ゲームセンターCX 有野の挑戦状

part44-394~399


394 :GCCX~ガディアクエスト:2009/03/20(金) 13:23:15 ID:/wu3MyL00
ゲームセンターCX 有野の挑戦状の
ガディアクエストのストーリーの要望があったようなので書きます。

有野の挑戦状はゲームinゲームで、ファミコンテイストのゲームが8本入ってます。
そのうちの1本がRPGの「ガディアクエスト」です。
プレイ感覚ドラクエ、ストーリー展開メガテンのニュートラルルート的な感じ。
なお、プレイすると大体10時間未満でクリアできるという短さです。
ストーリーは、要約すると3行で終わります。
よって、少し詳しく書こうと思います。(要約は最終レスで書きます)

395 :GCCX~ガディアクエスト:2009/03/20(金) 13:24:48 ID:/wu3MyL00
主人公の3兄弟は、王様に呼ばれ話を聞く。
冥界の者たちが地上界を滅ぼそうとしており、姫をさらっていったという。
冥界に続くデモンズダンジョンへ行き、冥界の王を倒して地上界を救ってくれと言われる。

デモンズダンジョンの最下層へ行く道は、扉で閉ざされており行けないので、
仕方なく別の道でいけるところまで行ってみると番人がいた。
「古の盟約を破り、闘いを挑むと言うのか!」と言われるが問答無用で倒す。
するとヘブンズキーを渡されてこんな言葉を残された。
「ヘブンズタワーを登るがよい。いずれこのデモンズダンジョンにある扉の鍵も手に入る。
遠回りだと思うだろう?古の盟約を破ろうというのだ。簡単に先へ進めるなどと思うなよ」

過去、3つの間に激しい戦いが起こり、世界のバランスが崩れて滅びかけたとき、主人公の祖先が救った。
そして盟約を結んで扉の鍵を天界・冥界で交換し、関係を断絶した。
そのため、冥界の扉を開くためにヘブンズタワーに行かなければならない。

396 :GCCX~ガディアクエスト:2009/03/20(金) 13:25:40 ID:/wu3MyL00
ヘブンズタワーを登っていくと、番人がいた。
「戦って強くなってまた敵を倒して…それで何が変わると言うのだ」などと言われるが問答無用で倒す。
すると、デモンズキーを渡されてこんな言葉を残した。
「お前たちはかつて勇者が残した答えを全く理解していない。
この鍵で開く扉の先に進めばどんな変化をこの世界にもたらすか、いずれわかるだろう。
その責任は、地上の人間たちが負わねばならん。後悔することなど許さんぞ…!」

再びデモンズダンジョンに入り、閉ざされていた扉を開いて最下層へと向かう。
最下層に冥界の王がおり、「私も冥界の正義のために戦おう。冥界を侵略する魔の手から我が民を守るために!」と、結局戦闘に。
倒すと、『冥王の言霊』を手に入れ、言葉を残して倒れる。
「何のために戦うのか。誰のために戦うのか。今一度思い返してみるがよい。
答えを誤れば世界はお前たちの望まない未来へと向かうであろう。」

冥王を倒したが、姫は行方不明のまま。とりあえず王様に報告。
すると王は、冥界の王が倒れたため世界のバランスが崩れているという。
冥界の力が弱まったせいで力を増した天界の魔物が襲ってきたら…ということで、天界の王も倒しに行くことに。
拒否もできないので再びヘブンズタワーの最上階へ向かう。

397 :GCCX~ガディアクエスト:2009/03/20(金) 13:29:01 ID:/wu3MyL00
最上階には天界の王がおり、「世界とあなた方を見守っていました」といわれるも、結局戦闘に。
倒すと『天王の言霊』を渡され、言葉を残して倒れる。
「時が流れ、世界が変わる。今がその節目となるでしょう。
今まで何のために戦ってきたのか、それをよく思い出してみることです。」

やはり姫は戻らず、上空の暗雲も晴れない。
とりあえず王様に報告をすると、
「これで世界は滅びを免れたのだ!
冥界の王と天界の王は倒れ、地上界を脅かすものはもはや存在しない!
これからはこの私が責任を持って3つの世界を治めよう!」と高笑いをする。
あからさまに怪しいが、宴の準備ができるまで暇なので、王族の墓へ墓参りに行くことにする。

王家の墓標で『冥王の言霊』と『天王の言霊』が光を放ち、王家の鍵を入手。
この鍵で城の裏にある扉を開くことができ、入ると姫が閉じ込められていた。
王家の結界により、魔の手から危害を加えられることはなかったようだ。

398 :GCCX~ガディアクエスト:2009/03/20(金) 13:30:20 ID:/wu3MyL00
姫は魔物にさらわれたのではなく、父である王に閉じ込められたのだという。
王は王妃を亡くしてから禁術に手を染め、何者かに心を奪われた。
姫に「父上を止めてください!」と言われ、王の元へ。

冥界の王と天界の王を倒し、3つの世界を支配すれば、禁断の力が手に入る。
王にとりついた者はそれが目的だったようだ。
世界を暗闇で覆われるのは勘弁願いたいので、戦うことにした。

王の心に棲んだ闇を打ち払い、王は正気を戻し、罪を償うことを約束した。
王を失った天界、冥界、地上界の新たな王として、主人公達3人が力を貸すこととなった…。

ガディアクエスト 第一部『異界の王の宴』
END

399 :GCCX~ガディアクエスト:2009/03/20(金) 13:33:15 ID:/wu3MyL00
【要約】
地上界の王の命令で、冥界の王と天界の王を打ち倒す。
それは地上界の王が3つの世界を支配・禁断の力を手に入れるためだった。
地上の王をぶん殴って、3つの世界の力の均衡を戻した。


このストーリーは、ゲームセンターCX 有野の挑戦状2に入っている「ガディアクエストサーガ」につながっています。
設定的にはガディアとサーガの間にガディアクエスト2があるらしいですが、その詳細は不明です。

なお、ゲームセンターCX 有野の挑戦状でストーリーらしいストーリーがあるのは、
『ガディアクエスト』と『からくり忍者ハグルマン3』というやつだけです。
以上、長々とありがとうございました。






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー