ソニックと秘密のリング

part41-540~542、part42-68,70


540 :ソニックと秘密のリング:2008/10/19(日) 05:21:15 ID:a6MWKtl6O
ある日、ソニックはアラビアンナイトを読んだまま居眠りしてしまった。
ふと目を覚まし、時計を取ろうと手を伸ばした先には見慣れぬリングが。
ソニックがリングを手に取ると、突然一人の女性が現れた。
シャーラと名乗る彼女は自分はリングの精であり、
アラビアンナイトの世界に異変が起きているので助けてほしいという。
本を開くとなんと真っ白になっているページがある。
イレイザー・ジンなるあしきマジンが本の力を刈り取り
アラビアンナイトの世界はおろか現実世界まで侵略しようとしているらしい。
しかしどうやって本の中に行けばいいのか、と問い掛けるソニック。
シャーラは自分と契約すれば簡単な願いは叶えられ、本の中に行くことも出来るという。
促されるままにリングを指にはめ契約したソニックは、最初の願いとして沢山のハンカチを出してもらう。
実は昨日から風邪気味だったというソニックに、一抹の不安を覚えるシャーラだったが
気を取り直して本の中に向かうのだった。

失われつつある本の世界の序章を進む二人の前に、突然イレイザー・ジンが現れる。
シャーラが7つの世界リングを集めていないと知ると
相応の罰を与えねばと、裁きの矢を放つ。
しかし、矢はシャーラを庇ったソニックの胸に突き刺さる。
矢の炎が消える前に世界リングを集めなければ命は無いと言うのだ。
ジンは、次はシャフリヤール王の命を刈り取らせてもらう、と告げ去っていった。
物語の発端である王が消えてしまっては大変な事になってしまう。
二人は急ぎ王宮へ向かうのだった。

なんとか王宮に辿り着く二人だったが人の姿が無い。と、その時壺が割れ中からDr.エッグマンが…
今回もエッグマンの仕業かと訝しむソニックだか、彼は本物のシャフリヤール王であるらしい。

541 :ソニックと秘密のリング:2008/10/19(日) 05:25:10 ID:a6MWKtl6O
王が言うには、城下に突然マジンが現れ、皆さらわれてしまったとの事。
そこへ怪鳥に乗ったジンが出現、王を連れ去ってしまう。
追い掛ける二人は街でマジンに襲われているテイルスそっくりなアリババを助ける。
助けて貰ったお礼に何か困った事があったら力になると約束し、再び王を追い掛ける。
砂漠を進む二人の前に今度はイレイザー・ジンが生み出した巨大な蠍の怪物が現れた。
怪物を倒すと、そこには黄色いリングが…。どうやらこれが世界リングの一つらしく、シャーラには掴む事が出来ない。
「アラビアンナイトに闇が訪れる時外界より伝説の青きハリネズミ来る。
7つの世界を統べるリングが揃いしとき世界を繋ぐ扉が開くであろう。
しかしリングを揃えし者命の償いをもって全てを統べる鍵となさん」
これが最近アラビアンナイトに書き加えられた文章らしい。
リングを集めても生け贄にされてしまうようだが、
運命なんてオレのスピードでふりきってやるさ!と前向きなソニック。

怪鳥から落っこちた王を渋々助けるソニック。王からマジンはこの先にある城へ向かった、との情報を得る。
ついでに世界リング二つ目も道中でゲット!

城の地下ではイレイザー・ジンがマジンを呼び出そうとしていた。
そのマジンの名はイフリート。世界を焼き尽くす程の力を持つ大マジンだ。
軽く片付けようとするソニックだが何故か攻撃が効かない!
シャーラ曰く、裁きの矢のせいでソニックの体は
現在炎の領域に属しており、イフリートにはダメージを与える事が出来ないというのだ。
一旦退却した二人はアリババに助言を求める。
友人のシンドバッドならいい知恵があるかも、というが
現在は海賊と戦い、ルフ鳥にさらわれてしまっているようだ。


542 :ソニックと秘密のリング:2008/10/19(日) 05:29:41 ID:a6MWKtl6O
魔法の絨毯でルフ鳥の背中に降りた二人は捕らえられていたシンドバッドを見つける。
その姿は、ナックルズと瓜二つであった。
檻から出してくれたら知恵を貸すというシンドバッドだが、ソニックはナックルズの知恵ねぇ、とあてにしていないようだ。
仕掛けを解いてシンドバッドを救出し事情を説明するが、彼の出した案は…

「水でもかけりゃいいんじゃねえのか」

さすがシンドバッド様だぜ!と嫌みを言うソニックだが、さらなる情報として
彼を捕らえた海賊が嵐を操るリングを持っているようだ。
ついでに世界リング三つ目もゲット。
そこでシャーラが金色の塊を、ソニックに預かっていて欲しいと。

海賊船団を発見したソニック達はボスであるキャプテン ベモスと決闘をする。

首尾よくリングを手に入れた二人は再びイフリートの下へ向う。
無事イフリートを倒すが、残骸から時限爆弾が!
地上で爆弾を爆発させると、なんと中から世界リングが現れた。

次の目的はソロモン王。マジン達は元々彼によって封印されていたそうだ。
が、時既に遅く王は首だけの状態になっていた。
体を集めて欲しいという頼みを聞くついでに六つ目の世界リングをゲット。
ソロモン王は、イレイザー・ジンの正体はランプの精だという。
ランプがあれば力を封じる事が出来るかも…

イレイザー・ジンの宮殿を聞き出した二人は、そこで最後の世界リングを手に入れた。
再深部で遂にイレイザー・ジンと戦うがあと一歩の所で逃げられてしまう。

世界リングを集めていない→残念!君の冒険はここで終わりだ。

世界リングを全て集めている→ラストミッションへ



実はジンの事が好きだったシャーラは、世界リングを彼に渡してしまう。

68 :ソニックと秘密のリング:2008/10/19(日) 06:20:13 ID:a6MWKtl6O
ソニックを生け贄として殺そうとするが、シャーラがソニックを庇い命を落としてしまう。
ジンは世界リングの力を取り込みアルフ・ライラ・ワ・ライラへと変貌する。
生け贄が無く不完全な為かリングの力を制御出来ないようだ。
ソニックも3つの世界リングの力を取り込み
ダークスパインソニックへと変身して最後の戦いへと向う。

アルフ~は本の世界と現実世界を入れ替え、神となる事が狙いのようだ。
もてる力の全て(主にプレイヤーの二の腕)をぶつけ、アルフを打ち倒す。

元の姿へ戻ったジンだが、自分は消える事の無い存在なのだ!と豪語する。
まったく反省していないジンにランプを突き付けるソニック。
シャーラから預かっていた塊こそが魔法のランプだったのだ。
ランプの力でジンに3つの願いをいうソニック。
一つ目、シャーラを生き返らせてくれ
二つ目、アラビアンナイトの世界を全て元に戻せ
三つ目、ランプの精として昔どおりランプの中で暮らせ!

こんな 薄汚いネズミに!と断末魔を上げながらランプに吸い込まれるジン。
「オレは薄汚いネズミなんかじゃない。 ちょっとスゴイハリネズミなのさ」

泣き続けるシャーラにソニックは願いを言う。
「ハンカチを山ほど出してくれ」


「海ができるまで泣いていいぞ ハンカチは山のようにあるからな」


その後、伝説のハリネズミはこの世界を飽きる程
走り回ったあと元の世界へ帰っていったのでした。
ぃくつかの冒険もあったようですがそれはまた別の機会に…



70 :ソニックと秘密のリング:2008/10/19(日) 06:51:42 ID:a6MWKtl6O
―捕捉と妄想―
劇中にアラジンはでませんがソニックがあてはまるかと思われます。
3つの願いを叶える、スタッフロール後「アラジンと~」が「ソニックと秘密のリング」に書き変わる等の理由から。

世界リングはそれぞれに感情が封印されています。
祈り、怒り、悲しみ、喜び、願い、憎しみ、楽しみの7つ
色はカオスエメラルドと同じなのと、外界から来たソニックしか触れなかった事から
何か繋がりがあるかもしれませんが変身が違うのでなんとも言えません。






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー