BLAZBLUE(ブレイブルー)

アーケード版:part46-258~266
家庭用版:part56-156~166


258 :ブレイブルー(AC版):2009/06/25(木) 09:17:56 ID:/nZ2TQyF0
@wikiになかったので書いてみる。

■世界観(世界観の成立まで)
1.人類の前に「黒き獣」ってのが現れて人類ピンチ
2.どこからともなく「六英雄」がやってきて人に「魔術」を伝える
3.人類は魔術を科学と融合した「術式」を作って獣を倒す
4.戦いの後、術式に用いられる「魔道書」を「世界虚空統制機構」が管理
  統制機構に管理された社会が完成する

■世界観(本編の前置き)
1.統制機構の管理社会において術式の才能で格差ができる。
2.格差が不満をもった「イカルガ連邦」と統制機構とで術式戦争勃発
3.イカルガ大敗、その平定中に統制機構の支部が主人公「ラグナ」によって
  つぶされていく。
4.統制機構はラグナを捕獲するために賞金をかける。  
  賞金めあてやらラグナ親類縁者が続々とラグナ打倒にやってくる。

259 :ブレイブルー(AC版):2009/06/25(木) 09:53:26 ID:/nZ2TQyF0
アーケード版ではラスボスを倒すとキャラクターごとに
過去のエピソードがながれてエンディングになってしまうため。
基本的にラグナを除いて後日談はない。

■ラグナ・ザ・ブラッドエッジ
本編の主人公。逆手持ちの大剣、荒っぽい技からGGのソルと
似通っているが性格はソルよりも砕けてる。

ラスボスのν-13(ニューサーティーン)とは恋人っぽいけど不明。
倒したけど、全然ヘッチャラな雰囲気のニュー。
「一緒になろう」とニューに体を剣で貫かれて終了。

■ジン・キサラギ
他称「イカルガの英雄」統制機構の少佐かつラグナの弟。
兄と再会したときに「また殺せるなんて・・・!」とか部下のノエルに「おまえ、しね」とか
アニキのことになるとヤンデレな本性がムキ出しになる。
抜刀術&凍結攻撃を使う。

統制機構の命令を無視して兄ラグナを追っかけて倒し、
ラスボスまで倒すもののタイムスリップ現象が発生する。

話は唐突にジンは仕官学校時代にいきなりかわって、
丘の上で一人くつろいでたところに新入生のノエルが現れ
そのノエルがラグナの恋人そのままの顔だったので
「コイツの顔イライラするわ」と心の中でつぶやいて終了。

■ノエル・ヴァーミリオン
ジンの部下。二丁拳銃によるガン・カタスタイル。
いわゆるイイ子ちゃんキャラだが、ラグナとの戦闘中にバカバカ連呼されて
「バカバカ言わないでください!」と反論したり
ライチの巨乳&マスコット髪飾りに嫉妬するなどコミカルな部分もある。

統制機構の命令を無視したジンを連れ戻しに行く。
ジンを倒してニューのところにたどり着くと
「あなた、だれ?わたし、わたし、わたし、」と突如機械的な性格になる。
ニューを倒すとタイムスリップ現象が発生。

話は時間軸が不明な真っ白な世界。
ベットに寝ているノエルにレイチェルのシルエットがうつったりするが
「ここはどこ?あなたはだれ?」という感じで終わり。

260 :ブレイブルー(AC版):2009/06/25(木) 10:19:11 ID:/nZ2TQyF0
■アイアン・テイガー
「第七機関」という組織に所属する巨漢サイボーグ。見た目から通称「赤鬼」。
クセのある性格だらけのブレイブルーのキャラの中では一番の良心派。
投げ技&相手を吸い寄せる磁力を使う。

ラグナのもつ魔道書を手に入れるため追いかけて倒す。
ラスボスのニューも倒すけどやっぱりタイムスリップが発生して巻き込まれる。

話はライチが第七機関に所属していたある日まで戻る。
ライチと自分の製造者である「ココノエ」が人使い荒いだのなんだの雑談をして終了。

■ライチ・フェイ・リン
巨乳かつ露出の高い服を着てる町医者。
第七機関の元同僚の「アラクネ」を探している。
足技&棒による同時攻撃戦法を使う。

アラクネを見つけ、殺すしか救いようがないと倒すものの逃げられる。
追いかけてたらラスボスと出会って倒すものの恒例のタイムスリップに
巻き込まれる。

話は第七機関を抜けて町医者をやっているある日まで遡る。
医者の業務に区切りをつけてアラクネを捜しに行こうと
自分を奮い立たせるって内容でおしまい。

■アラクネ
スライムみたいな体に(∵)←の面のような顔をしている元人間。
知識を収めるのが好きな性格。体に無数の蟲を飼っていて、
アラクネがマーキングした相手に蟲がドンドン襲い掛かっていく。

ラグナの持つ魔道書を狙って追いかけるが、バングに絡まれたり
自分を殺しに来たテイガーを撃退してるうちにニューのところまで
倒すものの、突如発生したタイムスリップに巻き込まれる。

話はテーブルの前におかれたテープレコーダーだけの部屋に移る。
アラクネが人であったころに魔素にかんする重大な発見に歓喜したり
研究中に体がおかしくなっていく様子が展開されるホラーな感じ。

261 :ブレイブルー(AC版):2009/06/25(木) 10:54:45 ID:/nZ2TQyF0
■タオカカ
カカ族といういわゆる猫人間。手足の爪をつかったインファイター。

カカ族の貧困を救うために賞金首のラグナを追う。
途中でライチと稽古したり、カカ族を食料にしてるアラクネを
追いかけたりしてるうちにニューの元にたどり着く

ニューをみて「コイツを倒せととどろきさけぶ!」と
衝動に駆られて倒すが、やっぱりタイムスリップに巻き込まれる。

話はタオカカがカカ族の村で寝ているときまで遡る。
寝ているタオカカの隣でライチがタオカカが六英雄の1人「獣兵衛」の
末裔だとかそんな話をしておしまい。当然タオカカはずっと寝たまま。

■シシガミ・バング
元イカルガの忍者軍団、そしてブレイブルーのネタキャラの頭領。
いわゆるカンチガイ正義の味方ポジション。
ライチを「麗しの君」と呼んでほれている。
ジンはイカルガ内戦で自分の主君を殺した敵としてみている。

ライチを泣かせるテイガーを成敗したり、後輩賞金稼ぎのタオカカの特訓に
胸を貸したりしつつ、正義の味方として大悪党ラグナを追ってたら
ニューの元までたどり着く。倒したら発生したタイムスリップに巻き込まれる。

話はラグナを追う直前のあたりまで遡る。
正義の味方として愛するライチを守るため大悪党ラグナを成敗する!
という決意を述べて終了。

■カルル・クローバー
シルクハットにマントをしたショタ。それだけなら普通だが
大型人形を「姉さん」と呼んでる、「それニルヴァーナじゃん」
と人に言われるとキレると、これだけ見ると病んでいるように見える。

姉さんといってる大型人形「ニルヴァーナ」は六英雄の1つで
人の憎しみを原動力にしているキケンな物体。
カルルは「姉さんをこんな姿にした父さんを許さない」といっているので
元人間の可能性がある。

暑苦しい先輩賞金稼ぎのバングに絡まれたり、
「ニルヴァーナ」という単語を言ったライチにキレてボコったりしつつ
賞金首ラグナを追ってるうちにニューの元にたどりつく。
倒したら発生するタイムスリップに巻き込まれるのは恒例。

話はバング同様ラグナを追う直前まで遡る。
ラグナを捕まえに行こうという独り言をいうだけの話。
ブサイクに描かれたラグナの手配書が写っておしまい。

262 :ブレイブルー(AC版):2009/06/25(木) 11:23:22 ID:/nZ2TQyF0
■レイチェル・アルカード
ゴスロリ衣装をきた少女吸血鬼。使い魔に傘の格好をしたナゴと
コウモリみたいなギィ、電撃を発生するカエルのゲオルグ13世がいる。
毎回死ぬ寸前までコキつかわれてるらしい。

暇つぶしにいろいろと立ち寄りながらニューの所までたどり着いて倒し
発生したタイムスリップ現象に巻き込まれる。

話は白い空間でレイチェルが一人つぶやく場面に変わる。
時間がループしていることを理解している話や、
翡翠の瞳をもった少女の話、過去に1度だけ人の血を吸った少年の話をして終了。

ブレイブルーの裏設定を知っている口ぶりから真の主人公に見えたりする。

■ハクメン
六英雄の1人。本作のラスボスの前座。
巨大な刀を両手でつまむように持って振る不思議な男。
GGでいう次元牢みたいなところに囚われてたが
第七機関の科学者「ココノエ」によって一時的に牢から出された。

何か目的があるらしいが一切不明のままニューやらラグナを倒していく。

EDはいきなりハクメン達六英雄が黒き獣を倒してから
ハクメンが封じられるまでが絵本の物語調に展開されて終了。

■ν-13
本作のラスボス。機械的な性格だが、相手がラグナと認識すると
突如少女のような性格になる。

目的不明で敵をドンドン倒していくが、ラスボスのレイチェルは
「これはあなたの見ている夢」であると判明する。

レイチェルを倒した後、暗い空間の中でうずくまって寝ている
ニューが「ラグナ・・・」とつぶやいて終了。

263 :ブレイブルー(AC版):2009/06/25(木) 11:26:15 ID:/nZ2TQyF0
というわけで全キャラのストーリーを書いても
情報が断片的で理解しづらいです。

PS3&X箱360ではコンシューマー版のストーリーがあるらしいので
そこで補完されるのかもしれません。

264 :ゲーム好き名無しさん:2009/06/25(木) 13:54:13 ID:fwbWbUOuO
乙。
主人公が施設を襲ってた理由とか全く分からんな。

265 :ゲーム好き名無しさん:2009/06/25(木) 21:45:18 ID:1+GNr4lH0
ブレブル乙ー。
アケの頃は全員のEDが回想系であること自体が、
時間のループを暗示・象徴してるとかいう説があったけど
家庭用じゃどうなってるのかねえ。

266 :ゲーム好き名無しさん:2009/06/26(金) 09:28:06 ID:MvDNKAPQO
>>265
家庭用でもループ話
何人かはアーケードの時の会話を記憶に無いのに思い出して不審に思ったりする


156 :BLAZBLUE(家庭版):2011/03/31(木) 18:29:53.83 ID:kKuN0hd00
BLAZBLUE(家庭版)のストーリーを投下します。
キャラ別に投下しますが、ニューのストーリーは殆ど覚えていませんので別の方が投下してください。
誠に申し訳ありませんが……。
ストーリーは途中で出現する選択肢や戦闘の結果で話の展開が変わりますが、
全て書くと相当大変なので1キャラにつき、1ルート投下します。

プロローグ
窯を使って何かを製造しようとした第7機関の研究チームが上空に移動してきた衛星兵器に消し飛ばされる。

157 :BLAZBLUE(家庭版):2011/03/31(木) 18:31:06.24 ID:kKuN0hd00
ラグナ・ザ・ブラッドエッジ編
少年時代の回想、謎の存在に家を燃やされ、右腕を切り落とされて妹サヤと弟ジンを攫われてしまう。
統制機構がカグツチの支部で窯を使って製造しようとしているムラクモユニットを破壊する為にカグツチを訪れる。
ラグナは支部を襲撃するが、誰もいない。
その事に疑問を覚えていると、妹と弟を攫った存在の協力者ユキアネサに半ば操られたジンが襲いかかる。
しかし、ジンを戦闘不能にして奥へ進むと製造されたばかりのサヤの容姿をしたムラクモユニットと戦闘。
しかし、ラグナはムラクモユニットと一緒に窯の中へ放り込まれる。
直後、上空で待機していた衛星兵器がカグツチを一撃で壊滅させる。
それを見届けたレイチェルが何かをする。

ジン・キサラギ編
謎の存在に攫われた後、キサラギ家の養子として統制機構軍の士官学校に入学。
士官学校をトップクラスの成績で卒業した為、卒業直後から中尉の階級を与えられる。
その後、参加したイカルガ連邦との戦争でイカルガ元首テンジョウを討ち取って少佐に昇進。
さらには英雄と称えられるがジンには英雄になった事に対して実感が湧かなかった。
何故なら、自分がテンジョウを討たずとも両国間の戦争の勝敗は既に決していたからだ。
羨望と嫉妬の的になるのに苦労していると、ある報せがジンの耳に入る。
話によれば、兄ラグナがカグツチに入り込んできたらしい。
ユキアネサの意思もあり、ジンはラグナを追って独断でカグツチへ向かう。
ラグナの元に辿り着いて彼を追い詰めるが、ニューが乱入。
ラグナを窯の中に連れ去ってしまう。
迷わず彼女を追う為、窯の中に飛び込むジン。
気づくとユキアネサの支配から解放され、過去にワープしていた。
その時、黒き獣の出現を察知する。
黒き獣の正体に感づいたジンは己の内に目覚めた使命感と共に黒き獣と戦う事を決意する。

158 :BLAZBLUE(家庭版):2011/03/31(木) 18:33:06.82 ID:kKuN0hd00
ノエル・ヴァーミリオン編
独断でカグツチへと向かった上司ジンを追うノエル。
現地で合流した諜報部所属のハザマと一緒にジンを捜索し、統制機構支部でジンを発見する。
だが、支部にジン以外の人間がいない。
指名手配犯ラグナの仕業かと疑うノエルとハザマ。
とにかく、ジンを見つけたので二人は彼を連れ戻そうとするが、ジンは二人を障害と判断して襲いかかって来た。
二人は暴走するジンをなんとか気絶させる。
士官学校時代の姿からは想像できない今の彼の姿にノエルは親友ツバキの言葉を思い出す。
戦争を始めとする流血の戦いは人を変える。
その言葉に戦慄するノエル。
支部の人間が消えた原因を調べる為、ジンをハザマに預けてノエルは支部を調査する。
奥に進むと自分と同じ容姿をした存在ニューと出会い、戦うが敗北。
その戦いをハザマとレイチェルが見届けていた。

アイアン・テイガー編
統制機構の敵対組織である第七機関の科学者ココノエの助手テイガーは
脱走した協力者を連れ戻すという任務の為にカグツチを訪れていた。
任務の途中でココノエから通信越しに序での任務が言い渡される。
それはラグナが持っている蒼の魔導書の強奪。
それを聞いたテイガーは苦笑する。
しかし、ココノエは蒼の魔導書は世間で騒がれている程、強力じゃないから大して危険な任務では無いと言い切る。
結局、脱走した協力者ハクメンを連れ戻すが、
それに力を使い果たしてしまったのでココノエの元に帰還しようとした直後、
カグツチが消滅し、テイガーも死亡する。

ライチ・フェイ・リン編
カグツチの中位階級が住むオリエントタウンの町医者ライチは元同僚のアラクネを探して回る。
アラクネはカグツチを訪れてきたラグナが持っている蒼の魔導書を狙い、これまでよりも活発に活動する筈だ。
彼女にとって、アラクネを見つける大きなチャンスだ。
ライチがアラクネを捜しているとラグナを見つける。
彼にアラクネの事を説明し、戦闘になっても殺さないで欲しいと頼む。
ラグナはそれを承諾する。
結局、アラクネは見つけられなかった。
ライチはアラクネを見つけ、最善の結果に迎えた後の事を考える。
そして、その後もオリエントタウンに留まる事を決める。

159 :BLAZBLUE(家庭版):2011/03/31(木) 18:35:10.55 ID:kKuN0hd00
アラクネ編
蒼の魔導書を感知した謎の生物アラクネは蒼の魔導書を探してカグツチ中を移動して回る。
途中で自分が人外の存在である故に攻撃してくる奴らを喰い殺していくと、
カグツチ住民の要請を受けて自分を倒しに来たノエルと戦闘になる。
ふとしたきっかけでノエルに敗北するアラクネ。
ノエルは気絶したアラクネをゴミ袋に入れて生ゴミとして捨てる。

タオカカ編
カグツチの最下層に住むカカ族は貧困に喘いでいた。
そこでカカ族の戦士タオカカが高額の賞金首を捕まえて、そのお金で貧困を凌ぐ事になった。
タオカカは最高額の賞金首であるラグナを探す。
しかし、ラグナは一向に見つからない。
タオカカがカグツチ中をうろついていると、
黒き獣を倒した六英雄最強の男でカカ族の父親的存在である獣兵衛と再会。
事情を聞いた獣兵衛はタオカカに同胞達の元に戻るように指示する。
タオカカは今いる場所から最下層に飛び降りる。
飛び降りた場所には賞金首にしてカカ族を襲う因縁の怪物アラクネがいた。
死闘の末、アラクネを懲らしめたタオカカは村に帰る。

シシガミ・バング編
イカルガ連邦元首テンジョウ直属の忍者バングは彼の命令で戦争に敗北した自国の民を非難させていた。
途中で統制機構の虐殺部隊が襲ってくるが、部下達と共に彼らを倒す。
あらかた民を非難させたバングはテンジョウを捜すが、テンジョウは既に討取られていた。
バングはテンジョウを殺したジンに戦いを挑むが敗北してしまう。
それから時が流れてバング達はカグツチに非難し、バングは悪党を追う賞金稼ぎで生計を立てていた。
自分が一目惚れしているオリエントタウンのライチを見つけたバングは彼女を追う。
ライチを追っ掛けていると、バングはテンジョウの仇ジンを見つける。
主の無念を晴らすべく、ジンに戦いを挑むバング。
二人が戦っていると、彼らの前に一人の老紳士ヴァルケンハインが現れて
バングにテンジョウの子息が生存していると告げる。

160 :BLAZBLUE(家庭版):2011/03/31(木) 18:37:09.63 ID:kKuN0hd00
カルル・クローバー編
カルルはラグナがカグツチにやってきたと知り、彼を捜す。
カルルは賞金稼ぎだが、彼の目当てはラグナが持っている最強と称される魔導書である蒼の魔導書だ。
ラグナを捜していると、突如として亞空間に閉じ込められる。
カルルと彼が姉さん呼ぶ兵器を亞空間に閉じ込めたのはレイチェルと名乗る少女だった。
彼女は姉さんを拘束し、カルルに一人で自分と戦わせる。
戦いの途中でレイチェルはカルル達を解放する。
カルル自身が姉に依存している今の状態を脱却しなければならない。と呟いて……。
解放されたカルル達はカグツチの統制機構支部に転移させられていた。
支部の中を移動するとラグナがニューに倒される光景を見つける。
ラグナから蒼の魔導書を奪う為、ニューに戦いを挑むカルルだったが一蹴されてしまう。

レイチェル・アルカード編
一つの大きな権限を持つ物語の傍観者レイチェルは退屈していた。
何度も同じ結末を繰り返す物語に嫌気がさしていたのだ。
そんな状況を打破するべく、物語の主人公をラグナから別の人間に変更しようと考える。
主人公を探してカグツチを移動して回るレイチェル。
しかし、新しい主人公は一向に見つからない。
そんな時、自分と敵対しているテルミが声を掛けてきた。
新しい主人公探しなんてするだけ無駄だと、テルミは言う。
だが、レイチェルは諦めず、何度も同じ結末を繰り返す物語を変える為の模索を続ける。

ハクメン編
境界と呼ばれる亞空間に閉じ込められたハクメンは第七機関の科学者ココノエにサルベージされる。
サルベージされたハクメンは仲間である獣兵衛からテルミが復活した事を知り、
ココノエからテルミ打倒の為の協力を要請される。
それを聞いたハクメンは黒き者とテルミ打倒の為の行動を開始する。
長い間、境界に閉じ込められていた所為で本来の2割程度の力しか発揮できないにも関わらず………。

トゥルーエンド
これまで通りラグナがニューに敗北して彼女と共に窯の中に落ちていくが、
途中でラグナがノエルに助けられ、ニューだけが窯の中に落ちていく。
その光景を見たレイチェルは物語を変えるチャンスと判断し、
統制機構がムラクモユニット製造の証拠隠滅の為に
用意していた衛星兵器タケノミカズチによる砲撃からカグツチを守る。
これで物語が良い方向に変わった。
彼女自身が黒き獣の出現まで時間を巻き戻す必要がなくなった瞬間だった。
そして、ラグナとノエルの前に姿を現すレイチェル。
彼女は物語の主役を世界のバグである蒼に覚醒したノエルに変更する事を二人に告げ、
ラグナの持っている蒼の魔導書は模造品だとラグナに伝える。
直後、ハザマ=ユウキ・テルミが3人の前に姿を現す。
そして、蒼として覚醒したノエルに自身を漆黒のスサノオとして認識させ、力を取り戻す。
サヤとジンを拉致した犯人であるテルミの姿を確認したラグナは戦いを挑もうとするがレイチェルに止められる。
力を取り戻したテルミには今のラグナでは万に一つも勝てないからだ。
目的を果たしたテルミはカグツチから出ていく。
その後、ハザマは統制機構の最高権力者である帝の勅命をツバキに伝える。

161 :BLAZBLUE(家庭版):2011/03/31(木) 18:40:27.35 ID:kKuN0hd00
以上です。
補足や修正するべき点があったら、補足や修正をお願いします。

補足
レイチェルの時間の巻き戻しについて。
戦闘では一切、使用しない。
故に秒や分単位以下での巻き戻しはできないと思われる。

黒き獣について
ラグナとニューが融合して誕生する魂を貪るだけの化け物。
意思はラグナの中に眠っていた破壊衝動が大部分を占めている。
ラグナとニューが窯の中で融合し、六英雄が活躍した時代へとワープする形で出現した。


162 :ゲーム好き名無しさん:2011/03/31(木) 19:06:37.87 ID:VyRMvZEe0
どうしよう意味が分からない・・・

163 :ゲーム好き名無しさん:2011/03/31(木) 21:29:26.77 ID:eXSgAk7qO
設定が分かる前提で書いちゃってる感じかな
日本語なのによく分からない分ファルシのルシよりたち悪い

164 :ゲーム好き名無しさん:2011/03/31(木) 22:19:46.76 ID:kKuN0hd00
設定は既にアーケード版の話と一緒にまとめWikiにあがってますよ。

165 :ゲーム好き名無しさん:2011/04/01(金) 15:50:02.03 ID:gSmo7gXL0
ブレイブルーって思いっきり断片的にしか情報が出てこないからな
アケ版の方のまとめでは確かに表面の情報や設定はちゃんとさらってある
でもアケ版は家庭版よりも物凄く断片的にしかストーリーが語られてない、っつーかあっちでは多分ループ終わってないからあんなもんなんだろう
だけど家庭版はアケ版よりも更に突っ込んだ内容が展開されてて且つループの終わりの話がある
だから断片的な情報を繋げるような記述が無いと本当にわけわかめになるんだろう

このゲーム自体が断片的な情報を自分で繋ぎ合わせて理解するタイプのストーリーだしさ
簡単にゲームのストーリーだけをさらって纏めようとするとこんな感じになるのも分からんでもない

166 :ゲーム好き名無しさん:2011/04/01(金) 16:25:31.90 ID:gSmo7gXL0
って言ってるだけなのもあれなので補足してみる
一言で言うと家庭版は世界のループが終わる話なんだ

「黒き獣」ってのが過去ものすんごい悪さをしたバケモノ
六英雄ってやつらにぶっ倒されてる
でもラグナとニュー(ムラクモユニット)にその一部がそれぞれ移されてて、ふたりが融合すると復活する
ラグナのストーリーの最後では、ラグナとニューが一緒に窯の中にダイブしてしまう描写があるのだが……
窯の中で融合してしまい、黒き獣として過去へと戻ってしまう(=過去で黒き獣が出現した理由)
そしてそれと同時期統制機構がタケミカヅチっていう大量破壊兵器を使って街ごと証拠隠滅
以下過去で黒き獣の出現までループ……を延々と繰り返す世界だったのさ
(ループは大抵の人が気付いていないが、一部気付いている人もいた)

さて、では家庭版トゥルーでは見事ループが断ち切られた訳だがそれは何故か
何度もループしていくうちに、本来なら生まれてすぐに死ぬ運命だったはずのノエルが生き残るようになっていった
(ノエルはニューと同じタイプの作られた素体。本来は完成する前にぶっ壊されるはずが生き残って普通の家に引き取られた?)
そのおかげでループは断ち切られ、新たな可能性の世界が広がっていくのであった
=次回作以降に続く

ジンはあるループの際に(家庭版ジンED)過去に一緒に飛んでしまっている
過去に飛んで黒き獣をぶっ倒すぜ!って使命に目覚めたのがハクメンで、実はジンと同一人物
ジンの持つ刀(ユキアネサ)は黒き獣をヌッコロス!って意思を持つ武器だから、ラグナに敵意むんむん

蒼の力とかには全然触れてないけど、ループ関連は大まかにはこんなもんかな
正直自分でもよく分かってないんだけども
あとはストーリー考察Wikiとかあるんでそっち見てくれ






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー