勇者30

Part46-137,140,148,149,151,153,154,161~164,180,183~185




137 :勇者30◆l1l6Ur354A:2009/06/04(木) 03:13:38 ID:GjniYuAi0
はじめに

このゲームは「勇者30」「魔王30」「王女30」「騎士30」の4つのゲームモードを
クリアして、初めてストーリー全貌が分かる仕組みになってます。
4つのゲームモードはそれぞれ同じ大陸の4つの異なる時代を
舞台にしています。

※主な登場人物※

時の女神…時間を巻き戻す能力を持つ。スーパー守銭奴。
勇者………世界中を旅していた若者。ひょんなことから女神に選ばれ勇者となる。
魔王…………美形でナルシスト。恋人ミレニアの呪いを解くため旅に出る。
王女…………世界国王の一人娘。普段は優しい性格だがボウガンを持つと豹変。
騎士……死んだ所を賢者に甦らせて貰い、以降彼に絶対の忠誠を誓う。
賢者……蘇生とモンスター全滅の呪文を使う。騎士を甦らせ自分の従者とする。

プロローグ
古より遙か昔、時間を司る時の女神と、世界の全てを破壊しようとする
超魔王との戦いがあった。
激しい戦いの末、女神は超魔王を闇の奥深くに封印したが、
自身も力の源であるルビーを砕かれた。
そして長い時間が過ぎ、人間達が文明を作り始めた。
人間は女神が世界に降臨した最初の年を女神暦元年とし、
村や町の各地に女神像を建立した。
そして、女神暦100年……

【超速RPG「勇者30」】

大陸の端に浮かぶストレール島。その城に一人の若者が辿り着いた。
国王から旅の援助をするかわりに、草原の魔物を3匹倒して欲しいという依頼を請け負う。
見事草原の魔物を倒した若者はその様子を国王に報告する。しかしその時、
王の間に雷鳴が走り、どこからともなく不気味な声が聞こえてくる。
声の主は魔王ハッケイン。彼は30秒で世界を滅ぼす「ハメツの呪文」を発見したというのだ。
国王に急かされ魔王を倒しに行く若者。しかし彼の力は魔王に届かず、
世界はあっけなく破滅したかに思われた……。

気が付くと、横たわる若者の側に一人の美しい女性が佇んでいた。
彼女こそ時の女神であり、世界を破滅から救うために魔王を止めて欲しいと若者に契約を持ちかける。
契約を交わした若者は各地の女神像でお祈りすると時間を巻き戻せる能力と、猛スピードでレベルアップする能力を授かった。
(ただし、時間を巻き戻すには料金がかかり、成長したレベルは一日経つと元に戻ってしまう)
かくして、女神に選ばれた勇者がここに誕生したのであった。

勇者は超スピードで戦闘とレベル上げを繰り返し、魔王ハッケインを倒す。
しかしハッケインは「わしが倒れても……アイツが他の魔王にハメツの呪文を教えるだろう」
という言葉を残して消滅する。
魔王を倒した勇者は、国王から礼としてキャラバン一式を授かった。
こうして、勇者とその一行の長い旅が始まった。
大陸に平和が戻るのはいつの日か……。


140 :ゲーム好き名無しさん:2009/06/04(木) 21:46:44 ID:UECh08F+0
勇者30乙!
1話30秒でRPGのセオリーを網羅するバランスには驚いた。
世界の破滅直後に女神様が
「実は私、お金がダイスキなのv
力を貸してあげる代わりに、
手に入れたお金を私に納めてほしいの♪
あなたはお金を払い、私は力を与える。
ギブアンドテイクは基本よね★」
衝撃的だったわ。


148 :ゲーム好き名無しさん:2009/06/05(金) 01:25:51 ID:ZnZGTX/a0
140
ありがとうございます。
勇者30はルート分岐で行けるステージが沢山あるため
大事なところ意外はちょくちょく端折り気味で書きます……。


149 :勇者30 その2◆l1l6Ur354A:2009/06/05(金) 01:26:54 ID:ZnZGTX/a0
  • 美しき魔王
吟遊詩人リチャード、弓使いのエルフセシリア、傭兵バーバラと仲間を集めながら
各地の魔王を撃破していく勇者。
とある地で、銀髪の美しい青年の魔王がハメツの呪文を唱えようとしていた。
聞けば恋人であるミレニアが行方不明になり、その腹いせに
世界を破滅させようとしているらしい。
村人の情報を頼りに西の外れにある小屋に赴く勇者。
そこには紫色のローブに身を包み、杖を持った怪しげな魔術師ノワールがいた。
奴こそが世界各地で魔王を作り出し、ハメツの呪文を教えていた元凶だったのだ。
勇者はノワールを追いつめるが、とどめを刺す寸前でノワールは姿を消してしまう。
小屋を出ると何者かが勇者に話しかけてくる。
それはノワールの呪いによって、コウモリに姿を変えられたミレニアだった。
勇者がミレニアを魔王の城に連れていくと、魔王は姿の変わったミレニアを見抜き
何年経ってもその呪いを解くと決意する。
そして魔王は勇者が危機に陥ったとき、必ずその力を貸すことを約束する。
勇者達は姿を消したノワールを追い、その地を後にする。

(勇者30はステージのクリア方法によって行けるルートが変わります。
 何回も遊ぶことによって違う分岐先に行けるようになり、
 仲間を増やすことができます)

  • 分岐1 シスターと悪魔(船を手に入れない場合)

陸路を行き、山奥の道を進む勇者。
そこには巨大な竜に乗った少女魔王パピロンがいた。
パピロンは巨石で城への道を南北に分断してしまう。
強大な魔王を倒すには、何かの力を借りる必要があるかもしれないと
時の女神はアドバイスする。
ふもとの村で話を聞くと、北の町には旅のシスターが、南には古の悪魔に詳しい女がいるという。
悩んだあげく、勇者はシスターがいるという北の町へ行き、そこでシスターエレナと出会う。
エレナが言うには、パピロンの乗った魔の竜の吐く地獄の炎を弱めるためには
聖なる石ドラニウムが必要らしい。
竜の棲む危険な洞窟を進み、ドラニウムを見つけた勇者。
エレナに報告すると、彼女も共に魔王を倒しに行くという。
ドラニウムとエレナの加護を得た勇者は、見事パピロンに勝利したのだった。
(悪魔の力を手に入れるとまた違うルートに行けます。お楽しみに)

  • 分岐2 リザードマンの国(船を手に入れた場合)

船を手に入れ、小さな島へとたどり着いた勇者。そこではリザードマンが国を築き
人々と共存していた。しかし、最近は森にリザードマンが出没し、人間を襲っているという。
リザードマンの国王レクサールに話を聞くと、王子レクスが魔王リザイアスに人質にされ、
仕方なく人間を襲わせているというのだ。
北の孤島を探索し、魔王の手下に囚われていたレクスを奪回する勇者。
戦う理由のなくなったリザードマン達は魔王の元から離脱し、
手下のいなくなった魔王はあえなく勇者の前に破れた。
こうして島には再び平和が戻ったのであった。


151 :勇者30 その3 ◆l1l6Ur354A:2009/06/06(土) 04:33:31 ID:nTL9mgKl0
  • 大平原の戦い
山賊ドノヴァン、海賊ハンク、踊り子ナタリー、女剣士カレンと
着実に仲間を増やしていく勇者。
そんな中、北限の大平原に黒騎士魔王ザインが魔物を集めていると聞く。
大地を破壊するために平原の要所要所に置かれた大砲。無数に設置された地雷が勇者の行く手を阻む。
しかし、かつて勇者と共に戦った仲間達も大平原に集結しつつあった。
馬を駆り、戦地を巡りながら仲間を集める勇者。
大勢の仲間と共に魔王城に乗り込んだ勇者は激闘の末ザインを打ち破る。
しかしザインは最後の力で勇者達を違う大陸へ吹き飛ばしてしまう。
ノワールの行方を追って、勇者達は見知らぬ大陸での冒険を始めるのだった。

  • 大いなるつばさ
とある地で魔王の城を見つける勇者。
しかし、魔王城はとても遠く、しかも滝の上の崖にあるので
泳いで渡ってもとても時間内に辿り着けそうにない。
どうしたものかと思案していた勇者は、森の片隅で傷ついた竜を見つける。
シルドニクスと名乗る竜は、魔王ハイアッドとの戦いで負傷し仲間を囚われてしまったという。
シルドニクスは傷を治すため、勇者にドラゴンリーフを取ってほしいと頼む。
ドラゴンリーフをシルドニクスに与えると、瞬く間に傷が全快した。
勇者はシルドニクスの背に乗り、近くの洞穴に囚われていた竜の少年と少女を助ける。
そのまま彼らは北の彼方の魔王城に乗り込み、魔王ハイアッドを倒した。
勇者に助けられた恩返しに、シルドニクスは一行と冒険を共にするのだった。


153 :ゲーム好き名無しさん:2009/06/06(土) 11:56:07 ID:d9p3rqGk0
151
勇者30ってちゃんとストーリーあるんだね
なんちゃってRPGでストーリーなんて皆無なのかと思ってた
しかも結構王道っぽいんだな


161 :ゲーム好き名無しさん:2009/06/06(土) 23:19:19 ID:zYkelAot0
153
そうですね。SFCの頃のRPGを彷彿とさせる
熱血展開が多くてうれしいです。
それでは続きをどうぞ。


162 :勇者30 その4 ◆l1l6Ur354A:2009/06/06(土) 23:22:21 ID:zYkelAot0
  • 呪いと勇者

大陸の北の端に差し掛かった途端、シルドニクスが何者かの邪悪な力により
飛ぶことが出来なくなってしまう。
時の女神によれば、これは強大な呪いを使役する死神魔王ラミデスの影響に違いないという。
ラミデスは何処かに隠れてハメツの呪文を唱えているに違いない。
ラミデスの城を探すため、城の国王に話を聞く勇者。
国王の話によれば、ラミデスは北の山に居を構えモンスターを操っているという。
国王の話を元に、勇者は一路北へと進むのだった。

情報収集のため南の村に入る勇者。
村は平和そうに見えるが、どことなく雰囲気がおかしい。
勇者は緑色の髪をした一人の少女に話しかけた。しかし少女は恥ずかしがって奥へと隠れてしまった。

北の橋を渡ろうとすると、なんと南の村にいた緑髪の少女が魔王の使いに襲われていた。
魔王の使いを倒し、少女を窮地から救う勇者。
助けられた少女はサーシャと名乗り、お礼に勇者を各地の名所に案内するという。
まずは自分の住む南の村に来て、と言い残してサーシャは去る。

かくして南の村へ行くとサーシャが待っていた。
ここは国王が身よりのない者達を集めて作った村だという。
自分たちに人間らしい生活を与えてくれた国王にはとても感謝している、とサーシャ。
次は北の橋へ来てね、とサーシャ。

北の橋に行くとサーシャが魔王城と北の村の情報をくれる。
北の岬に通じる橋には今は行く必要はないという。
サーシャの情報通り、北の山の魔王を倒す勇者。
しかしハメツの呪文の気配は収まらない。どうやら倒した魔王はラミデスの偽物だったらしい。
サーシャは何か隠しているのでは?と怪訝な様子の女神。

北の村に行くとサーシャが魔王を倒した勇者を祝ってくれる。
勇者と一緒に出店で食事をし、はしゃぐサーシャ。
そんなサーシャの様子に顔を曇らせる勇者。
勇者の気持ちを察知したのか、次は北の岬に来て、というサーシャ。

北の岬に行くと、そこは石碑があり、海が見える光景が広がっていた。
ここは自分が人間として初めて見た光景なの、とサーシャ。
南の森に来て欲しい、と頼むサーシャ。そこで最後の話をするという。


163 :勇者30 その5 ◆l1l6Ur354A:2009/06/06(土) 23:25:27 ID:zYkelAot0
南の森に行く勇者、そこには大地に錆びた剣が刺さっていた。
サーシャの話ではそれは真の勇者にしか抜けない物らしい。
勇者が力を入れると剣はあっさり抜けた。しかし錆びてぼろぼろのためとても実戦では使えそうにない。
剣を抜いた勇者を見て、サーシャは事の真相を話し始める。
自分達は死神魔王の使いのモンスターであり、勇者を足止めするために人間の振りをしていたこと。
北の石碑を壊せば死神魔王の呪いが解け、自分たちは元の姿に戻ること……。
どうして真実を自分に明かす気になったのか、と勇者が聞くと、
「人間として過ごすうちに素敵な世界を壊したくなくなったから。きっとあなたみたいな素敵な人が
 勇者だったからだね」、とサーシャ。
「私の姿が人間じゃなくなっても、私の言葉が分からなくなっても……友達だって約束してくれる?」
サーシャの言葉に頷く勇者。
サーシャは有り難うと礼をいい、南の村へと帰っていた。

北の岬へと赴き、石碑を破壊する勇者。
それと同時に轟音と共に南の城が崩れ落ち、真の魔王城が姿を現した。
国王こそが死神魔王ラミデスの仮の姿だったのだ。
勇者が南の村へ入ると、そこはゾンビの様なモンスターが溢れ返る廃墟と化していた。
次々とモンスターを倒していく勇者。
そんな中、一匹のモンスターの目から一筋の涙が流れるのを目にする。
まさか、あのモンスターはサーシャ!?
剣を振る手を止め、攻撃を躊躇する勇者。
サーシャを攻撃することはできない、どうすればいい……!?
その時、錆びた剣から光が走り「勇者の剣」へと姿を変えた。
それと同時にモンスターの姿がサーシャへと変わった。
「ありがとう勇者さん……私がモンスターに戻ってしまっても
 友達だと信じてくれたんですね……
 遠くに行ってもあなたの事、応援してるからね……!」
そう言い残すとサーシャは天へと昇り、光と共に空に溶けていった。

怒りを胸を秘めた勇者は魔王城に赴き、一閃の元にラミデスを切り伏せた。
しかし、ラミデスはもう遅い、と勇者に言う。
すべてはノワールが大魔王ホロヴォスを復活させるための時間稼ぎだったというのだ。
時の女神によると、ホロヴォスはかつてそのあまりの魔力の高さゆえ他の魔王から恐れられ
封印されたのだという。
勇者達はホロヴォスの復活を止める為、ノワールのいる極北の大陸へと急ぐのだった。


164 :勇者30 その6 ◆l1l6Ur354A:2009/06/07(日) 02:02:11 ID:EZp1bCwI0
  • ラストバトル

ノワールを止める為、大陸へと向かった勇者。
しかし、すでに大魔王ホロヴォスは復活してしまった!
こうなったらホロヴォスとノワールを倒すしかない。
かつて戦った仲間達と共にブレイブクラウン、ブレイブベスト、ひかりのたて、ブレイブブレイドと
神々が作り出した防具と武器を収集していく勇者。
魔王城への入り口を塞ぐモンスター、ポイズンゴーレムとマウスギロチンを倒し魔王城に乗り込む一行。
勇者と仲間達は死闘の末に大魔王ホロヴォスを撃破するが
ノワールを取り逃がしてしまう。

勇者はホロヴォスを倒した後も、ノワールを探すために旅を続けた。
しかし、遂にノワールを見つけ出すことは出来なかった。
考え抜いた末に、勇者は全財産と引き換えに自分の時間を凍結する魔法を女神に掛けてもらう。
次に勇者が目覚めるのは、世界が破滅の危機に直面している時だろう。と女神は告げる。
こうして勇者は、いつ醒めるとも知れない長い眠りについたのだった……。

……NEXT「魔王30」へ続く


180 :ゲーム好き名無しさん:2009/06/07(日) 23:36:04 ID:l3tkHrLa0
忍道 戒、勇者30乙です
勇者30の書き手さんが最善のルートでダイジェストしてらっしゃるので
個人的に思い入れ深いところを勝手に追記させていただきます。

  • 「呪いと勇者」
このゲームは戦闘中、「逃走」ボタンを押すと後退することができます。(押さないと前進し続けます)
「呪いと勇者」でサーシャを救うにはサーシャ以外を倒した後、後退してサーシャから離れないといけません。
これに気づかず前進し続けるとサーシャは「…ウォ…ヅキィ……」という悲痛な呻き声をあげて倒れ、
さびた剣は勇者の剣にならず、クリア時の称号も「うそつき」になります。(>>162の場合は「真の勇者」)

そして「呪いと勇者」というタイトルは「死神魔王の呪い」と「呪われた靴」の二つの意味があります。
「呪いと勇者」の3つ前のシナリオにて、勇者は魔獣に守られた宝の靴「デュエルグリーブ」を手に入れることができます。
魔獣曰く、「履くと強くなるが、逃げることができなくなる呪われたアイテム」とのこと。
しかしこのゲーム、逃走するぐらいなら負けて蘇生する方が効率的なので
多くのプレイヤーはデメリットを認識せずデュエルグリーブをつけっぱなしにします。
その結果、初プレイでサーシャを助けることができないプレイヤーが続出しています。
入手時期や「呪いと勇者」シナリオ中に靴屋が無い(=靴を脱げない)ことから、
おそらくスタッフも狙ってやっているのだと思われます。

  • 大魔王ホロヴォス
魔王を倒した後、魔王図鑑を読むと「強大な力を持つ魔王だが、その正体は死を恐れ続けたただの老人」という設定が明かされます。
勇者一行が死闘を繰り広げた彼もまた、ノワールの捨て駒にしか過ぎなかったのです。



183 :◆l1l6Ur354A:2009/06/08(月) 01:15:40 ID:5GGWaRmXO
  • 呪いと勇者
信じられるかい…これ1ステージで30秒なんだぜ…!
会話の時間をいれても3~5分で終わってしまうという…。
どれだけ超速なRPGなんだよ!ww


184 :勇者30 その7 ◆l1l6Ur354A:2009/06/08(月) 03:48:38 ID:Bqn9ZEFw0
※お詫びと訂正※
勇者30の「はじめに」の説明文ですが
「同じ大陸」ではなく「同じ世界の違う大陸」が正しいようです。
申し訳有りませんでした……。

【超速STG「魔王30」】

女神暦200年。深い森の中に佇むバイオレット城で
ミレニアとともにお茶の時間を楽しむ魔王。そこに現れた山賊達。
なにか様子がおかしい。皆何かに操られたかのように凶暴になっている。
魔法陣からモンスターを呼び出し、優雅に山賊たちを一蹴する魔王。
これで一安心……かと思いきや、朝日を浴びてミレニアが苦しみ出す。
突然、ミレニアのモンスター化が進行し始めてしまったらしい。
なぜ人間が凶暴化したのか?なぜミレニアのモンスター化が急に進み始めたのか?
魔王とミレニアは異変の原因を突き止めるために旅に出る。
ただし、外出出来るのは夜の30秒間だけ。(この世界は一分で一日です)

村へ行くと、魔王達を凶暴化した村人達が襲ってくる。
村の中心には奇妙な像が置いてある。よく見ると、それはミレニアに呪いをかけた
ノワールの像だった!
モンスターを召喚し、村人を牽制しながら優雅に像を破壊する魔王。
正気に戻った村人に話を聞くと、ある日城から兵士が村に来てノワール像を置いていったという。

大きな町に着くと、サングラスを掛けた謎の女性に遭遇する魔王。
彼女は時の女神であり、町の人々が女神像を破壊しているため
「時の女神屋」なるものを開店したとか。
フィールドに設置された金色の樽のような物に触れば時間を巻き戻してくれるという。
(ただし料金は有り金全部)
魔王は女神の力を借り、優雅に町のノワール像を全て破壊した。
兵士に話を聞くと、城内にノワール像が大量に置かれ
国王から国内各地にノワール像を設置するよう命令が出されたという。
国王に真意を問いただすため、城を目指すことにする魔王とミレニアだった。



185 :◆l1l6Ur354A:2009/06/08(月) 22:39:28 ID:yXLqg4h10
勇者30乙です。

【超速STG「魔王30」】
【(結果的に)悪行根絶RTS「魔王30」】ですね
STGは王女30です。





| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー