ガレリアンズ:アッシュ

part21-507,509,516,524~527(☆マークの補足は2006/12/14にwiki直接編集により追記)


507 :ガレリアンズ:アッシュ:2006/03/01(水) 23:59:00 ID:nNdJa2D6
未解決にガレリアンズ:アッシュがあったので書いてみました。スルー可。

本編の前に前作の大まかな説明(続き物なので)
なお、2,3年前にプレイしたきり&一作目はプレイしていないので所々間違いがある可能性があり。
訂正、補完してくれると有難い。

ガレリアンズ
ドロシーとかいうスーパーコンピューターが「人間いらない」的なことを言い出し、ガレリアンズ
という新たな生命体(なんか超能力使えるし頑丈、数はそんなに多くない)を生み出し、人間に宣戦布告。
さしあたって一番怖いのは技術者だったみたいで、ドロシーを作った科学者をあぼん、その子供のリオン(主人公)
を捕まえ人体実験、主人公の記憶は吹っ飛ぶ。病院で目が覚める。(本編スタート)
何とか逃げ出して実家に戻ってくると、父親のメッセージを発見。それによると
父親はドロシーを壊すためのプログラムをリオンの幼馴染のリリア(ヒロイン、主人公ベタ惚れ)と
自分の頭の中に詰め込んだらしいということが判明。もっと別の方法はなかったんですか?
つーか14の子供に世界の運命背負わすなよ…。
そういうことで二人を捕まえにガレリアンズ出動したっぽい。
リオンはテレパシーで彼女のピンチを受信、助けに行く。
途中ガレリアンズに襲われるがPSIの力で撃退、何故か子供二人だけ(14歳)でドロシーを壊すことに。
いくら二人がカギだからってたった二人で行かす事も無いだろうに。人類の希望なのでは?
敵相手にどうこうやってるうちに、実はリオンは「リオン本人」ではなく
リオンの記憶や外見をコピーして作ったガレリアンズの一人で、リリアを騙して捕まえる(止めをさす?)ための
ダミーだったことが分かる。本人は既に空の人。リオンはそのことを知らなかった。
(上の設定はプレイヤーを騙すためのフェイク設定)
それでもリオンは人間の、というかリリアの味方をすることを選び、ドロシーに挑み、何とか勝利。
アッシュはそれから6年後の世界の話。

アッシュ
前作ラスダンからスタート。といっても自分はそんなこと知らないから「ここは何処?」状態。
リリアと二人で行動しているらしいが彼女の姿が確認できるのはイベントだけ。一人で化物相手に
超能力で奮闘。少しは手伝えや、と言う突っ込みは恋は盲目の彼には存在しないらしい。
炎を出してみたり宙吊りにして落っことしてみたり※暴走してみたり薬を飲んでみたりしてドロシーの所へ。
途中球体がでてきて話しかけてくる。怪しいのでスルー。
ドロシーのところへたどり着き、倒すとなにやら最初の地点へ。さっき倒したじゃん!なんで?
リリアに早く行こうとせかされるが、リオンは何か違和感を感じる。つーか気づいてないんですか。
再びドロシーのところへ行こうとすると、再度球体登場。リリアと名乗る。それによるとここは
データ内の仮想空間で、リオンはドロシーを倒したときに色々あってデータがコンピューターの中に
閉じ込められてしまったらしい。
現実の世界ではまたもや問題が起きて困ってるから、こっちにきて助けて欲しいとか。
半信半疑で更に進むと、変な少年登場。名前はスパイダー、名前のとおり蜘蛛がお友達。
話の流れは忘れたが、とにかく襲ってくるので倒す。そしたらどっかに逃げる。
球体の語ることが真実だと悟ったリオンは、中枢でもう一度ドロシーを撃破、仮想のリリアに別れを告げ
本当のリリアに導かれるまま、現実世界へ。

※主人公は超能力を使うために薬を飲んだり体力回復するために薬をのんだり超能力の使いすぎで
オーバーロード状態になるのを防ぐために薬を飲んだり、とにかく薬を摂取しまくり。
暴走すると体当たりで敵を倒せるが走れない上にHPが徐々に減っていく。
正しくは飲む、ではなく注射か何かだった気もするが、それって余計に駄目なような。
主人公がヤ○中なんて新鮮なゲーム!と兄弟で大笑い。

509 :ガレリアンズ:アッシュ:2006/03/02(木) 00:15:32 ID:zX5PWLS7

細かく話すと穴がでるので大まかに続き…といきたいのに無駄に長く…orz
文才が無いが、ご容赦して下さい。

目が覚めるとそこは6年後の世界。リオンは死んでいたがメモリーのダウンロードみたいなことして
生き返ったとか。その間に電気ショックを与えて体を無理やり成長させてたという素晴らしい補足説明も聞ける。
ドロシーは自分が破壊されたときの為に「ラストガレリアン」と名付けたガレリアン達を用意していて、
もしもの時は彼らに自分を復活させるよう仕組んでいたとのこと。リーダーはアッシュ。
濃縮ウランをエネルギーにして動き回る、歩く放射能汚染なので人間は彼に近づけない上に
ガレリアンは恐ろしく強いから歯が立たない。そこでウイルスプログラム(ドロシー破壊に使った
プログラムのことの様子。ドロシー壊したヤツと同じプログラムでガレリアンズも壊せる?)の所持者にして
ガレリアンであるリオンに助けてもらおうと言う話らしい。つまりリオンは都合のいい道具、と。
普通なら間違いなくキレる筈のこの扱いに、某一字違いの魔女に骨抜きにされた傷男並みの彼は
人間を守るためにラストガレリアンズに勝負を挑むことに。
彼等の現在の基地はエアポート。軍人が中心になって活動中。名前ありの人物が二人いる。
一人はガビー。攻略サイトを見て名前だけは確認するも、どんな人物かは全く思い出せない。
ロメロは根性なし、偉そう、何も出来ないのにリオンに対して態度がよろしくないダメ男。重要人物。
目覚めて早々、ラストガレリアンの一人、パラノが進入。どんだけ警備あまいねん、というツッコミを
抑えて退治に出発。途中、女性軍人のキャスと会う。こっちはロメロと違い、頑張ってる人。
最初の態度は忘れたが、ガレリアンに立ち向かうリオンに対して割と好意的だったと思う。
格納庫にて、パラノと遭遇、倒す。能力強化が出来る薬(スキップ)を入手。これはイベントとかで
ちょくちょく入手する。何処までも薬から離れられない男。
ちなみに回復薬はその辺に落ちてる物をひろうか、敵を倒して調達するか。パラノは逃げる。

ひとまず撃退、管制塔に帰ると今度は三箇所同時に襲撃される。各場所でガビー、ロメロ、キャスが
応戦する。何処に行くかで見るイベントが変わるが、起こる事に変わりは無い。
キャスは迎撃する。ロメロは逃げ出す。ガビーは戦死する。全体的におされ気味。
このままだとどうにもならないので直接本拠地に乗り込むことに。飛行機?の所へ行くには扉を開くため
電源を復旧させないといけない。
化物やロボを撃退しつつ、非常用電源を起動させて格納庫へ。そこにはパットと名乗る少年が。
この子も割と好意的。メカに強い。飛行機を敵の本拠地、ウラン生成工場にとばしてくれる。

ひとまずこの辺りで。時間があればぼちぼち書き込みに来ます。穴開きまくりですが…。

516 :ガレリアンズ:アッシュ:2006/03/02(木) 16:15:52 ID:zX5PWLS7
パットは普通の子供なので汚染が酷い飛行機の外には出られないから一人で工場に。ちなみにここで回復可。
中はカードキーを使って移動する。扉ごとにカードキーを書き換えて進んでいく。すべて太陽系の惑星の名前。
傷つきながらも奥まで進んでいくリオン。途中の通路で謎のガスが噴出。吸い込んで気絶するが、すぐに
起き上がり、何事も無かったかのように一番奥の部屋へ。
アッシュと初対面。曰く、ドロシー復活の為に奮闘中らしいが…。
イベント後戦闘が始まる。倒すとまたイベント。アッシュは手を抜いていたらしく本気を出されて返り討ちに。
その後、動きを封じられた後にキス(マウストゥマウス)される。この行動の意味はよく分からない。したかっただけ?
気がつくと廊下で倒れていたリオン。部屋への扉は開かない。仕方ないので、一旦引き返すことに。

帰ってくるとなんだか雰囲気がさらに物々しい。敵が段々とエアポートに入り込んでいるようだ。
上の階への扉も閉ざされているが、何度も声をかけているとようやくリオンと認めてくれたのか、中に入れてくれる。
管制室でリリアと話すと最初の仮想空間(マッシュルームタワー)に行って欲しいと頼まれる。
細かい理由は忘れたが、たしかアッシュたちを倒すためにデータ収集をするのが目的。マッシュルームタワーは
ラストガレリアンズを作った場所なので、仮想空間にも彼等についてのデータが残っているとか。

意識を電脳世界へ転送、再びタワーへ。どうでもいいけど、なんかDDSAT思い出すなぁ。
開発エリア、セキュリティーエリア、中枢エリア等を調査していると、ドームエリアにてニトロ登場。
最初のスパイダー、アッシュ、パラノと同じ、ラストガレリアン。紅一点。こいつで顔キャラは最後。
イベント、戦闘へ。倒すと撤退。ようやく全てのラストガレリアンと顔を会わせた事になる。
捜査再開して、データを引き出すために網膜識別データを入手したりしながら、目当てのもの(の一部分)を手に入れる。
最初の部屋に戻って、一旦現実世界に帰る。

続きは夜にでも。

524 :ガレリアンズ:アッシュ:2006/03/02(木) 22:15:06 ID:zX5PWLS7
補足
敵の中心はラストガレリアンズとそのリーダー、アッシュだが
人間を襲っている大部分は化物と機械。雑魚敵はこいつら。

現実世界。リリアと話すと、早速解析作業にかかるという。
しかしメインコンピューターだけでは時間がかかるので、下にある予備コンピューターも使い
同時解析を行うことに。既に下の階は敵方に占拠されだしているので、頑丈なリオンが起動しに行く。
部屋にたどり着くと、起動用のキーが無いことが分かり、履歴を参考にキーを捜す。見つけて戻ってくると、
ロビーでパラノと遭遇。二回戦目。
忘れていたが、パラノについて。彼はかなり好戦的で薬のせいか言動が壊れている部分あり。
というかガレリアン(新旧あわせて)は全体的に飛んだ人が多い。刃物を使った攻撃をしてくる。
パラノはここであぼん。
倒した後に予備コンピューター部屋でキーを使い、無事起動に成功。
同時にリリアから通信が入る。敵に破壊されてしまわないように、コンピューターをこの部屋ごと
特殊な薬品で固めてしまう作戦にでたらしい。急いで部屋を出ると、上部の空洞から液体が…。
以降、この部屋は進入不可能に。もちろんコンピューターは作動中。
上に帰還、リリアと会話してまたまたデータ回収に仮想世界へ。

三度目のマッシュルームタワー。様々なエリアを調べ、さらなる情報入手にむけて奔走。
ラストガレリアン開発エリアにてスパイダー戦二回目。そういやこっちも説明してないや。
こいつは比較的まとも、というか気弱で声が高い。そのわりには髪型がパンクで服装は蛍光色?グリーンで派手。
友達の蜘蛛を使って襲ってくる。蜘蛛も特殊なんだろうか?
リオンの勝利、スパイダーはあぼん。状況は全然好転していないが、敵の数は減りつつある。
イベントでスパイダーが「アッシュは本当は優しいんだ」とこぼすシーンがあるが、その言葉の
信憑性は定かでない。戦闘後、カギを入手。
仕掛けを解いてデータその2を回収すると、現実世界のリリアに渡しにいく。

525 :ガレリアンズ:アッシュ:2006/03/02(木) 22:21:16 ID:zX5PWLS7
現実パート。リリアやキャス、ロメロ等と会話するが、どこか様子がおかしい。
違和感を感じるリオンだが、解析には時間がかかると言われたのでとりあえずキャスに頼まれた弾薬を
取ってくるために弾薬庫へ。集めて届ける。するともっと弾薬を持ってこいと言われるので別の格納庫へ。
いくらなんでも酷い扱いでは…もう少し怒っても許してもらえるよ、リオン。
ゲットしてるとリリアから起動キーを使って予備コンピューターを起動させてくれとの指令が。
既にコンピューターは動いている筈なのに…?
なお、弾薬は何度運んでも「もっと持って来い」が続くので無視してリリアの言うことを聞く。
キーを手に入れコンピューター室へ。薬品で満たされたはずの室内にはそのような痕跡は微塵もなく、
リオンは困惑するばかり。動いていないコンピューターを作動させて、リリアの所に。

途中、弾薬庫を歩いているときに、リオンは奇妙な白昼夢を見る。自分が今いるはずのこの部屋でキャスが
化物相手に戦っているのだ。懸命に応戦するも、敵は次から次へと押し寄せる。
このままでは突破されてしまうことを悟ったキャスは、部屋ごと敵を爆破。なんとか退けるが
キャス自身もまた爆発の中に…。
気がつくと、そこは自分以外誰もいない、もとの弾薬庫。しかし、今見た映像は妙に生々しく
現実味を帯びていた。彼の混乱は益々深まる。一体どういうことなのか。
リオンはリリアに自分の体験したことを話す。すると、突然リリアが顔を歪めて笑い出す。
なんとここは現実世界ではなく、リオンを騙す為に作られた幻の世界(仮想世界とも違うよう。幻覚?)
であり、目の前のリリアはニトロの変装した姿だった。幻の世界はニトロの特殊能力によるもの。
そのままニトロと二戦目。倒すとニトロはリオンに揺さぶりをかけるかのように話し出す。
どうも精神に傷を負わせるのが好きなようだ。
最後に「騙されちゃダメ…私は…リリアよ…」と呟きながらあぼん。気がつくとマッシュルームタワーに。
こんどこそ現実世界へ。本物のリリアの話によると何らかの妨害によりリオンの居場所を見失って
いる間にキャスがあぼんしたらしい。白昼夢は現実の世界で実際に起こった出来事だった。
もはや一刻の猶予も無い。休む間もなく最後のデータを収集するため仮想空間に戻るリオン。
しかし先程の件で疑心暗鬼になっている彼はリリアに「君は本当に本物なのか(意訳)」と尋ねる。
リリアはそれに「何があったかはわからないが、自分は本物だ、信じてほしい(意訳)」と返す。
これで向こうに行くのは最後。

526 :ガレリアンズ:アッシュ:2006/03/02(木) 22:24:26 ID:zX5PWLS7
仮想世界パート。流れは今までと同じ。(この辺りは特に記憶が薄い)
最奥のプログラム開発ルームではアッシュとのイベントがある。
多分アッシュの正体発覚イベント。奴は本当は実態を持たないプログラムそのものだった。
アッシュはドロシーのエネルギーを供給するシステムのメインプログラムで、ドロシーが復活すると
只のいち工場のコンピューターとして過ごさないといけなくなるらしい。アッシュはそれを嫌がってる。
以前戦ったときはガスの力で気絶してその間にデータとして遭遇していたというのが真実。
…意味分からん文章だなあ。↑は気絶中に脳に直接アクセスされたと考えればいいかと。
用が済んだらとっととオサラバ。これでマッシュルームタワーは見納め。
帰ってきた後、ずっと格納庫の飛行機に隠れていたパットから通信が。ここの内容も失念。おそらく
とうとう管制室に敵が押し寄せてきたこととリリアがさらわれてしまったことについてだと思われる。
管制室に生きた人間はおらず、施設内で生き残っている人間はパットだけに。
しかもロメロがリリアを連れ出し、飛行機に乗ってどっかいっちゃった。
彼は人間を裏切ったアッシュ側のスパイだったのだが、この時点でそれが分かったのか
この先のロメロ戦のイベントで事実が判明したのかは覚えてない。
ともかくリリアを助けるためにも、ロメロが逃げた先、ウラン生成工場へ。前回と同じくパットが
案内してくれる。エアポートだから飛行機は一台だけじゃなかった。セーフ。
身を案じてくれるパットを飛行機に残し、最後の舞台へ。

工場内でロメロと鬼ごっこ。逃げるロメロを追って、廃棄ウラン貯蔵庫へ。
イベント。リリアはその辺に転がされてる。ロメロは命惜しさに仲間を売って、自らもサイボーグ化していた
ことが判明。そのまま戦闘へ。倒すと強く?なって二連戦。ロメロあぼん。
放射能に汚染されたリリアを残し(パットに頼んで?)アッシュの所へ。
最深部の端末にアクセス。アッシュの世界に行く。リオンは二度と元に戻れなくなる。
これは仮想世界(電脳世界)へのアクセスは意識が身体の外に出て行くことなので、しかるべき装置の
ある場所でしないと(生命活動しなくなるから)肉体がダメになるのに強行した結果だったかな?
そしてアッシュと再会。アッシュは同じく体を持たない存在となったリオンを歓迎する素振りをみせる。
会話後、ついにドロシーが復活するが、それは以前のようなスーパーコンピューターとしてではなかった。
ムービーでは檻っぽい場所でドロシーが助けてくれって言ってるのが流れる。
復活したドロシーの状態は人間で例えれば電流が流れる鎖につながれて
牢屋の中に閉じ込められてるようなモノだと自分は解釈した。
ひょっとしたら本来アッシュが担うべき役割の部分にドロシーが再生したのかも。アッシュはドロシーに
折檻されていたようだし。結局ドロシー復活は不完全な形で実現。人の脅威にはなりそうもない。
問題は残ったアッシュ。敵であることに間違いはない。何だかんだと話をして、ラストバトル。
これも二連戦。最後はアッシュに今度はリオンからキス(マウストゥマウス)をして二人とも停止。
キスの意味は理解力の乏しい自分には最後まで不明でした。
(☆↑アッシュ→リオンのキスはウランの注入(嫌がらせ)。リオン→アッシュのキスはウイルスプログラム注入。)
人類の未来は守られた様子。エアポートにいて五体満足に帰れたのはパットだけ。
リリアは一応生きてるけど放射能で汚染されまくり。

527 :ガレリアンズ:アッシュ:2006/03/02(木) 22:28:59 ID:zX5PWLS7
補足
どのタイミングで入ったかは忘れたけど、スパイダー、パラノ、ニトロはアッシュの別人格という
話があった気がする。あとニトロは爆弾使い。
でもパラノとは直接戦ったよなあ…。どういうことなんだろう。分かる人いたら付けたしよろしく。
(☆↑パラノ戦の直前には敵メカが手錠ワイヤーを射出してリオンをキャッチ、電撃で気絶させる。
この手錠ワイヤーがそのまま仮想空間へのコネクタかと。)

真のED
ノーマル以上でクリアしないと見れないエンディングについて。
元々自分がこのゲームをプレイしたのは友達が「エンディング見たいから代わりにクリアしてくれ」と
ソフトを押し付けていったのがきっかけだったり。ステキな友達ですこと。

あれからどの位時間がたったのだろうか?
リオンとアッシュ、二人がフリーズした真っ白な仮想空間の奥深くに、一人の青年が訪れる。
青年はリオンの意識だけを目覚めさせると、久しぶりですね、と彼に話す。
青年の正体は、成長したパット。放射能汚染により亡くなったリリアの意思を継いで、
リオンをサルベージするためにやってきたのだと言う。どうやってリオンの体を調達したのかは不明。
しかし、リオンはリリアのいない現実世界に戻っても意味は無い、とパットの申し出を拒否。
このままアッシュと共に自分たちの存在(データ)を消してくれ、と頼む。
パットは残念そうにするが、リオンの願いを聞き届け、彼のいるべき場所へと帰っていく。
去り際のパットにリオンが一つの質問をする。「世界は平和になったのか?(意訳)」
「皆幸せに暮らしています(超意訳)」安全になった世界を語り、立ち去るパット。
やがて、二人の消滅が始まる。
アッシュはフリーズしたまま、リオンは意思を持った状態で、二人の体は崩れていく。
しかし、リオンは自分の選択に満足そうで、悲観した様子は微塵も無い。
「リリア…僕にはいつでも君の声が聞こえる…」とか言って、完全消去。






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー