ニーア ゲシュタルト/ニーア レプリカント

Part51-188~193,197,198,210


188 :ニーア:2010/05/22(土) 08:22:32 ID:KBYPuefJ0
>>158
おまたせ。

【レプリカントとゲシュタルトの違いについて】
ストーリーに大きく関係するところは、主人公がヒロインであるヨナの兄or父という点。
ゲーム的な違いは、英語音声のみor日本語吹き替えのみかという点など。
主人公の住む世界が2作で100年差という違いはあるものの、ストーリー自身には関係が無く、バックストーリーや設定には関係ありそうだが語られていないという感じ。

ストーリーはどちらも同じ。
ヨナへの愛情が、レプリカントだとシスコンでゲシュタルトだと親バカ。
ゲシュタルトの方が親子愛なので自然だが、レプリカントだと幼い妹へ向けた愛にしては過度。

他キャラに関しては同じだが、ゲシュタルトの方が英語で規制がゆるいのか、汚い言葉も露骨な表現も結構ある。


以下ストーリー。
一ヶ月前の発売なのでネタバレにご注意。

189 :ニーア  ◆l1l6Ur354A :2010/05/22(土) 08:24:30 ID:KBYPuefJ0
(ゲシュタルトをベースに記載しますので、レプリカントのストーリーは文中の「娘」を「妹」と脳内変換してお読みください)

プロローグ
夏の雪が降る新宿。
主人公と病弱な愛娘のヨナは、マモノに襲われる。
娘を守る力が欲しいと一冊の書籍に手を伸ばし力を得てマモノを倒す。
だが、娘は病で倒れこんでしまう・・・。


本編
ニーアは素朴な村に病弱な愛娘のヨナと2人で住んでいた。
そんなある日、ヨナが失踪してしまう。
村を統括しているデボルとポポルという双子から、ヨナは花を探しに石の神殿へ行ったと言われ探しに行く。

祭壇でヨナを見つけるが、結界により助けることができない。
そこで「白の書」と名乗る書籍(しゃべります)と出会う。

なんとかヨナを救出して村へ戻り、双子に白の書について話を聞くと、それについて古い歌があるという。
黒の書が災厄を撒いたら、封印の言葉を手に入れて白の書がそれを打ち払う・・・的な感じ。
とにかくマモノを倒して「封印の言葉」を手に入れればヨナの病が治ると信じて国中を駆け巡る。

途中、両性具有で魔物憑きという苦しみを背負った腕の立つ剣士であるカイネが仲間になったり、
旧世界の遺跡である洋館に住み、石化能力がある目を持つ少年エミールが仲間になったりする。

全ての封印の言葉を手に入れ、後は黒の書を探すのみという段階になったとき、
村がマモノに襲われ、さらには「魔王」と呼ばれる者にヨナがさらわれる。
(魔王には黒の書が付き添い、白の書とほぼ同一能力で、白と黒は両者で一対の存在)

190 :ニーア  ◆l1l6Ur354A :2010/05/22(土) 08:26:01 ID:KBYPuefJ0
5年後
ヨナを助けるべく魔王の行方を捜していたそんなある日、
ポポルに「魔王と石の神殿は関係あるかも」と言われ、祭壇まで様子を見に行くと鍵を発見する。
どうやら5つ集めて祭壇に行けば奥の扉が開くらしい。

再び各地を駆け回り、5つの鍵を揃えて石の祭壇へ行き扉を開くと、そこは魔王の居城となっていた。
道中で双子に行く手をふさがれ世界の真実を聞かされる。

1300年前、病が世界を苦しめた。
そんなとき、人間から魂と肉体を引き離すとその病にかからなくなることを発見。
これをゲシュタルト計画として進めていた。
今までマモノと呼んでいた者は全て人間の魂である「ゲシュタルト体」
今まで人間と思っていた者は全て器である「レプリカント体」だった。
レプリカント体を管理する者がアンドロイドであるデボルとポポルの双子。
ニーアが白の書と出会って封印の言葉を手に入れることから全て計画のうちだった。


そんなことを聞かされ、双子に実力行使で道を塞がれるが、仕方なく打ち倒して魔王に会う。
するとそこには成長したヨナと魔王がいた。
魔王とニーアが戦っていると、ヨナが「お父さん」と呼んで魔王へ歩み寄る。
「ヨナのことはもういいから、この体を元の女の子に返してあげて」と語ったヨナは、
そのまま日向へ立ち、ヨナの体から煙が抜けて行き倒れこむ。(マモノは強い日の光に当たると煙になって消える性質を持つ)
魔王は雄たけびを上げてニーアへ襲い掛かるが、それを振り払い、魔王を打ち倒した。
(このときまでに、エミールは双子と相打ちで消滅、白の書は魔王戦で消滅)

191 :ニーア  ◆l1l6Ur354A :2010/05/22(土) 08:29:08 ID:KBYPuefJ0
【Aエンド】
ヨナは倒れたまま起き上がらない。
だが諦めずに話しかけ続けると目を覚ます。
カイネはその2人を見届けると「片付けるべき問題がある」とその場を立ち去る。

村の丘で寝そべるヨナとニーア。だが見た目も年齢も何故か5年前。
シーンは変わり、白い背景に魔王と5年後の姿のヨナ。ヨナは魔王の手を掴んで顔を見上げる。


【Bエンド】
(ボスクラスのマモノの会話に字幕が当てられて、言葉や意味が分かるエンディング。)
魔王は新宿でのニーアのゲシュタルト体であり、ヨナから立ち上る黒い煙は新宿のヨナのゲシュタルト体。

魔王はゲシュタルト体のヨナ(諸事情で崩壊しつつある)を助けるために肉体へ移し、
ここへ向かってくる自分の体に魔王が入れば新宿と同じ状態で再び2人で生きていけると考えていたが、
ゲシュタルト体のヨナは「既に自我が目覚めているヨナの体を乗っ取るのは可哀想」と光に当たって自殺。

気の遠くなるほど長い年月をかけて守ろうとしたヨナを魔王は失い、雄たけびを上げつつニーアへ襲い掛かるが、
ニーアにとっても魔王は「愛娘に害をなす者」でしかなく、やはり魔王は倒される。

真っ白の世界にたたずむ魔王。ヨナを守ることができなかったと自分を責めていると、新宿のヨナの姿で横へ座り、「ずっと一緒にいてくれてありがとう」と言い暗転。
スタッフロール後、エミールが生きていることが発覚して終了。
(ちなみに新宿でニーアが手を伸ばした書籍は黒の書)

192 :ニーア  ◆l1l6Ur354A :2010/05/22(土) 08:29:56 ID:KBYPuefJ0
【Cエンド】
基本は同じ。魔王を倒してヨナが助かった後からが違う。
カイネは自身の体に憑くマモノを抑えることができなくなり暴走、マモノ化。
彼女が暴走する直前に「殺してくれ」と言った通り彼女の胸に剣を突き立てる。
カイネは「ありがとうと」と告げ、消滅する。


【Dエンド】
(Cエンドとほぼ同じだが、カイネを殺さない場合。)
ニーアの存在と引き換えにカイネが命を取り戻す。
全ての人々からニーアの存在を忘れられ、生きていた証(全セーブデータ)も消える。

カイネはヨナから「貴方が私を助けてくれた」と言われて違和感を覚え、ニーアの姿がフラッシュバックする。
ヨナに大丈夫?と聞かれ「何か大切なものをもらった気がする」とカイネがつぶやいて暗転。

193 :ニーア:2010/05/22(土) 08:31:09 ID:KBYPuefJ0
以上です。
いい話とか多いんですが、書くと信じられんくらい長くなりそうなので途中イベントはばっさりカットしてます。
細かい設定などは設定資料集待ち。


【舞台設定】
この世界はドラッグ・オン・ドラグーンの新宿エンド後なのだそうです。
(新宿エンドはDODの項目を見てください)
途中のイベントで「赤き竜が・・・」というくだりが出てきたり、病や魔法の大元は降ってきた竜か母天使か・・・みたいな雰囲気があったりしますが、
じゃあ実際どうつながってるのかは全然描かれてないので公式の設定資料待ち。

【エンディングについて】
このゲームはマルチエンディングです。
普通に1周目クリアでAエンド。
クリアデータで2周目を始めるとBエンド。
3周目以降武器を全て集めてラスボス倒すと選択肢によってCかDに分岐します。

197 :ゲーム好き名無しさん:2010/05/22(土) 15:14:03 ID:eSxeAEPn0
乙です
しかしマシになったとはいえ相変わらずのマルチバッドエンド

>生きていた証(全セーブデータ)も消える。
!?

198 :ゲーム好き名無しさん:2010/05/22(土) 15:35:40 ID:pXNMCzGh0
>>197
マジで消える

>>192
便乗で
ニーアDエンディングを見る

セーブデータ全削除

新規に始まると消したデータの名前が使用不可

別の名前にしてゲームを再び開始

名前を入力するあのシーンで今回の名前でなく
消したデータの名前を入力すると・・・

これで何が起こるのか教えてくれ


210 :ニーア:2010/05/22(土) 16:45:20 ID:KBYPuefJ0
>>198
1回目の名前が「イチロウ」で
2回目の名前が「ジロウ」だったとする。

この場合、2回目のAエンディングで本来なら「ジロウ」と入れるべきところを
「イチロウ」と入力するとどうなるのかってことだよね?

結論。
「そんな名前じゃないよ!」と言われて入力画面に戻るだけ。
何度「イチロウ」と入力しても再度入力画面に戻るだけのループ仕様。
マジ綺麗さっぱり存在が消されてますw






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー