サバイバルキッズ孤島の冒険者

part41-357~359


357 :サバイバルキッズ孤島の冒険者:2008/09/22(月) 10:49:35 ID:yZmaLAwK0
【コウ】・・・男主人公。今回は彼を主人公にします。
【ナミ】・・・女主人公。今回は彼女をパートナーにします。
【ラッキー】・・・無人島でちょくちょく遭遇するサル。後に主人公と仲良くなる。



コウは10歳の誕生日プレゼントに、冒険家の父からナイフを貰う。
しかし、その日の夜にひどい嵐に遭い、乗っていた船が沈没。父とは離れ離れに。

コウが目を覚ますと、どこかの島の海岸にいた。
幸いにも彼の持ち物であるリュックや水筒、ナイフ、ラジオも一緒に浜に打ち上げられており、
それらを使って島の内部へと進むと小屋を発見。ここを家にすることに。
木の実や果物を拾い、時には草やキノコに食中りしながらも、動物を狩って食料の確保をする。


何度か遭遇するサルに島の東側でリュックを盗まれる。
複雑な構造の森を抜け、サルを追いかけると、花が咲き乱れる不思議な雰囲気の場所にたどり着いた。

どんどん島を捜索し、菱形の宝石を見つける。
途中、洞窟で白骨死体を見つけ、「自分もこうなるのでは・・・」という不安に駆られる。
骸骨の側にはメモが落ちており、罠の作り方を覚える。


何日かしてラジオから、遭難者捜索打ち切りのニュースが流れる。
コウはショックを受けるが、幸いにも小屋の周りには気がたくさんある。
材木や船の残骸を使ってイカダを作り、脱出する事を思いつく。
イカダを完成させるも、嵐で家が壊れてしまう。いつかのサルが屋根の下敷きになっていたので、助けてやる。
それが切っ掛けで友達になり、コウは彼をラッキーと名付けた。
(サルはどうやらコウのことを気に入っていて、今までちょっかいを出していたらしい。
ちなみに、イカダを完成させて3回寝ると地震に巻き込まれて死にます)

コウは小屋を直し、イカダで脱出しようとするが、ラッキーは自然の中で暮らした方がいい。涙を呑んで別れ、一人で大海原へ。
雲行きが怪しくなり、コウは嵐に遭う。イカダは大破し、コウは波に飲まれ、気絶してしまう。

358 :サバイバルキッズ孤島の冒険者:2008/09/22(月) 10:50:31 ID:yZmaLAwK0
コウが目を覚ました時、再び見知らぬ海岸にいた。またどこかの島に流れ着いたのだろうか。
進んでいくと、見覚えがあるサル・・・つまり、ラッキーがいた。
どうやら、同じ島の北側に流されてしまっただけらしい(ゲームの最初にいたのは南側)
友情の印なのか、ラッキーが「不思議な木の実」をくれる。
さらに奥へ進むと、大きな古い船を見つける。船は鎖で台座に繋がれていて、台座には様々な形の窪みがあった。
持っていた菱形の宝石を嵌めると、鎖が取れた。コウはこれらの宝石を集め、この船で脱出を試みることにした。
しょんぼりするラッキーを見て、コウは「もう置いて行ったりしないよ」と約束する。

またあちこちを捜索していると、温かい焚き火の跡を見つける。自分以外の誰かがこの島にいるのだろうか。
船に戻る途中、同い年くらいの女の子が倒れていた。あまりサバイバルの知識がないのだろう、ひどく弱っていた。
女の子の名前はナミ。起きられないような状態だったので、代わりに食べ物を探したり、
彼女が砂漠で落としたペンダントを返すと、二人はどんどん仲良しに。

残る宝石はあと一つ、という所で大きな地震が起きる。
コウが慌ててナミの元へ戻ると、ナミの体調が悪化していた。
早く脱出し、医者に診せないと危ないかもしれない・・・。

序盤でラッキーにリュックを返してもらった不思議な森の奥に、隠し扉が現れていた。
中は仕掛けだらけの遺跡になっていて、それらを解いてコウはとうとう最後の宝石を見つける。

船を動かし、やっと家に帰れる、と一安心の2人。
2人は「家に帰っても友達でいようね」と約束する。



10年後――
コウとナミは結婚式を挙げていた。
「新婚旅行で船だけはやめようね」と笑いながら。

359 :サバイバルキッズ孤島の冒険者:2008/09/22(月) 10:53:18 ID:yZmaLAwK0
【エンディング】全8種類

1、自発的にラジオを聞いて、ランダムで出てくる遭難者捜索のニュースを聞き、
  そのまま海岸へ行ってSOSの文字を作るとヘリコプターで救出される。
2、イカダで脱出する際に充分な食料を持たないと、海の真ん中で衰弱死。
  (条件を満たしていても、下敷きになったサルを助けないとこのED。祟りか)
3、パートナーが元気な状態(遺跡が出ていない状態)で生存日数100日を超える。
  少し大きくなった2人とラッキーが仲良く無人島で暮らしている。
4、1人(パートナーと出会っていない状態)で島を脱出(ゲームクリア)する。
5、パートナーが病気になってから(遺跡が出現してから)14日以上経つと、2人で脱出するもパートナーが船の中で死亡する。
6、パートナーが元気な状態で2人で脱出する。
7、1人で生存日数100日を超える。少し大きくなった主人公とラッキーが逞しく島で生活している。
8、上記の通り。6と似ているが、パートナーに食料やアイテムをプレゼントして仲良くなる(物をあげたときにハートマークが出るようにする)。
  このEDでスタッフロールが流れるので、上記はこの話を書きました。


※イカダで脱出する際に、ラッキーを置いていくかどうか分岐します(上記では連れて行かないルート)。連れて行くと
・嵐の時に主人公が「こんな目に遭わせてごめんね」とラッキーに謝る。
・島の北側に流れ着いたときに起こしてくれる(ゲームスタート時を髣髴とさせる)
・木の実がもらえない
・主人公が「自分がいるのは同一の島」という事に気付くのが遅れる。
という展開になります。

※主人公2人の名前を繋げると・・・。ちなみに、コナミから発売されているゲームです。






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー