勇者死す。

part43-182~186


182 :勇者死す。:2008/12/26(金) 21:27:55 ID:Iiz7FF/B0
携帯アプリゲーム「勇者死す。」

【キャラクター】
勇者:魔王ギールを倒した英雄。顔も名前も思い出せない恋人を探している。
勇者の恋人:魔王に攫われていたが現在消息不明。
ユリア:勇者を導く天使。会う度に態度が砕けていく。
ギール:魔王。オープニングで倒されるが、なぜか本編中で復活している。
リュー:亜人種「森人」の女性。人間嫌いだが勇者には一目置いている。
ナオミ:亜人種「穴民」の女戦士。豪快で面倒見のいい性格。
サラ:マーナ教会のシスター。楚々とした女性。
メリーアン:自称天才科学者。破天荒な性格だが時々妙に鋭い。
ビビ:神出鬼没の商人。幼女。
トーマス:勇者に長年仕える執事。
ゾロ:野心の強い戦士。ツンデレ。
フローラ:ロビリア国の王女。勇者に恋焦がれている。
 
183 :勇者死す。:2008/12/26(金) 21:28:37 ID:Iiz7FF/B0
【オープニング】
暗闇の中、膝をつく男に対して、天使ユリアは「勇者さま」と呼びかける。
男は記憶が混濁しているらしい。自分が何者なのか覚えていない。
「あなたは魔王ギールを倒し、ロビリア国を救った勇者なのです」
ユリアの言葉に導かれ、男……勇者は魔王を討った時の事を思い出していく。

(以下回想)
勇者はその日、仲間であるトーマス、リュー、ゾロを引き連れて遂に魔王城へと辿り着いた。
各々魔王を討つべく覚悟を決める四人。しかしそんな彼らに、どこからともなく魔王の声が届く。
「勇者よ、お前のいとしい人はまだ生きている。女の命を救いたくば、ここから先は一人で来い」
かくして、たったひとりで魔王と対峙し、死闘を繰り広げる勇者。
果てしなく続くかと思われた戦いを制し、最後の一撃を加えたのは、魔王ではなく勇者の方だった。
(回想終了)

勇者自身が思い出せるのはここまでだった。
ユリアが言うには、勇者は確かに魔王を倒しが、その代償に死んでしまったらしい。
「それじゃあここは天国なのかい?」
勇者がそう問うと彼女は否定し、周りをよく見るように促してくる。
暗闇が晴れると、そこは勇者がごく慣れ親しんだ、王都グランダムのど真ん中だった。
「あなたの勇気に免じて、神様が特別に五日間だけ再び命を授けて下さいました。
 行方不明の恋人を探すのも、救った町を巡るのもあなたの自由です」

言うべき事を言い終わると、そのままあっさり天へと戻っていくユリア。
いきなり放り出されて戸惑う彼の元に、入れ違いでトーマスがやってくる。
どうやら、勇者が復活した事実は既に国中に知れ渡っているらしい。
トーマスを仲間に加え、勇者はこの五日間を使って恋人を探し出す決意を固める。
 
184 :勇者死す。:2008/12/26(金) 21:30:38 ID:Iiz7FF/B0
【本編】
以後フリーシナリオで国内を巡ることが可能に。
各地の問題を解決したり、仲間を増やしたり、子作りに勤しんだり、自由に行動する事ができる。
ただし時間経過と共に勇者はどんどん衰弱し、五日目になると強制的に死亡。
ED(葬式)では、彼の行動によって参列者やその後の国の歴史が微妙に変化する。

なお、クリア後はクリアデータをロードする事で一日目に戻れるので
真相ルートの発生条件を満たすまで、上記の周回作業を繰り返していく必要がある。
 
185 :勇者死す。:2008/12/26(金) 21:31:09 ID:Iiz7FF/B0
【真相ルート】
ある条件を満たすと、葬式の最後にフローラが現れ
・勇者がただの兵士だった頃から恋焦がれていた事
・勇者の身分を上げるため、彼を魔王討伐に推した事
・魔王を呼び出したのは自分である事
を、告白する。

上記イベントを見た後、再びクリアデータをロードして最初から始めると、
ユリアが「まがまがしい力が再び世界を覆っていくのを感じます」と、不吉な事を言い出す。
またフローラは、勇者が五日以上生きていられる方法を見つけたらしい。
王国に伝わる七つのアイテムを集め、廃都と化したレモイナの最奥に来るよう言ってくる。

指定されたアイテムを集めてレモイナへ向かうと、フローラが一人きりで待っていた。
集めたアイテムを彼女に渡そうとすると、間にユリアが割って入ってくる。
「フローラ王女は、悪しき魔女に取り憑かれているのです」
ユリアの言葉を信じると、フローラは魔女に姿を変え襲い掛かってくる。
「あの時のように……二人揃って絶望の中で死ぬがいい!」

二人で魔女を撃退すると、ユリアは本当の事を語り始めた。
前述の通りフローラ王女に取り憑いた魔女は、集めたアイテムと勇者の身体を使って魔王ギールを再び呼び出し、世界に混沌を撒き散らそうとしていたらしい。
つまりはオープニングや本編中で倒した魔王も、実は元人間。
しかもオープニングで倒している方は勇者の恋人が魔王化したものであり、
勇者の死因も刺し違えたのではなく、恋人を殺めた事に気付いたうえでの自殺だった。
そして神はそんな勇者の境遇を哀れみ、人々の記憶から恋人の存在を消してしまったのだという。

――五日目、いつものように勇者は息を引き取る。
空の上から自分の葬式を見送った彼は、隣に居るユリアへ向かって問いかけた。
「そろそろ教えてくれ。俺の恋人は君なんだろう?」
だが彼女は、人間だった頃の事はよく思い出せなくなっているのだと語る。
だから自分が勇者の恋人だったかどうかは分からない、
けれど勇者さえ良ければ、これから二人で思い出を作って行く事は可能なのだとも。

そうしてユリアはいつもと同じように勇者へ問う。
「恋人は見つかりましたか?」そして、「満足しましたか?」……と。
 
186 :勇者死す。:2008/12/26(金) 21:32:04 ID:Iiz7FF/B0
以上で終了です。
正直なところ、シナリオはあってなきにしもあらずなゲームなんでこれ。

本編中にはユリアやフローラ以外のキャラのイベントもちゃんとあるのですが、
基本的にワンパターンなお使いである事と、
恋人探しという本筋には全く関わらないので独断で省略しました。
もし補足が必要そうな部分があれば、テキトーにお願いします。
 

※Vita版で追加されたシナリオがあります。が、本編から外れた箇所のも増えているようなので割愛!






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー