R-TYPE II

part50-90


90 :ゲーム好き名無しさん:2010/03/06(土) 05:35:19 ID:RSt7rKAN0
R-TYPEⅡ(アーケード版)

新たなるパワーを得て蘇ったバイド帝国に対し、
人類はR-9の強化型、R-9カスタム(後のシリーズではR-9C:ウォーヘッドと呼称)を投入した。
R-9カスタムは「化け物」と言える程の性能を持っていたが、搭乗者は四肢を除去され、生体CPUと化していた。
(以下、アイレムファンブック『ILLEGAL MISSION』の記述を下に編纂。)

最終ステージ、バイド帝星の中枢部において行われたR-9カスタムのファイナルミッションは、
バイドのクローニングプラントの破壊であった。
そこには前作戦(R-TYPE)時に捕獲された四機のR-9が繋がれ、金属イオンとして吸収されていた。
パイロットの亡骸は既に養分として吸収されてしまったに違いない。
R-9カスタムのパイロットは、R-9をバイドの触手から解き放ち、システムを再起動させると、
彼らと共にクローニングプラントを攻撃、破壊に成功した。
しかし、崩壊を始めたバイド帝星を脱出する際に重力波に飲み込まれ、四機のR-9は全滅する。

唯一、脱出に成功したR-9カスタムのパイロットは
「このまま朽ち果てるとしても私は人間のままでいたかった」と言い残してシステムを凍結した。
後にR-9カスタムは回収され、パイロットもコールドスリープ状態のまま発見されたが、公式発表では死亡となっていた。






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー