スーパープリンセスピーチ

part49-170


170 :スーパープリンセスピーチ:2010/01/22(金) 13:33:00 ID:Kn9API/s0
キノコ王国の近くに、不思議の島「キド・アイラック島」がありました。
その島には、「キド・アイラックの杖」という不思議な杖がありました。
キド・アイラックの杖を振るとあら不思議、
人々は「喜・怒・哀・楽」いずれかの気分になってしまうのでした。

大魔王クッパはキド・アイラック島に別荘を建てました。
クッパはキド・アイラックの杖を探し出し、杖を使ってキノコ王国のお城を襲いました。
マリオ、ルイージ、そしてキノピオたちは、キド・アイラック島へ連れて行かれてしまいました。
しばらくして、たまたまお散歩に行っていて無事だったピーチが、お城に帰ってきました。
お城には誰もいないのでピーチはビックリ。
「マリオを助けたければキド・アイラック島へ来い」というクッパの置手紙を見て、
ピーチは島に行く決心をしました。
ピーチの側近の老キノピオは、黄色い日傘をピーチに渡しました。
「これはワシが露天商から買った、不思議な力を持ったカサでございます」
ピーチが日傘を手に取ると、
「なにを困ってるんだカサ?ボクはカッサーだカサー」
日傘がしゃべり出しました。
「ワルモノは許さないんだカサー!さっそく冒険に出発!」

こうして、ピーチの冒険は始まりました。
キド・アイラック島へ渡り、カッサーと力を合わせて進んでいきます。
途中の強力なボスも、ピーチはカッサーのアドバイスに従って倒しました。
ピーチはついにクッパのいる別荘へと辿り着き、クッパを倒しました。
マリオとキノピオたち、そしてルイージを助け出し、キノコ王国へ帰りました。

おしまい。


―幕間― カッサーの夢

カッサーは冒険の途中で、夢を見ました。
あるところに不思議な力を持つ男の子がいました。男の子には身寄りがなかったので、
通りすがりのおじいさんに拾われて、一緒に暮らすことになりました。
そんなある日、おじいさんの元にワルモノが現れて、男の子を渡すようにと要求しました。
ワルモノは男の子の不思議な力に目をつけたのです。
おじいさんは男の子をかばいましたが、男の子はカサに姿を変えられて、ワルモノに連れ去られました。
カサはなんとか抵抗し、ワルモノから逃げ出しましたが、自分では動けないので道端に転がっていました。
それを露天商が拾っていきました――。
目を覚ましたカッサーは、こうつぶやきました。
「じっちゃん、ボク、しばらくピーチ姫さまといっしょにいることに決めたよ。
ピーチ姫さまといっしょに冒険していれば、いつかじっちゃんに会えるような気がするんだ」


 





| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー