R-TYPE III THE THIRD LIGHTNING

part50-90


90 :ゲーム好き名無しさん:2010/03/06(土) 05:35:19 ID:RSt7rKAN0
R-TYPEⅢ THE THIRD LIGHTNING

ニ度目の復活を遂げたバイドに対し、オペレーションコード”THE THIRD LIGHTNING”が発動。
バイドの中枢、『マザーバイド』を攻撃すべく、R-9スラッシュ・ゼロ『ラグナロック』が出撃する。
なお、ラグナロックのパイロットは『14歳の肉体に幼体固定処理が施された23歳の女性』であると言われているが、
軍は認めていない。(認めていない事を含めて公式設定)

また、本作説明書において『バイドの正体は26世紀の人類が開発した兵器』という設定も明らかになるが、
ゲーム中ではそうした設定が語られることは無く、淡々と敵を撃破していくのみ。

次元カタパルト、巨大生物の生殖道、暴走する巨大工場、汚染された研究所などを超え、
電界25次元に突入したラグナロックは、バイドを生み出し続ける『セントラルボディ』を撃破。
セントラルボディを破壊するとワームホールが膨張、その内部で『マザーバイド』と遭遇し、死闘を繰り広げる。

マザーバイドは倒された後も腕だけになって暴れ周り、更に悪足掻きを続けるが、
口の中にフォースを叩き込まれ、ワームホールもろとも消滅していく。

戦いを終えたラグナロックは、無事に地球と思われる蒼い惑星へと帰還する。
しかし、作戦を終えたラグナロックと、そのパイロットの行方は語られていない。

続編のFINALにおいても、登場するラグナロックは本作の機体ではなく、性能をデチューンした量産型とされている。





| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー