08/27(水) 22:05:41 ID:cLu5duat0
最後の波を撃退する更なる手がかりを求めるカイトは、ハロルドの残留思念、そして、解放されたアウラと遭遇する。
そこでカイトはアウラがハロルドと碑文の作者であるエマの間に生まれた子であること、そして、腕輪とクビアが表裏一体の存在であることを知る。
クビアを倒すためには、腕輪を放棄しなければならない。しかし、腕輪を放棄すれば、波への対抗手段も失ってしまう…。
葛藤したまま、アウラを追って現れたクビアとの戦いにのぞんだカイトは、腕輪を破壊することでクビアにとどめをさす。

波が迫り来る中、腕輪を失ったカイトをリョースは責めるが、カイトはアウラに「波」を食い止める力があると、という確信があった。
Twilightは、黄昏の他に、夜明けの意味がある。もし、碑文が黄昏ではなく、夜明けを意味するのなら、アウラは、きっと「The World」に光をもたらすはず、と。

アウラ、そして、仲間たちとともにカイトは、最後の敵「コルベニク」に戦いを挑む。
攻撃を無効化する壁を持つ「コルベニク」に挑むカイトに、カズ、ジーク、そしてオルカまでもが力を貸す。
仲間たちの想いがカイトを強くし、カイトを守ることで、コルベニク撃破の道が拓いた。そして、、、。
カイトは最後の敵「コルベニク」を、波を生んだ悪意「モルガナ」とともに倒すため、アウラもろとも「コルベニク」に最後の一撃を打ち込む。

コルベニク撃破が引き金となり、「The World」から波が去ると同時に、現実世界では意識不明だった者たちが回復。ネットクライシスも去っていた。
平和を取り戻した「The World」。そして、現実世界。
その後、オルカとともに「The World」をプレイしていたカイトは、再生したアウラから腕輪を受け取った。「The World」内に、平和をもたらすために。
残滓のように「The World」内に存在するウイルスバグを退治する彼らの戦いは、いつしかプレイヤーの間で語り継がれるようになった。
.hackersという名誉の名とともに。






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー