EVERBLUE2

part47-114~116


114 :エバーブルー2(1):2009/09/07(月) 01:09:41 ID:zVxkJSmw0
フォーエバーブルー2発売記念にエバーブルー2を再プレイしたので
投下します。

「2002年8月---
ダイダロス島の冒険から1年が経とうとしていた」

前作で故郷ダイダロス島を救って一流ダイバーとなった主人公レオは
今は亡き父が語っていたという石碑を求めカリブ海へ向かう。
が、嵐で遭難し、相棒のズッコを救出したはいいが
船もダイビングの装備もぼろぼろになって
カリブのリゾート地、バレンティア島にたどり着いた。

沈没こそ免れたものの船を動かせず石碑の捜索どころではない二人の前に
地元の素人ダイバーのサークル、アミーゴスの一員である
活発そうな少女が現れる。
彼女は船や装備、じじい連れのレオを見て初心者と決め付け、
もう事故を起こさないようにダイビングを教えてやると言う。
どうやら相当なお節介焼きであるようだ。
少女エリスの勢いに押され実はベテランですと言い出せなかったのかどうか
また地元に馴染めとのズッコの助言もあり、
レオはおとなしくエリスに付き合うことに…
その後有名ダイバーであるレオを知るダイビング雑誌の記者との
出会いなどあるも人違いと思われ、あくまで初心者として
アミーゴスに加入することになったレオは、浅瀬に沈んだフェリーから
トロフィーを取ってくるという入団試験を軽くクリアして
アミーゴスの一員に迎えられる。

115 :エバーブルー2(2):2009/09/07(月) 01:11:18 ID:zVxkJSmw0
仲間になったことでエリス(の父親)の船を自由に使えるようになり、
地元のおばさん、魚マニア、薬マニアから果ては犬猫まで
様々な相手の依頼を受け海底や沈没した飛行機や豪華客船から
サルベージしてきたアイテムを渡すなどして
船の修理代を稼いでいくことになった。
困っているリーダーのジョアンを助けたり、正体がばれたりしながら
仲間と楽しい日々を送るレオ。
そんな中で、彼らは最近島で幅を利かせだした悪徳サルベージ会社の
シードラスと対立する。
漁場を荒らしたり世間知らずのお嬢様から大金をせしめようとするなどの
阿漕な商売をする彼らに対し獲物を先に横取りすることで対抗するレオたち。
するとシードラスはアミーゴスの仲間の貧しい少年トニーニョを
借金をたてに買収し、沈んだ豪華客船からサルベージした重要書類を
奪い取ってしまった。
現実の厳しさに落ち込むジョアンやもう一人のメンバーであるへリオも
アミーゴスを去り、残ったのはレオとエリスのみとなる。
それと同時に、シードラスでレオのライバルとして活躍していた
腕利きのダイバー青年エレーナが突然解雇されてしまう。
どうやらあくどい重役にいいようにされているシードラス社長に同情する
彼が邪魔になったらしい。
フリーのダイバーとして働くようになったエレーナだが、病弱な妹が
倒れてしまい依頼をキャンセルせざるを得なくなったため、レオが
代わりに依頼を果たしたところ
感謝され件の書類の内容を教えてくれた。
書類にはかつて近海に沈んだ海賊船の場所についての情報が
記されているらしい。その所在に心当たりのあるエリスは海賊の子孫という
気難しい老人のもとへ赴く。海賊の遺した秘宝を悪用されたくない
老人の課題をクリアして信頼と情報を得たレオは
深海で海賊船を発見。船に閉じ込められそうになりながら
秘宝への「鍵」を手にするが、それはシードラスが置いていった
偽物であった。
更にエリスの船に細工されて火事が起こり、船が壊されてしまう。

116 :エバーブルー2(3):2009/09/07(月) 01:15:46 ID:zVxkJSmw0
もはや打つ手はないのかと気落ちする二人の前に元アミーゴスの3人が
戻ってきた。彼らの助力でレオの船の修理は完了し、
かつてこの地で秘宝を発見したレオの父がその手掛かりとしたという
石碑を求め、一行は再び海に乗り出す。
石碑を発見し、刻印を解読してやっとのことで秘宝のある海底神殿に
たどり着いたレオたちだが、秘宝は既にシードラスの潜水艦で
運び出されていた。
ところが、その潜水艦が沈没してしまった。
どうやら秘宝の不思議な力で海が荒れたためらしい。
乗員は全員無事であったが秘宝はまだ潜水艦の中にあり
海は荒れ続けている。
このままでは漁にも出られず、島民には死活問題だ。
状況を打開するため一行はシードラスのダイバーから
潜水艦の沈んだ位置を聞きだし、危険を犯して秘宝を回収する。
秘宝とは、美しくも禍々しい光を放ち海を時化にする力を持つ
巨大な宝玉「エレボス」であった。
愛する海を守るため命を顧みず行動するレオに
シードラスの面々も負けを認めるが
彼にはまだ成さねばならぬことがあった。
エレボスを海底神殿に戻し再び封印することだ。
地響きの中ひとりエレボスを携え神殿深く潜るレオの背後で通路が塞がるが
なおも進み続けるレオ。戻れと請う仲間たちの声を後ろに
とうとう神殿の最深部にたどり着く。

封印の台座にエレボスを捧げると今までが嘘のように
海は静まり返り、平和で美しい世界が戻ったのであった…

…and






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー