プリンス・オブ・ペルシャ 忘却の砂

part55-157~160


157 :プリンス・オブ・ペルシャ 忘却の砂・1:2011/01/31(月) 22:40:13 ID:SX8BdOwQ0
プリンス・オブ・ペルシャ 忘却の砂
PS2の「時間の砂三部作」の時間軸のどこかに入る話らしいけど、そっちはやってないのでよくわからん。

シャラマン王の息子であるプリンス(名前は出ない)は修行のために兄王子であるマリクが治める地に向かっていた。
が、到着してみるとかの地は戦争の真っ只中。
追い詰められた兄マリクはプリンスが止めるのも聞かず、宝物庫に封印されていた「ソロモン王の軍勢」を解き放ってしまう。
溢れ出した砂から軍勢=無数の化け物が立ち上がり、兵士たちを次々に砂の像に変えた。
二つに割れた封印のメダルをそれぞれ手にしたプリンスとマリクは宝物庫の崩落に分断されてしまう。

プリンスは一人進んだ先にあった鏡のような壁から水の精霊の女王ラズィアの東屋に迷い込んだ。
ラズィアはソロモン王の盟友であり、あの軍勢を封印した者の一人でもあると言う。
ラズィア曰く、マリクが開放した軍勢はソロモン王の軍勢などではなく、ソロモンに戦いを挑んだイフリート・ラタッシュが生み出した砂の魔物。
砂さえあれば無限に湧き続けるこの軍勢を放置すれば、この地は滅びてしまう。
割れた封印のメダルを一つに戻して軍勢を再び封印しろ、と言ってラズィアはプリンスに精霊の力を貸す。

すっかり魔物しかいなくなった城の中でプリンスは何度かマリクと顔を合わせるが、城の構造と作動した防衛システムのお陰で合流には至らない。
そのうちマリクの様子が変化し始める。
魔物を倒すことで自分の力が増していくことに気づき、魔物の封印よりも魔物を増やし、殺し、己が強くなることに執着し始める。

158 :プリンス・オブ・ペルシャ 忘却の砂・2:2011/01/31(月) 22:42:14 ID:SX8BdOwQ0
ようやくマリクと合流したが、マリクは軍勢の再封印のためにメダルを求めるプリンスを「この力を独り占めしようとしている」と疑い、二人は決裂。
マリクは再び姿を消し、結局封印は元に戻せない。
プリンスと違って精霊の加護を得ていないために、封印のメダルが蓄える力に悪影響を受けたのでは、と言うラズィア。

ラタッシュがマリクの封印のメダルを狙っていることに気づいたプリンスはマリクを追う。が追いついたときには戦いが始まっていた。
吹き飛ばされたマリクに代わりラタッシュと戦うプリンス。最後には再びマリクが駆けつけてラタッシュに止めを刺す。
マリクの持つメダルにラタッシュの力が取り込まれる。と、マリクは急に叫び声を上げて駆け出していった。
ラズィアに聞くと「ラタッシュは人の剣では倒せない。倒されたのはお前の兄の方だ」と言う。
信じられないプリンスだが、マリクは魔物を倒すごとに巨大化し、しまいにはラタッシュの姿に変わってしまった。

ラズィアに言われて古代の精霊の街に行き、ラタッシュを倒せる剣を手に入れるプリンス。
さらにラズィア自身が剣に宿り、今やすっかりラタッシュと化したマリクと戦う。
倒すと、自身を取り戻したマリクはプリンスに詫びながら死んでいき、剣に宿ったはずのラズィアの声も聞こえなくなった。
プリンスは剣を元あった街に戻し、全てを父王に報告するために帰途に着いた。   おわり。

159 :ゲーム好き名無しさん:2011/01/31(月) 22:44:36 ID:SX8BdOwQ0
以上でPoP忘却の砂・終わり
2008・2009年に箱360とPS3で出た「プリンスオブペルシャ」とは
何の関係も無いらしいです

160 :ゲーム好き名無しさん:2011/02/01(火) 00:46:10 ID:F8KUY9+SO
>>159
リクエストした者です。ありがとうございました。
忘却の砂は三部作の1作目『時間の砂』と2作目『ケンシノココロ』の間、
時間の砂の直後の話みたいです。






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー