デススマイルズ

・通常版:part41-371~375,377,378

・メガブラックレーベル(MBL)版で追加されたサキュラ関連のイベント:part42-271


371 :デススマイルズ:2008/09/23(火) 00:19:15 ID:Aa+vZplV0
スレ見てたら目に入ったので、デススマイルズいきまーす

-----

神隠しというのをご存知でしょうか?
世界各地で報じられる行方不明の子供たち。
いったい彼等ロストチルドレンは何処へ行ってしまうのだろう…?
事故にあってしまった者…。
犯罪の手にかかる者…。
そして…異世界への扉を開けてしまった者…。

異世界「ジルバラード」。
20世紀初頭の西洋の街を思わせるその世界では「別世界(現世界)から
迷い込んだ者には特殊な魔法能力が身に付く」と言われています。
その世界に住む「ディオール」なるご老人は行き場のない
ロストチルドレンを養い、彼女たちの魔法の力で国王に貢献して
暮らしておりました。
そのディオール家の養女(なぜか娘さんばっかりです)さんたちは
「エンジェル」と呼び親しまれ、彼女らの力もあってジルバラードは
平和を謳歌していたのです。

ところがハロウィンも近いある日、伝説の魔物たちが現れ人々を
襲い始めたというのです。ディオールは国王の命を受け、襲われた街へ
エンジェル達を送り込むのでした…。
372 :デススマイルズ:2008/09/23(火) 00:20:06 ID:Aa+vZplV0
ゲーム中は「エンジェル」のうちの誰かを操作することになります。
そんなわけで彼女達のご紹介。

ウィンディア:
一応主人公格。ロンドン育ちの13歳。(公式では彼女の目から見たプロローグが載ってます)
通学途中に誘拐され、命の危険を感じた瞬間ジルバラードへ飛ばされ、初任務が今回の過酷な事件となってしまった。
開花した能力は「風使い」、召還妖魔は白ふくろう。

キャスパー:
6歳の時にドイツ・ベルリンからジルバラードに来てしまった、現在11歳のディオール家四女。
ロストチルドレンとなった原因は不明。どんな辛い事があったのか、記憶の奥にしまいこんだまま思い出せないでいる。
その忌まわしい過去の経験のせいか、エンジェルの中で最上位の「死霊使い」として目覚めている。


フォレット:
10歳のとき、フランス・パリにて嵐で増水した川に流された時にジルバラードに来てしまった、ディオール家二女、14歳。
「川に流される」という寒い思いをした反動か、「炎使い」として目覚めている。

 ローザ:
8歳の頃、アメリカ・シカゴからジルバラードに来た、ディオール家長女、17歳。交通事故が原因でこちらの世界に来ている。
花の妖精を操る「精霊使い」の能力に目覚めており、4人の中で最も経験が長い。

 

373 :デススマイルズ:2008/09/23(火) 00:21:45 ID:Aa+vZplV0
魔物たちを退治していく中、沼の魔女サキュラと遭遇する。撃破すると、
母親には手を出さないでと懇願してくる。
なんと彼女はウィンディアの幼馴染「サクラ」で、ドライブ中の事故により
家族と共に車ごと異世界へ来てしまっていた。
エンジェル達と違い、ある事情により慕われるどころか忌み嫌われてしまい、
母親を守るために一人戦っていたことから「沼の魔女」と言われるようになってしまっていた。

「ある事情」とは彼女の父親のこと。
強大な魔力に目覚めて人が変わってしまった彼女の父親は、家族を
ほったらかしにして毎晩魔界の扉を開いているのだという。
今回の騒動は開いた扉を通ってきた魔物が起こしたものだった。
その儀式は毎晩12時に行われるらしい。阻止するために、
現場である古城「冥界城」へ向かう。

城壁、回廊、大広間と抜け、時計塔にたどり着くと、儀式を行う
サキュラの父ジルバ(通称パパン)が。
召還した魔物が人々を襲っているからと止めようとするサキュラに対し、
パパンはこの扉が今夜元の世界に繋がるという。
自分さえ戻れれば後のことなど知ったことかと言い放った上、
反論する実の娘にも手を上げたパパンにぶちきれたエンジェルはパパンを滅多打ちにします。
ズタボロのパパン曰く、確かに今は魔界に繋がってるが、万聖節を迎える一瞬だけ、
現世界をつながるのだと主張する。もう少しだ…と言ったその瞬間。

光の扉より魔界帝王ティラノサタンが現れ、パパンをパックンチョしてしまいます。

妖魔達は逃げろと言いますが、そんな余裕などあるわけ無いのでタイマン張ることに。
なんとかパパンを放り出させ、撃破することができたその瞬間、光の扉が一際輝き始めます。
この光こそ「現世界と繋がった証」と放り出されてサキュラに介抱されていたパパンは言い、
「病床の母親を置いてはいけない」と言うサキュラを置いて一人で扉をくぐってしまいます。
パパンのあまりの身勝手さに呆然とするエンジェルに対し、サキュラはどうするのか問いかけます。
現世界には戻りたい、でも身内同然の仲間を置いていくことに迷うエンジェル。そして決断を下す…。
374 :デススマイルズ:2008/09/23(火) 00:24:08 ID:Aa+vZplV0

EDは各キャラ2種ずつあります。

ウィンディア:
帰還:家族と半年ぶりに再会。半年のブランクは不幸だったかもしれないが、臆病で泣き虫だった彼女を成長させたジルバラードでの経験は無駄ではなかったはず。
残留:残った判断は正しかったのか、扉は現世界へ繋がっていたのかと思い悩むも、結果には満足。
いつか現世会へ帰る方法を見つけるからそれまでは…と心の中で両親に詫びる。

キャスパー :
帰還:戻った先は誘拐犯達の所。全てを思い出し、ジルバラードから帰還しても失われることの無かった武器が魔力を受けて輝き出す…。
残留:国王に招待されたパーティではしゃぐ仲間を冷めた目で見ながら料理をがっつく。「いい男が声かけてくれないかなー…」

フォレット :
帰還:何年もたっていたため、家では大騒ぎに。何故か居合わせた客人はそそくさと帰っていく…。
残留:時々ちょっぴり後悔。でもみんなで楽しく過ごしていると後悔の念も消えていく…。

ローザ:
帰還:実家に戻り、酒場の看板娘として働き、お店も大繁盛。時々後ろ髪引かれるも、行方不明となった後の両親の話を聴いて、両親の愛を改めて感じるのでした。
残留:ディオールおじいちゃんに現世界に戻るか迷ったことを謝る。おじいちゃんは気に病むことはないと告げる。

 

375 :デススマイルズ:2008/09/23(火) 00:36:55 ID:Aa+vZplV0
以上です。

なお、サキュラの父ジルバが茶化される傾向にあるのは
ラスボス曲が「ちゃらりー、鼻からぎゅうにゅー。」の
J.S.バッハ「トッカータとフーガ ニ短調」であることが多分最大の原因で、
声を当てているのがグラフィックプレジデント・ジュンヤー氏であることは関係ないと思います。おそらく。
377 :ゲーム好き名無しさん:2008/09/23(火) 01:20:37 ID:1OpRi47d0
デスマ乙です。
読んだ感じから洋ゲーかな?と思ったら、萌え系だったww
378 :デススマイルズ書いた者:2008/09/23(火) 13:59:11 ID:Aa+vZplV0
>>377
開発中の名前が「デスロリータ」だったくらいだからねぇ。
当方パパンのヘタレぶりに萌える側の性別なんで、
各キャラの萌え表現は控えめになりました、申し訳ない。
詳しく知りたい人はぐぐるか自力クリアしてくれい。
CAVEシューには珍しくクリアだけなら努力でなんとかなるから。

来月バージョンUp版が出る予定で、サキュラが操作キャラになるらしいんで
ED増えてたりしたらまた書くかもです。


271 :デススマイルズ(MBL) ◆l1l6Ur354A:2008/11/14(金) 11:27:50 ID:j9KN9GDq0
以前デススマイルズ書いた者です。

メガブラックレーベル(MBL)版で追加されたサキュラ関連のイベント、とりあえず確認できたものだけ。
新しく出直したものなので、一応トリップつけといた。

・沼地のボスとしてサキュラが出てくるところは
 「父親を止めに行く」「母親の元に残る」で分裂した自分自身と対戦という形に。
 勝つと迷いが晴れ、父親を止めに行くことに。
・パパン対面時、言い争いになるのは同じ、ただ攻撃くらっても吹き飛ばされないで自分が対戦。
・パパン、ティラノサタン退治後、なんとかパパが生き残っているのも同様。
 このときに母親が不治の病で長くないと告げられる。ここで戻るかどうか選択。
・帰還ED:母親を見捨てて父親とともに帰り魔法を使って巨万の富を得るも、
 母親への罪悪感から誰にも心開けず氷の女となって父親に仕える・・・。
・残留:パパは一人で帰ってしまい、ウィンディアに対して泣き崩れてしまう。
 で、その後としては「一人プレイ」「二人プレイ」で2種あって
  「なんとか立ち直ったサキュラが協力してもらったエンジェル達を招いて
   ホームパーティを開く。ただサキュラが作るのはまずいと有名なイギリス料理・・・」(一人プレイ)
  「ディオールおじいちゃんの魔力で治療をうけ母親の病状もよくなる。
   その様子をみながら別の帰還方法を見つけることを誓う」(二人プレイ)

あとサキュラに限らないけど、残留を選ぶと、(午前?)3時を指す時計を背景に「扉」から
ふとっちょの魔物と「to be continued」のメッセージが出てくるように。
隠しボス、360版ボス、続編予告等いろいろ噂されてますが、今のとこ正体不明です。

ついででフォロー。
前回書いた、パパンの言う「万聖節」はキリスト教(カトリック)で聖人と殉教者を記念する日で11月1日。
パパンとの対決はこの前日である10月31日、ハロウィンの晩なので公式には明記されてないけど
「ハロウィンも近いある日」と書きました。






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー