METAL GEAR AC!D

・要約版:要約スレpart2-476
・詳細版:part43-266~276,278~296


476 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/24(水) 03:17:24 ID:726J/Fjh0
メタルギア アシッド

アメリカの次期大統領ヴィゴ・ハッチ議員の乗った飛行機がハイジャックされた。
犯人は、新型メタルギアの起動ディスクをよこせと言ってきた。
スネークは久々に現場復帰。CIAの老紳士ロジャーと超能力少女アリスがサポートしてくれる。
なんとか南アフリカの研究所に潜入し、メタルギア開発者のフレミング博士を捜索する。
実は黒幕はアリスで、自分を創った連中への復讐が目的。
子供同士を殺し合わせて生み出された洗脳能力者だった。
あと、スネークを自分のものにしたかった。(スネークのようになれと教育されていた)

ヴィゴ・ハッチと一緒の飛行機で娘を人質に取られていたフレミングは、メタルギアを起動する。
しかし、スネークたちの手で破壊された。フレミングは死亡する。

アリスも、フレミングの娘に乗り移っていたアリスと同じ能力者に殺された。
飛行機に乗っていたヴィゴ・ハッチも結局殺される。(ハイジャックの実行犯は彼の秘書だった)
何はともあれ、任務も終わったスネークは中断していた登山に向かった。

実は更に黒幕が居て、そいつはロジャーの部下。今回の事件を全てハッチ議員のせいにした。
「俺もスネークに興味がわいた。奴が欲しい」と言っておしまい。



266 :METAL GEAR AC!D:2009/01/11(日) 17:58:26 ID:FrL9L4EzO
2016年、アメリカ合衆国次期大統領候補ヴィゴ・ハッチ議員が乗った旅客機が、不気味な操り人形によってハイジャックされた。
機内には筋弛緩ガスが充満し、さらに一定高度以下になると爆発する爆弾まで仕掛けられた。

人形達はハッチの命と引き換えに『ピュタゴラス』という謎の存在の譲渡を要求。10時間以内に渡さなければ、議員を含む517名を一斉に殺害すると声明した。

政府は、それがモロニ共和国に属するロビト島のロビト理化学研究所での研究プロジェクトであること、責任研究員がフレミングという博士であることを突き止める。

しかし、研究所自体は、モロニ共和国に多額の支援を送っている大型複合企業BEAGLEによって管理されていた。
BEAGLEは『ピュタゴラス』の公開、フレミング博士の引き渡しを拒否。BEAGLEの支援を頼るモロニ共和国もまた、それに追従した。


事態を重く見た政府は、CIAのロジャー・マッコイ大佐に事態の解決を計らせる。
ロジャーは、アウターヘブンを陥落させた傭兵ソリッド・スネークを召還。
身体機能調整機器『CHAIN』を搭載したスニーキングスーツと共に、スネークは再び潜入任務に挑む。

潜入にあたり、ロジャーはエスパー少女アリス・ヘイゼルをスネークに紹介する。
強力な遠隔透視能力を持つ彼女は、FBIで200人以上の行方不明者を発見した実績を持っていた。一切不明な研究所内での任務を、透視能力でサポートするという。
いまいち信用しきれないスネークだったが、潜入を開始する。


研究所内はレオーネという男が率いる傭兵部隊に占拠されていた。先に潜入し、合流するはずだった特殊部隊HRTとも連絡がつかなかった。

そんな中、HRTの緊急用周波数を使い、研究員ゲリー・マーレーから、スネークに無線が入る。
ゲリーによると、謎の部隊は突如島に出現し、所員を軟禁、研究について調査しているらしい。
辛くも逃げ延びた彼は、部隊から隠れてHRTの無線で助けを求めていたのだった。彼によると、HRTは全滅したらしかった。
しかし、彼はフレミング博士の行方も知っていた。フレミング博士の居場所を探るため、スネークはゲリーの救出に向かう。


267 :METAL GEAR AC!D:2009/01/11(日) 17:59:15 ID:FrL9L4EzO
潜入にあたり、ロジャーはエスパー少女アリス・ヘイゼルをスネークに紹介する。
強力な遠隔透視能力を持つ彼女は、FBIで200人以上の行方不明者を発見した実績を持っていた。一切不明な研究所内での任務を、透視能力でサポートするという。
いまいち信用しきれないスネークだったが、潜入を開始する。


研究所内はレオーネという男が率いる傭兵部隊に占拠されていた。先に潜入し、合流するはずだった特殊部隊HRTとも連絡がつかなかった。

そんな中、HRTの緊急用周波数を使い、研究員ゲリー・マーレーから、スネークに無線が入る。
ゲリーによると、謎の部隊は突如島に出現し、所員を軟禁、研究について調査しているらしい。
辛くも逃げ延びた彼は、部隊から隠れてHRTの無線で助けを求めていたのだった。彼によると、HRTは全滅したらしかった。
しかし、彼はフレミング博士の行方も知っていた。フレミング博士の居場所を探るため、スネークはゲリーの救出に向かう。


268 :METAL GEAR AC!D:2009/01/11(日) 18:00:02 ID:FrL9L4EzO
アリスを信用しないスネークは、彼女としばしば諍いを起こしていた。
するととうとう彼女は、ロジャーの元から消えてしまう。

臍を曲げさせるなというロジャーの注意も聞かず、敵の監視をくぐり抜け、スネークはゲリーと接触する。
彼によると、フレミング博士は島東部の居住区に移送されたらしかった。

スネークはひとまずゲリーをおいて、東部居住区へ向かう。


一方その頃旅客機内では、機長と副機長が惨殺され、胸に数字をかたどった傷をつけられていた。
ハッチ議員と秘書のレナは、機内に『No.16』が潜んでいる疑いを抱く。

そんな中2人は、後ろの座席に1人で座っていた少女ミネット・ドネルと接触。筋弛緩ガスが充満して身動きがとれない中、比較的ミネットは症状が軽かった。
ハッチは何とかホワイトハウスと連絡をとり、透視能力を持つアリス・ヘイゼルに無線でミネットをサポートさせ、機内に仕掛けられた爆弾を解体させようと試みる。

アリスに叱咤され、ミネットは単独、機内で行動を開始した。

269 :METAL GEAR AC!D:2009/01/11(日) 18:01:24 ID:FrL9L4EzO
スネークが居住区に到着すると、アリスはロジャーの元に帰ってきた。
しぶしぶアリスの指示通り進むスネークだったが、いきなりアリスが、スネークの頭が銃撃で弾け飛ぶ予知幻像を見たと言い出す。

このフレミングは囮ではないかと訝しみながらも進むスネーク。
すると途中、所員しか通れないというセキュリティを解除する段になって、スネークが『ハンス・ディヴィス』として既に登録されていた事がわかる。もちろんスネークは研究員であった過去はないし、『ハンス・ディヴィス』と名乗ったこともない。
ますます謎が深まる中、スネークはついにフレミングを発見する。

しかし案の定、これは罠だった。レオーネ率いる部隊に囲まれ、スネークは窮地に陥る。

270 :METAL GEAR AC!D:2009/01/11(日) 18:02:24 ID:FrL9L4EzO

「貴様の任務は失敗だ」
そういうとレオーネは、必要であるはずのフレミングを撃ち殺してしまう。
驚くスネーク。レオーネは彼も始末しようとする。

しかし、スネークの窮地を、『アゲハチョウ』と名乗る謎の女性兵士が救う。
スネークは女性と共に辛くも脱出した。


彼女の名はテリコ・フリードマンと言った。HRTの唯一の生き残りであり、ロジャーの元部下でもあった。
テリコによれば先のフレミングは偽物であり、本物はBRC-026という施設に監禁されているらしかった。

だがそうなると、ゲリーの証言は間違っているどころか、スネークを敵の罠に放り込むものだったことになる。

ゲリーを疑う2人。しかしゲリーから無線が入り、濡れ衣だと訴える。様子を見る限り、どうやら偽情報をスネークに与えるために上手く使われただけらしかった。

ともあれ、フレミングの居場所はわかった。内部に詳しいというテリコと共に行動することを決め、スネークは再び潜入を開始した。


271 :METAL GEAR AC!D:2009/01/11(日) 18:03:15 ID:FrL9L4EzO
その頃機内では、ミネットが貨物室を捜索していた。

爆弾を探すなら透視能力を使えばというミネットに、アリスは『気になることがあって集中できない』と言う。
どうやら彼女は、死体に刻まれた数字に心当たりがあるらしかった。


一方、倉庫に到着した2人は、倉庫に充満する異臭に気付く。さらに、スネークが頭痛を訴え始めた。

ロジャーは『ハンス・ディヴィス』についてスネークに報告する。
彼は、ハンスがBEAGLEから出向してきた研究員であること、研究所の中心人物としてフレミングの上に立ち、研究所全体を動かしていたことを話す。

また、この研究所は、極秘に人間を拉致し監禁、戦意高揚剤の実験台にしていたこと、近域諸国の子供が研究所に大勢つれて行かれていたことも判明する。

まさか子供を実験台に?
訝しむ2人に、ゲリーから無線が入る。

272 :METAL GEAR AC!D:2009/01/11(日) 18:04:01 ID:FrL9L4EzO

子供らを閉じ込めて殺し合わせる『コドクの儀式』が行われていたのはその倉庫じゃない。そこは単なる遺体安置所だ。
研究されていたのは戦意高揚剤などではない、『ACUA(アキュア)』という新薬である。『ピュタゴラス』などより価値のある新薬、自分はフレミングに暗号を解除させて、それを狙っているのだ。


先の怯えた様子とは打って変わり、朗々と話すゲリー。

不審がるスネークに、さらにゲリーは「ハンス・ディヴィスについてもNo.16についても知らないらしいな。ソリッド・スネークについても知らないんだろう」と、妙なことを言い出す。


お前は何者だという問いにもこたえず、ゲリーはさらに研究所の秘密をさらけ出す。


『ピュタゴラス』とは、メタルギアである。


2人は驚く。研究所では、メタルギアの研究が進められていたのだ。

ゲリーは、2人を囮にして自分はACUAを手に入れ、フレミングの居場所を知ったのだった。後はフレミングにACUAのデータの暗号化を解除させて売り飛ばすだけだ、と言い捨て、彼はフレミングの居場所へ向かってしまった。

273 :METAL GEAR AC!D:2009/01/11(日) 18:04:52 ID:FrL9L4EzO
ゲリーより先にフレミングにたどり着こうとする2人。
そんな中、スネークの頭痛はさらに増し、「ハンス…ハンス…」という幻聴までが聞こえはじめていた。

頭痛を振り払いつつ、2人は協力して、とうとうフレミングを見つけ出す。

しかし、そこにいたのはゲリーだった。
既にフレミングを始末してしまったのかと問うスネークに、ゲリーは、自分こそがフレミングだと明かす。

驚くスネークに、フレミングはさらに、「あなたはハンスだ。お帰りなさい」と言う。

すると突如頭痛が起こり、スネークの脳裏に、ハンス・ディヴィスとなって子供達を実験台に使っている映像が浮かぶ。

自分はハンス・ディヴィスだったのかと驚くスネークは、フレミングにACUAのことを問い詰める。

しかし、先の無線での会話もスネークの記憶を調べるための芝居であり、元々ACUAは2人で作り上げたものであると言う。

フレミングはさらに語る。

ハンスはBEAGLEの幹部であること。BEAGLEは表向きは途上国支援をしているが、実態は武器の輸出で暴利を貪る権力者の集合体であること。モロニの内紛もBEAGLEの差し金であること。

2人で新型メタルギアを開発したこと。

274 :METAL GEAR AC!D:2009/01/11(日) 18:07:36 ID:FrL9L4EzO
どんどん記憶を取り戻すスネーク。

伝説の傭兵スネークは、新薬による強化兵士の雛型だった。そしてスネークも、自らの後継者を探していた。そんな中、ロビト島の計画を知った彼は、BEAGLEに誘われ、ハンス・ディヴィスとなり、計画に加わったのだった。

フレミングは何故失踪したのかを問う。
混乱し、なおもハンスであることを否定しようとするスネークに、フレミングは、「無線でスネークは『ネオテニー』発言した。その言葉を知っているのは自分とハンスだけである」と訴える。

フレミングは語る。
「コドクの儀式に生き残り、ネオテニーとなったのはNo.16だ。『名を識る者』にACUAを投与すれば、それらは皆、No.16の支配下におかれる」
「No.16は私たちに復讐を考えている。私の娘コンスタンスが乗った旅客機がハイジャックされた」

頭痛で朦朧とする上、意味のわからないことをいわれて混乱するスネーク。


さらにフレミングは、『ピュタゴラス』のデータディスクを取り出した。これも彼が持っていたのだ。

「これも自分とハンスのものだ。その上、ハンスによって高度に暗号化されている。今はまだ、記憶が戻るまでスネークには渡さない」

275 :METAL GEAR AC!D:2009/01/11(日) 18:08:20 ID:FrL9L4EzO
「しばらくスネークの振りをして行動をしてほしい。レオーネとスネークがやり合っている間に、自分が全てを片付け、No.16との決着をつける」

そう告げるフレミング。しかし間一髪でテリコが到着、フレミングを銃撃する。
足止めには失敗し、フレミングは逃走したものの、『ピュタゴラス』のデータディスクを落としていった。

ついに手に入れたと喜ぶテリコ。しかし、フレミングとスネークの会話を全て聞いていた彼女は、スネークに嫌疑がかかっているとしてデータディスクを渡さなかった。

暗号化が解除出来ないままではテロリストの要求を満たせない、テロリストは“裸の”ピュタゴラスを要求している、と言うスネークに対しテリコは、島からの脱出が先だ、と、不自然なほどに強く意見する。

結局、BRC-026からの脱出が先だと決断し、2人は施設からの脱出を計る。

276 :METAL GEAR AC!D:2009/01/11(日) 18:09:14 ID:FrL9L4EzO
一方、ロジャーの部下のチャールズ捜査官は、ハイジャック犯に殺された遺体に刻まれた数字が、アルファベットでSNAKEを表していたことを突き止め、ハイジャック犯はスネークの起用を最初から狙っていたのではないか、とロジャーに相談する。

さらに彼は、その要求通りスネークがすんなり起用されたことから、責任者であるロジャーに疑いを抱いていた。
また、スネークが果たして本当に、アウターヘブンを陥落させたソリッド・スネーク本人であるかどうかにも。

今回の事件をBEAGLEのメタルギア開発を暴くチャンスであると考えるチャールズは、スネークを監視した方がいいとロジャーに忠告するのだった。



脱出途中、スネークとテリコはレオーネの襲撃を受ける。
戦闘の中、レオーネは元米軍であり、ジェフ・ジョーンズが本名であると明かす。彼はBEAGLEに復讐心を抱いていた。ある日何者かからの情報によって『ピュタゴラス』の存在を知り、奪取してBEAGLEを揺さぶるため、研究所を襲撃したのだった。

辛くも撃退した2人は、敵の追撃をかわし、何とか脱出に成功する。

278 :
METAL GEAR AC!D:2009/01/11(日) 18:10:02 ID:FrL9L4EzO
結局2人は、暗号化が解除出来ない以上、このままテロリストには渡せないと結論づけた。再度フレミングを確保すべく、2人はFARと呼ばれる施設へ向かう。

しかし、FARへ向かう途中、テリコがデータディスクを持ったまま逃走、道を塞いでしまう。

困惑するスネーク。ロジャーは、彼女がテリコでないことを見抜いたが、既に確保は不可能だった。『アタシはアゲハチョウ』と言い残し、彼女は去ってしまった。

ロジャーは、レオーネ部隊にも政府にも属さない、BEAGLEが独自に派遣した兵士がいると話す。
彼女の名はラ・クラウン。変装と催眠術の達人であった。
ロジャーは、自分たちがテリコだと思っていたのは、『ピュタゴラス』の奪還を命じられたラ・クラウンだったのではないかと推測する。

スネークはすぐさま彼女を追う。アリスによると、北部に位置するFARへ逃げたはずの彼女は、西部のエブロ・タワーに逃げ込んでいた。

279 :METAL GEAR AC!D:2009/01/11(日) 18:10:51 ID:FrL9L4EzO
催眠術によるトリックをくぐり抜け、スネークはタワー最上階を目指す。

しかし途中、エレベーターに乗る間際にまたも頭痛に襲われる。さらにロジャーから、衛星写真で別の場所にスネークの姿が確認されたという報告が入る。

混乱するスネークの前に、エレベーターから自分と生き写しの姿をした男が現れる。
スネークを見て訝しがる男。彼は自分をハンス・ディヴィスであると言う。

ラ・クラウンの変装だと確信し銃を構えるスネークに、ハンスは「自分とスネークはドッペルゲンガーだ、お前は私、私はお前だ」と語る。

急いでロジャーに連絡するが、スネークの前には誰もおらず、さっきからスネークは独り言を話していると言う。

自分がハンスであることを薄々自覚し始めるスネーク。結局発砲出来ず、ハンスは目の前から姿を消す。

動揺するスネークだったが、ともかくラ・クラウンを倒すため、最上階に乗り込む。

280 :METAL GEAR AC!D:2009/01/11(日) 20:37:07 ID:FrL9L4EzO
最上階はラ・クラウンによってトリックが仕掛けられた区画だった。さらに、テリコの外見をした女が軟禁されていた。アリスが察知したのはこの女であり、ラ・クラウンであるかどうかはわからなかった。

彼女によれば、どちらか勝った一方だけしか区画から出られないという。
本物か否かの区別は後回しにし、スネークは女と戦闘し勝利、爆破され始めた区画から共に脱出する。

脱出後、女を尋問するスネーク。しかしアリスの能力によって、彼女こそが本物のテリコであると判明する。
伝説の兵士スネークとの邂逅を喜ぶテリコ。しかしスネークは、症状がさらに悪化、ハンスの声が脳裏に走るようになっていた。

大丈夫だと言い張り任務を続行するスネーク。しかしアリスとロジャーは、彼がハンスとの二重人格なのではないかと疑い始めていた。

281 :METAL GEAR AC!D:2009/01/11(日) 20:38:01 ID:FrL9L4EzO
その頃ミネットは、ついに爆弾を発見。コードを切断し、アリスの指示を頼りに解体にとりかかった。


スネークとテリコは武器庫で武器を調達する。
すると、先ほどまでいたゲリラ兵士達を、見たことのない武装の兵士達が掃討するのを見かける。さらに、「バディ(味方、の意)」と名乗る謎の人物から、レオーネと手を組めという無線連絡が入る。

ゲリラを攻撃したのは、新薬ACUAを投与されて恐怖心が失われた新部隊の兵士達だ。レオーネ部隊はこのままでは全滅する。そうなるとスネーク達2人だけでACUA兵と戦わなくてはならなくなる、と。

そういうとバディは無線を切ってしまった。バディの正体を怪しみつつも、2人はFARへ向かう。


2人は北部への吊り橋を渡る途中、ボロボロになったレオーネとその部隊と鉢合わせる。バディの言うとおり、レオーネの部隊は、変装して紛れ込んでいたACUA兵によって壊滅させられたのだった。
今も、フレミングによってACUAを投与されたACUA兵達が、島全体を見張っているという。



282 :METAL GEAR AC!D:2009/01/11(日) 20:39:12 ID:FrL9L4EzO
レオーネによれば、ACUAを投与された兵士は自我を喪失し、『ネオテニー』の操り人形となるらしかった。

この島の研究の目的は、自我のないまま、命令だけを忠実にこなす人間兵器『ACUA兵』と、それを自由に操る『ネオテニー』の両方の開発だった。
BEAGLEが世界中から超能力を持った子ども達をさらったのは、『コドクの儀式』と呼ばれる実験で互いに殺し合わせ、生き残った者を『ネオテニー』とするためだったのだ。

またレオーネによれば、ラ・クラウンはやはり、『ピュタゴラス』とフレミングを護るためにBEAGLEに雇われた傭兵だったらしい。


さらにレオーネは語る。最終的に『ネオテニー』となったのは、被験者『No.16』であり、ACUAを使って見張りを操り、実験直後にロビト島を脱走していた。

ハイジャックをおこしたのが『No.16』であることは間違いない。『No.16』は、BEAGLEや研究所を、そして全ての元凶であるハンスを苦しめたがっている。
ハンスへの復讐だけが、目的なのだ。

283 :METAL GEAR AC!D:2009/01/11(日) 20:40:11 ID:FrL9L4EzO
そして今また、『No.16』はACUA兵を起動し、スネークを攻撃しようとしている。
スネークがハンスだからなのだろうか。レオーネにきいても、ハンスの正体はフレミングしか知らないだろうということだった。


FARへ向かおうとするスネークに彼は、FARの警備システムは厳重過ぎて潜入不可能だ、しかし自分達と組めば何とかなる、と持ちかける。

レオーネは『ピュタゴラス』さえ手に入れば、その公表によってBEAGLEの幹部を少しでも葬ることが出来れば、それでいいと言うのだ。


ロジャーとスネークは相談の上、警戒は怠らずとも、協力することに決める。
そして、レオーネの作戦通り、FARの警備システムをダウンさせるため、動力源である発電所へと向かう。

284 :METAL GEAR AC!D:2009/01/11(日) 20:55:02 ID:FrL9L4EzO
発電所内を進む内に、No.16の思惑も明らかになっていく。

フレミングがメタルギアを起動したのもNo.16の命令だった。メタルギアで核を打ち込み、その罪をBEAGLEとハンスに着せる気なのだ。

レオーネが島を襲撃したのも、バディ・すなわち恐らくはNo.16の差し金だった。レオーネは、また陥れられたと嘆く。

レオーネの部隊は、過去にモロニの内紛に参加していたが、その時もACUA兵によって敗北していた。内紛を長引かせ、BEAGLEがより多くの利潤を得るために召還され、利用されただけなのだった。



そうこうしている内に、発電所制御室にたどり着いたスネークとテリコ。
2人が電源を落としてから予備電源が入るまでに、レオーネが電源の落ちた監視システムをくぐり抜け、事前に調べたパスコードを入力、ゲートを開く作戦である。

電源を落とし、レオーネに合図するスネーク。しかし、これは敵の罠だった。パスコードは既に変更されており、ゲートは開かず、レオーネはフレミング率いるACUA兵に拘束されてしまった。

285 :METAL GEAR AC!D:2009/01/11(日) 20:56:01 ID:FrL9L4EzO
「私はコンスタンスなしでは生きられない、全部奴が悪い、奴とハンスが悪いんだ」

レオーネを拘束し、無線でロジャーに語るフレミング。しかし、アリスが「娘を人質にとられたのか」ときいた途端に、動揺した様子で無線を切ってしまった。

ロジャーは、レオーネが失敗したことをスネークに告げた。侵入はもう不可能になってしまったのか。

しかしアリスが、施設地下を走る下水道の存在に気付く。
テロリストの提示したタイムリミットまであとわずか。電源の落ちた施設内での索敵戦を制し、スネークとテリコは下水道を目指す。


下水道の入り口で、またもバディから無線が入った。
これ以上進めば「スネーク」としての全てを失い、ハンスになってしまう。引き返せ、と。
しかし、バディの横から少女の声が割り込んだ。
進むしかない。それ以外に道はない、と。
少女はバディと言い争う。どうやら少女こそがNo.16らしかった。

そうこうしている内に通信は途絶えてしまった。例によってロジャー達には確認されていなかった。


困惑を抑え、スネークは下水道へ侵入する。

286 :METAL GEAR AC!D:2009/01/11(日) 20:56:52 ID:FrL9L4EzO
一方機内では、ハッチが恐ろしいものを見つけていた。
レナがつけていたペンダントは実はピンマイクで、彼女の荷物からガスマスクも見つかったのだ。さらに、レナはロビト島の研究プロジェクトに参加していた過去があった。
疑いを強めるハッチ。結局レナは、BEAGLE幹部の1人エミリオの命令で、ハッチをNo.16に差し出すため、今回のハイジャックを起こしたと告白した。


ミネットは、アリスと協力し、とうとう最後のコードに取りかかっていた。ミネットとの絆が深まっていたアリスだったがしかし、ミネットのある言葉に動揺し始める。

一方スネーク達は、無事FARに潜入していたが、ロジャーとの通信がとれなくなっていた。
無線を調べる時間はない。ともかくハンスかフレミングを探し始める2人。

しかしその直後、アリスからテリコに通信が入る。
何と、ロジャーはスネークの仲間に捕らえられた、自分は危険を予知して隠れている、と言うのだ。

驚くテリコにアリスは続ける。
スネークとハンスは二重人格であるのは間違いない。
No.16に『ピュタゴラス』を要求されたハンスは、HRTや第三者にそれが渡らないよう、もう1人の人格であるスネークを投入したのだ、と。

287 :METAL GEAR AC!D:2009/01/11(日) 20:57:30 ID:FrL9L4EzO
ハンスは、スネークがデータを手に入れた時点ですり替え、ロジャー達に偽データを渡した後、本物をNo.16に渡すつもりだった。しかし、アリスとロジャーが感づき始めたため、帰還する前に2人を処分しようとしているのだ。

アリスは、ロジャーは過去の過ちから無理にスネークを信じようとしていたこと、それをまんまとハンスに利用されたことを告げる。
また、ハンスの意志が段々大きくなり、スネークの人格が消え始めていることも。

ハンスが覚醒すれば、メタルギアを奪取し行動を開始してしまう。その前にスネークを殺し、ハンスを止めるよう懇願するアリス。
しかし、銃声と共に、通信が途絶えてしまった。

動揺するテリコ。だがスネークに始終を告げる事ができず、共に潜入を再開する。

288 :METAL GEAR AC!D:2009/01/11(日) 21:01:11 ID:FrL9L4EzO
潜入を続ける2人の前に、ACUAを投与されて正気を失ったレオーネが立ちはだかる。
死闘の末、彼を打ち倒したスネーク。最後にレオーネは正気に戻り、「『俺ではない』とロジャーに伝えてほしい」と言い残し、死亡した。

さらに潜入を進めるスネークの前に、偽テリコ、もといラ・クラウンが現れる。催眠術でテリコを操り、自分と本物の区別をつかなくして戦闘を仕掛けるが、スネークはこれを見抜き勝利する。

ラ・クラウンは、幼い頃の火事で顔にアゲハチョウの形の火傷を負ったことで、変装に手を出していた。
彼女はメタルギア格納庫への道をスネークに教える。
ここで死ぬということは自分は主人公ではない、最後に主人公に協力して死んでいく悪役なのだ、という理由で。
さらに、スネークも自分も、ある理由でNo.16には操れないことを伝え、死亡する。


ラ・クラウンの遺体から漂う香水から、テリコは火事で父が死んだ時のことを思い出す。テリコの父は、何者かがラ・クラウンを雇って殺させたのだった。


『ピュタゴラス』のデータを回収し、格納庫へ向かおうとするスネーク。しかしとうとうテリコは、先のアリスの通信の内容を伝え、ハンスなのではないかとスネークを問いただす。
しかし、わからないのはスネーク自身も同じだった。「俺を信じるか」と逆に問われて悩むテリコ。しかし、最終的にテリコは憧れの英雄を信じると決め、潜入を再開する。

289 :METAL GEAR AC!D:2009/01/11(日) 21:24:14 ID:FrL9L4EzO

2人はついにメタルギア格納庫にたどり着く。
外部からの破壊は困難とみたスネークは、上部ハッチから内部に侵入し、破壊する作戦をとる。

しかし、突入直前でハンスの意識が覚醒、スネークは豹変してしまう。
フレミングからアナウンスがかかり、スネーク、もといハンスに語りかける。ハンスの覚醒を喜ぶフレミング。しかしハンスは、フレミングに罪を着せて核を発射し、BEAGLEに打撃を与えると言い出す。
フレミングはたじろぐが、話している人格はハンスでもスネークでもない、No.16であることに気付く。

テリコも挑発するNo.16。
しかし、フレミングが激昂しメタルギアを起動、テリコがハッチ内に落下し、No.16は振り落とされてしまった。



スネークは落下の衝撃で正気を取り戻す。そこにロジャーから無線が入る。
無事だったのかとスネークは尋ねるが、長時間無線が途絶えていただけだった事が判明する。


混乱が深まる中、フレミングはNo.16に、コンスタンスを返さなければ故郷の島に核を打ち込むと叫ぶ。

テリコは内部から、スネークは外部から、メタルギアとの戦闘を開始した。
290 :METAL GEAR AC!D:2009/01/11(日) 21:29:24 ID:FrL9L4EzO
戦闘の末、スネークとテリコはメタルギアに勝利。フレミングはコンスタンスを想いながら倒れ、メタルギアは沈黙した。

喜ぶ2人に、ロジャーとアリスから無線が入る。驚くテリコ。

彼女を尻目にアリスは、スネークはハンスになってくれない、残念だ、と語る。

ロジャーは既に真相を掴んでいた。
アリスがNo.16だったのだ。


彼女は遠隔透視ではなく、実験台にされていた時の記憶を頼りにスネークをサポートしていた。スネークが見たもう1人の自分も、ハンスなどではなく変装したフレミングだった。
全てアリスがフレミングを使って仕組んでいたのだ。


アリスは明かす。スネークはハンスなどではない。

スネークは、実験台にされた子供達の雛型であり、憧れの対象だった。
アリスは、スネークをハンスにするために、CHAINを通してACUAを投与し、暗示をかけていた。スネークの脳裏に走ったハンスの意識は、全てアリスの暗示だったのだ。



291 :METAL GEAR AC!D:2009/01/11(日) 21:29:57 ID:FrL9L4EzO

さらにアリスは、自分は外見こそNo.16だが、中身は被験者No.104であると言う。儀式はNo.16が勝ち残ったが、自分が霊体だけになって乗り移った、と。

アリスは激昂するロジャーを撃ち、さらに、ACUA兵を使って研究所全体を爆破すると言い出した。

2人は急いで脱出する。

機内では、ハッチが殺害されていた。もちろん殺したのはレナだった。エミリオと組んでいたというのは嘘で、本当は彼女もアリスの手下だった。

そしてレナは、解体に成功したミネットを見つけ出す。
当初、アリスはミネットに間違った解体法を教えて旅客機を爆破、保存された会話内容から、爆破をミネットのミスによる『避けられぬ悲劇』として仕立て上げるつもりだった。
しかし何故か、アリスは途中で正しい手順に変え、解体させてしまった。

訝しがりながらも、レナはミネットに真実を告げ、始末しようとする。

ミネット・ドネルはアリスが刷り込んだ架空の人格であり、ミネットの正体はフレミングの娘、コンスタンス・フレミングである、と。
292 :METAL GEAR AC!D:2009/01/11(日) 21:30:47 ID:FrL9L4EzO
スネークは、最後にロジャーと話させるようチャールズに頼む。

スネークが「俺ではない」というレオーネの伝言を伝えると、ロジャーは全てを悟った。
ロジャーの『過去の過ち』……自らの部隊に潜む内偵者を探した末、無実の部下を糾弾した事件。レオーネ――ジェフ・ジョーンズは、その部下だった。
ロジャーが今回の任務に志願したのは、レオーネの存在を知り、謝罪しようとしたからだったのだ。

謝罪出来なかったことを悔やみつつ、ロジャーは搬送されていった。

チャールズは、BEAGLEの内偵者としてロジャーを疑っていたことを恥じた。そして、ジャンボ機が無事着陸すること、BEAGLEの内偵者は自分が必ず倒すことを告げると、スネークを帰りのヘリへと案内するのだった。




293 :METAL GEAR AC!D:2009/01/11(日) 21:32:14 ID:FrL9L4EzO
時間を前後して、機内では、レナがコンスタンスに刺し殺されていた。

コンスタンスは語る。アリスは、No.104に乗っ取られたと錯覚しただけで、心も体もNo.16である。
肉体を失った自分はさまよった挙げ句、コンスタンスに乗り移り、彼女の意識を消滅させ、肉体を乗っ取った。そして、自分をNo.104だと思いこんでいるアリスと“遊んで”あげたのだ、と。

アリスが死亡したのは、コンスタンスが能力を使い、レナの意識を逆流させたからだった。

コンスタンス―No.104もまた、ネオテニーだったのだ。




294 :METAL GEAR AC!D:2009/01/11(日) 21:33:36 ID:FrL9L4EzO

ヴィゴ・ハッチ上院議員はBEAGLE幹部のエミリオであり、またロビト島の研究所を牛耳っていたハンス・ディヴィスであった。

チャールズはそうマスコミに公表し、それらしい証拠を散在させた。


もちろん実際は、ハッチはただのダミーであった。アリスもフレミングも皆、真相を知らないまま死んでいった。真の黒幕であるエミリオ、そしてハンス・ディヴィスとは、スネークでもハッチでもない。


他ならぬチャールズ・シュマイザーこそが、ハンス・ディヴィスであった。

肥大化したBEAGLEは、彼にとってもはや無用の長物だった。彼はハッチに全ての罪を着せてメタルギアを公表し、BEAGLEの壊滅をもくろんでいたのだ。


万事を思い通りに動かしたチャールズは、満足げに何者かに語る。
自分はスネークが欲しい。No.16などとは比べ者にならない、最高のネオテニー素体だ…と。
295 :METAL GEAR AC!D:2009/01/11(日) 21:35:54 ID:FrL9L4EzO

全てが終わった後、浜辺で迎えのヘリを待ちながら、スネークとテリコは話していた。

アリスは、仲間と自分が殺し合っている『儀式』の映像を、ハンスの記憶としてスネークに見せていた。
もしかしたら彼女は、その凄惨な記憶を憧れのスネークに共有してもらうことで、少しでも安らぎを得たかっただけなのかもしれない。

帰還後スネークは、作戦のせいで中断してしまった登山を再開するという。
それを聞いたテリコは、憧れの英雄と一緒に、自分も行く約束を取り付けるのだった。

296 :METAL GEAR AC!D:2009/01/11(日) 21:37:09 ID:FrL9L4EzO


以上…長い且つわかりにくくてすまんかった。

携帯で頑張ったんだよ!うわああああん!






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー