ロックマン ゼロ3

part13-615


615 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/22(火) 21:35:23 ID:YYg++oTx
Rockman Zero3
2から数ヶ月、レジスタンスはダークエルフと同じ反応を探知し、墜落した古い宇宙船の調査に来ていた。
ゼロが船内に向かうと巨大なレプリロイド・オメガが居座っており、先に調査に来ていたネオ・アルカディアの四天王と戦闘中。
一時休戦して追い込むが、そこにかって追放された狂科学者、Dr.バイルと、倒したはずのコピーエックスが現れる。
バイルは「その体でどこまでできるかな?」と意味深な言葉を残し、オメガと共に去っていった。
コピーエックスはバイルと、その配下のバイル・ナンバーズに対レジスタンスの全権を委任。四天王は降格。
かくして三度ゼロはレジスタンスのために戦うことになる。
バイル・ナンバーズを倒していくも、バイルは行方不明だった双子のベビーエルフを懐柔、
また人間の居住区にミサイルを落としてまでダークエルフ(親)をいぶり出し、オメガに吸収させる。
この惨事にハルピュイアは激怒。オメガに立ち向かうも返り討ちにあってしまう。
重傷のハルピュイアとともに、ベースへ戻るゼロ。
ゼロは再びネオ・アルカディアに侵入し、バイルの撃退を決意。
最深部でコピーエックスを倒すも、バイルの姿は見当たらない。
バイルはコピーエックス暗殺を大仰に宣伝し、(遺志を継いだ)ネオ・アルカディアの首領となってしまった。
また完全となったオメガの力により、レジスタンスのレプリロイドまでもが操られてしまう。
この危機にようやくエックスが登場。彼の力で事態は収拾。
かって世界を滅ぼしかけた妖精戦争。その時エックスはダークエルフを操るバイル,オメガと戦い、打ち勝ったのだとか。
バイルの挑戦を受け、アルカディア地下でオメガと戦い、破壊するゼロ。
だがオメガの巨大な外装の中から現れたのは、他ならないゼロ自身だった。
「お前はオリジナルではなく、単なるゼロのコピーに過ぎないのだ!」と嘲笑するバイル。
かつての戦いで破壊されたオメガを、バイルはゼロのオリジナルボディを使って甦らせていたのだ。
強力なオリジナルゼロ・オメガと戦って追い込むも満身創痍。オメガはダークエルフの力を受け甦ろうとしている。
万事休す、というところで四天王が駆けつける。彼らの応援を受け立ち上がるゼロ。
コピーのままでいいというのかと問うバイル。しかしゼロは最後の力を振り絞り、オメガを斬り捨てる。

「バイルの脅威は去っていない。これから世界を任せたい」と告げ消えるエックス。
どうやら世界に留まることが困難になってきたらしい。
オメガが破壊されたことで、ダークエルフに掛けられた呪縛も解け、元の姿・マザーエルフとなって去っていく
平然としているゼロだったが、シエルは「ゼロはゼロ以外の何者でもない」と励ます。
ゼロは「シエル…ありがとう。」と珍しく礼を言い、決意を新たにするのだった。






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー