みずいろブラッド

part49-271~272


271 :みずいろブラッド:2010/02/05(金) 05:53:43 ID:BlKDI9bP0
第一部 恋はみずいろ

わたし、みずいろ。
水色の体液の、かわいい(?)ロボットの女の子だよ。
この春から「ブラッド学園」に通ってる。
クラスメイトのラブネリちゃんは蒲鉾型の生き物。
担任のウシキング先生は牛。
ロボットのわたしが言うのもナンだけど、周りは変な奴らばっか。
でも、あこがれの加藤くんだけは別。
加藤くんは、四角いところがキリッとしててカッコいいロボットなんだ。
入学式のとき、初めて見たときから、加藤くんのことが好き。
この想いを伝えたいけど、でも・・・。
加藤くんとは何の進展もないまま、毎日が過ぎていく。



272 :みずいろブラッド:2010/02/05(金) 05:57:23 ID:BlKDI9bP0
第二部 守るべきモノ

3月、もう少しで学園を卒業するという夜、みずいろは加藤くんに向けてラブレターを書いた。
次の日、加藤くんと一緒に帰ることになったみずいろだったが、ついにラブレターを渡すことはできなかった。
そして、卒業式。
「加藤くん、第二ボルトちょうだい」
「うん、いいよ」
他愛の無い話で盛り上がるみずいろやラブネリ、そして加藤くん、その他のクラスメイトたち。
彼らを見下ろす青空を真っ二つに切り裂いて、何かが落ちてきた――。

「え?ここ、どこ?」
みずいろは目を覚ました。ここは、見知らぬ暗い部屋。
目の前のモニターにウシキング先生の姿が映り、話し始めた。
『みずいろよ、よく聞け。この星は襲撃された。ここは学園の地下シェルターだ。
宇宙生命体ギャラクシアン(※1)、それが我々の敵だ』
「なんで、学園の地下にシェルターが?」
『この学園は兵士を育てる訓練校だったのだ。優秀な成績を修めたお前なら出来る。
我がUIMS(※2)が誇る、最新鋭機FAKER2に乗って、ギャラクシアンを倒してくれ』
「急にそんなこと言われても・・・。そうだ、加藤くんはどうなったの?」
『彼は一命をとりとめて、病院へ搬送された。頼む、この星を救ってくれ』
しばらくの沈黙の後、みずいろは言った。
「わかりました。わたし、戦います」

みずいろは戦闘機に乗り込み、宇宙に飛び立った。
何千、何万という敵を撃ち落していく。(※3)
最後に、敵のボスらしき球型の巨大な兵器(※4)が現れた。
みずいろは、そいつに突っ込んでいって自爆するという方法を取ることにした。
自爆装置を起動するパスコードを1文字ずつ入力する。
”か・と・う・く・ん・だ・い・す・き”
それは、あのとき渡せなかったラブレターの文句だった。
「サヨナラ、加藤くん・・・」

かくしてギャラクシアンは全滅し、平和が戻ってきた。
足に包帯を巻いた加藤くんが、松葉杖をつきながら道を歩いていると、
青空を真っ二つに切り裂いて、何かが落ちてきた――。
それは、満身創痍ながら生きていた、みずいろだった。

おしまい。


※公式HPやWikipediaを見ることをオススメします。特に公式ブログはいろんな意味で必見。
 キャラゲーでもないしどっちかというとnamcoっぽいゲームなのにバンダイレーベルとして出ているのは、
 UIMSの立場から見た話だから。納得。

解説
※1・・・ギャラクシアンというナムコのゲームがありますが、ギャラクシアンとは敵キャラのことではない、らしい。
     見た目はギャラガの敵そのもの。トンボとハチの2種類が出てきます。
※2・・・UIMS(ウイムス)。ギャラクシアン3及びスターイクシオンの敵勢力。機械生命体軍団。
※3・・・この部分はシューティングゲームです。コックピットの様子などはスターラスターに酷似しています。
※4・・・スターラスターのディスラプター、または暗黒惑星のような外見。






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー