ピンキーストリート キラキラ★ミュージックアワー

part47-93~95,98


93 :ピンキーストリート キラキラ☆ミュージックアワー:2009/09/05(土) 20:12:08 ID:iXYRXotV0
(1/3)

予約等もないみたいですので、DSソフトの
>・ピンキーストリート キラキラ★ミュージックアワー
投下します。


**********


ゲームの舞台になるレインボーシティは、いくつかのストリートから成る
ダンスとおしゃれが大好きな女の子たちが集まる街。
主人公・プッチもそんな女の子たちのひとり。
しかし、ダンスのオーディションを受けては落選する毎日で、
ついにプッチはお腹がすいて行き倒れてしまいます。

次にプッチが目を覚ました場所、
そこはレインボーシティのジョージヒルにある伝説のライブハウス「ANGELA」。
プッチを助けてくれたのは、ANGELAのオーナーでもあり、
レインボーシティのダンスクイーンとして有名なアンジュでした。
興奮して、「自分のダンスはどうだったか」と尋ねるプッチですが、
「おしゃれもダンスもまだまだ」と言われさらに深く落ちこんでしまいます。
しかし、アンジュは、本人曰く「フィーリング」でANGELAをプッチに預けることに。
驚きながらも喜ぶプッチの前に、ちょっと意地悪だけど憎めないプッチの幼なじみ・イービルが現れ大反対。
だけど、「ANGELAを預けるだけで、あげるわけではない」
「これからの成長を楽しみにしている」という言葉を残し、
この街で一番のダンサーになってしまったアンジュは、さらにダンスを磨くため世界に旅立ってしまいます。
残されたプッチとイービルは、それぞれダンスとおしゃれの修業を積むことに。

94 :ピンキーストリート キラキラ☆ミュージックアワー:2009/09/05(土) 20:13:48 ID:iXYRXotV0
(2/3)

プッチはジョージヒルを飛び出して、別のストリートで新しいダンスや流行のおしゃれを勉強しに行きます。
オモテサパークでは、代表の少女・ココロとのポップスでのダンス勝負を、
キバカイカンでは、ネットアイドル・よしことのゲームミュージックでのダンス勝負を、
メグロードでは、セントメグロード学園代表・もえ(漢字表記は萌)とのクラシックでのダンス勝負をそれぞれ通し、
そのストリートならではのダンスや流行ファッションを学び、女の子たちと友情を育んでいきます。
ただ、T.O.C(ツキジオサカナセンターの略)でだけは、ダンサーらしい少女には会えず、
T.O.Cで働く漁師服姿の少女に邪魔だと追い返されてしまうのですが……。

いったん、ジョージヒルのANGELAに戻ったプッチ。
ジョージヒルではイービルが待ち構えていて、ダンス勝負を挑んできます。
しかし勝ったのはプッチ。
イービルはその場を去りますが、このころから少しずつ、
プッチの名前がレインボータウンで知られるようになりました。

さらなる修業を積むために、また別のストリートへと向かうプッチ。
エビストリートでは、(自称)悪の組織・デス団リーダーのリサとのR&Bでのダンス勝負を、
シブプロムナードでは、カリスマモデル・マキとのパラパラダンス勝負を、
シモキタウンでは、ロック少女・スゥとのロックダンス勝負をそれぞれ通し、
そのストリートならではのダンスや流行ファッションを学び、女の子たちと友情を育んでいきます。
また、特にマキやスゥからは、「大切なのは個性」ということを教えられ、一際成長するプッチ。

再び、ジョージヒルのANGELAに戻ったプッチ。
ジョージヒルではイービルが待ち構えていて、ダンス勝負を挑んできます。
しかしまたも勝ったのはプッチ。
イービルはその場を去りますが、プッチはレインボータウンでもかなりの有名人に。

ジョージヒルを出たプッチは、T.O.Cの異変を感じ、そちらへと向かいます。
そこには、以前プッチを追い払った漁師服姿の少女――たまえがいました。
これまでで最高の踊り手・たまえとの、演歌でのダンス勝負を通して、和の心や和のおしゃれを学んだプッチ。
たまえからも「レインボーシティ最高の踊り手になった」と認められます。

95 :ピンキーストリート キラキラ☆ミュージックアワー:2009/09/05(土) 20:14:54 ID:iXYRXotV0
(3/3)

そのとき、プッチの目の前の街頭ビジョンに、イービルが映ります。
「ANGELAに戻ってこい」と言うイービルに、プッチもジョージヒルに急ぎます。
そして、プッチとイービルの最後のダンス勝負が行われることに。
ココロ、よしこ、もえ、リサ、マキ、スゥなど、それまでのライバルたちが見守る中、
最後の勝負もプッチの勝利に終わります。
今度こそ、プッチを認め、ANGELAを任せて去ろうとするイービル。
しかしプッチは「ふたりで頑張ろう」とイービルを引きとめ、結局ふたりでANGELAを盛り立てていくことに。
ふたりの力を合わせたことで、ANGELAはますます評判になっていきます。

その日もANGELAでのダンスを終えたふたりがふとテレビを見ると、
世界に旅立ったアンジュが映っていました。
そのとき、突然本物のアンジュがANGELAに到着。
ほんの少しだけ立ち寄って、ふたりの様子を見に来たとのこと。
ふたりもこれまでの出来事をアンジュに話し、楽しい時間を過ごします。
そして、プッチがアンジュに言います。
「プッチと勝負してください!」
驚くイービルをよそに、アンジュは快諾。
「あんたってば、私と踊りたくて仕方ないって顔してた」
アンジュとのダンス対決も、プッチの勝利。アンジュも、プッチの成長を認めます。
アンジュが呼んでおいたというココロ、よしこ、もえ、リサ、マキ、スゥ、たまえたちもプッチを祝福し、
そして、アンジュはフィーリングではなく正式に、ANGELAをプッチとイービルに譲ることを発表。
さらに、かつて自分の師匠にもらったというリングを、アンジュはプッチとイービルに託します。
「ダンスもおしゃれも勝ち負けじゃないの。大事なのは自分の色……個性なのよ」
そして、プッチとイービルのことをマキに任せ、再び世界へと旅立つアンジュ。

レインボーシティでひとりの少女に起こった奇跡はこれでおしまい。
だけど、この話はレインボーシティの女の子たちの間で大変な評判になりました。
あなたも夢を叶えるために、ストリートに一歩踏み出してみては……?

                          (終)

98 :ピンキーストリート キラキラ☆ミュージックアワー:2009/09/06(日) 11:05:36 ID:CEY/MuOH0
すみません、ちょっと補足。
>>94で「レインボーシティ」と「レインボータウン」が入り混じってますが、
正しくは「レインボーシティ」です。
レインボーシティという大きな街の中、それぞれのストリート(区のようなもの)があるという世界です。
ストリートには、それぞれ元ネタとイメージカラーが設定されている模様。


あと、触れただけの固有名詞を少しだけ解説。詳しくは公式を見てください。

ジョージヒル:元ネタは吉祥寺。伝説のライブハウスANGELAがある。イメージカラーは白。

オモテサパーク:元ネタは表参道。可愛いもの好きの女の子たちが集まる。イメージカラーは黄色。
ココロ:すぐ転ぶドジっ娘。プッチに告白めいた台詞を告げ、マイペースなプッチを照れさせるほどの天然。

キバカイカン:元ネタは秋葉原。電気街。イメージカラーは赤。
よしこ:ロボットダンス(?)が得意なネットアイドル。ネット、コスプレ好き。プッチにもコスプレをさせようとするボクっ娘。

メグロード:元ネタは目黒。エレガントなストリートで、制服の可愛い学校が多く点在する。イメージカラーは緑。
もえ:上品な口調のお嬢様。しかし毒舌で、笑顔でヒドイことを言う。普段から、バレエのように優雅にくるくる回る。

エビストリート:元ネタは恵比寿。(自称)悪の組織・デス団の本拠地。イメージカラーはオレンジ。
リサ:八重歯が特徴。悪ぶっているけれど、ゴミを拾ったり拾った小銭を交番に届けたりする優しい子。男っぽい口調のオレっ娘。

シブプロムナード:元ネタは渋谷。ちょっと大人っぽい女の子が集まる流行発信地。イメージカラーは紫。
マキ:ギャルたちのカリスマで、熱狂的な取り巻きがいる。プッチも憧れている。本人は隠しているが、本名はマキコ。

シモキタウン:元ネタは下北沢。壁の落書きなど、他のストリートとは違う雰囲気を持つ。イメージカラーは藍。
スゥ:クールでかっこいいロック少女。マキ同様、プッチに助言をしてくれる。好物は駅前のお店のポトフ。

T.O.C(ツキジオサカナセンター):元ネタは築地。伝説の踊り手がいるという噂。イメージカラーは青。
たまえ:古風な口調と圧倒的な実力からの威圧感で、プッチは「たまえさま」と呼ぶ。普段はT.O.Cで働いている。






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー