SONIC ADVENTURE 2

part55-333~339,341~343


333 :ソニックアドベンチャー2:2011/02/21(月) 11:27:48.10 ID:tHCz40O/0
なんで今まで書かれていなかったのか不思議に思いました。
未プレイなので、ストーリー動画を参照に書いています。間違いがあるかもしれません。
まずはキャラ紹介から。エラー阻止の為、ちょっと見にくくなってますが。

○ソニック・ザ・ヘッジホッグ
ハリネズミ。今回はシャドウに間違われてGUNに捕らわれるが、仲間の協力により脱出。で、世界征服阻止の為に冒険する。
○マイルス"テイルス"パウアー
子ギツネ。まだ棒読み時代。今回は専用メカ『サイクロン』に乗ってステージを進む。
○ナックルズ・ザ・エキドゥナ
ハリモグラ。砕けたマスターエメラルドの欠片を探す。今作からコミカルな面が出るように……。

○シャドウ・ザ・ヘッジホッグ(新キャラ)
封印されていたハリネズミ。正体は究極生命体。エッグマンと共に行動するが、真意は……。
○Dr.エッグマン
毎度おなじみ天才科学者。シャドウを解放し、エクリプスキャノンを使って世界征服を企む。
○ルージュ・ザ・バット(新キャラ)
謎の女コウモリ。こっちもマスターエメラルドの欠片を探す。エッグマン達と行動するが、その正体は……。

○エミー・ローズ
ハリネズミ。今回はサブキャラであり、ソニック達と行動を共にする。
○マリア・ロボトニック(新キャラ)
シャドウの記憶に刻み込まれている少女。とある事件で命を落とした。どうもシャドウの行動には彼女が深く関わっているようだ。
○ジェラルド・ロボトニック(新キャラ)
エッグマンの祖父。かつては優しかったのだが……。

334 :ソニックアドベンチャー2:2011/02/21(月) 11:41:14.36 ID:tHCz40O/0
機種書くの忘れていました。DCです。
ストーリーは時系列順に書く事にしました。つまりヒーローとダークごちゃ混ぜです。
でもこうした方が分かりやすいと思うので。

・1日目
警報が起きた。エッグマンがプリズンアイランドの基地に侵入したのだ。目的は祖父が作った軍の最高機密兵器を手に入れる事。
ユーザー名とパスワードを入力し、カオスエメラルドをセットして入手したのだが……その姿はソニックに酷似していた。
ソニックと勘違いするエッグマン。黒いハリネズミはシャドウと名乗り、エッグマンの願いを叶えてくれるという。
こんな時にGUNのメカが襲い掛かってきたが、難なくシャドウは倒した。
直後、彼は「カオスエメラルドと共にスペースコロニーアークへ。中央制御室でお待ちしています……」と言い、去った。

・2日目
ナックルズは女コウモリと言い合っていた。女コウモリがマスターエメラルドを盗み、追いかけていたのだ。
そこにエッグマンがやって来てマスターエメラルドを強奪しようとする。
ナックルズは飛び掛かってそれを粉砕。欠片となってバラバラに飛び散ってしまった。
エッグマンは「まぁよい」と言い、そのまま去っていった。
残った2人は自らの目的の為、マスターエメラルドの欠片集め競争となった。

ヘリで移送されていたソニックはまんまと脱出し、街へ逃げていく。

エッグマンはGUNのロボットを倒しつつ、秘密基地に帰還。
そこで見た臨時ニュースに映っていたのは……なんとカオスエメラルドを盗んだシャドウだった!!

シャドウはGUNのロボットを蹴散らし、高い所にいた。
彼はマリアという少女の為、全ての人類に復讐を企んでいるのだ。
一方ソニックは街を出ようとした所、GUNのメカと遭遇して戦う。
倒した後、メカの上には緑のカオスエメラルドを手に持っている、自分と瓜二つのハリネズミがいた。
そこでソニックは気付く。自分はヤツの代わりに追われていると。
攻撃しようとするが、『カオスコントロール』という技でまんまとかわされた。
気が付けばヤツは屋上に。ヤツはシャドウと名乗り、カオスエメラルドの力で消えた。
追う暇もなくソニックは捕まってしまった……。

女コウモリことルージュは誰かと連絡を取っていた。
エッグマンの基地を発見し、潜入を開始。ゲートスイッチを探し、まんまと成功。
そこでエッグマンが転送した先がアークだという事を知る。そして彼女もアークへ……。

エッグマンはコロニーの中心部に辿り着いた。
シャドウはエッグマンの祖父であるPf.ジェラルドの遺産の1つ『エクリプスキャノン』を見せた。
今は封印されており、起動するには7つのカオスエメラルドを集めなければならないという。
もし起動すれば星をも砕く力を手に入れ、世界のすべてを支配できる。
エッグマンは当然乗り気。その時、ルージュがやって来て取引を持ちかけてきた。
エメラルドのレーダーを貸してほしい。それを使ってカオスエメラルドを見つけ出すと。
そう、ルージュは宝石専門のトレジャーハンターなのだ。その手には青のカオスエメラルドが。
エッグマンは承諾し、取引成立。こうして3人による世界征服の計画が開始された……。

335 :ゲーム好き名無しさん:2011/02/21(月) 14:40:53.66 ID:PJiq4Iml0
>>333
>なんで今まで書かれていなかったのか不思議に思いました。
>未プレイなので、ストーリー動画を参照に書いています。

やってもいないゲームを動画見ながら書いておいてそんなこと思うのかそっちの方が不思議です
sageも出来ない目立ちたがりの初心者はROMっててください
とても乙はできません

336 :ゲーム好き名無しさん:2011/02/21(月) 16:12:03.85 ID:Xph2eiju0
メール欄にsageって入れるとsageられます。
ゲサロ自体も荒れ気味ですし、まったり行きましょう。

337 :ソニックアドベンチャー2:2011/02/21(月) 21:07:16.24 ID:tHCz40O/0
アドバイスありがとうございます。
後、書き間違えました。『今は手元にない』の間違いです。

・3日目
エッグマン、シャドウ、ルージュはプリズンアイランドに着いた。
ルージュによると軍の基地にカオスエメラルドが保管してあるという。
作戦は、エッグマンが先頭に立って軍をかく乱しつつ、2人を基地内部まで誘導する。
シャドウはそこから分かれて軍の兵器庫に時限爆弾を仕掛ける。
ルージュは軍の兵器庫からカオスエメラルドを盗む。制限時間は30分。
どうにか誘導できたが、思わぬ邪魔が。エミーがシャドウに抱き付いてきた。
ソニックと勘違いしたのだ。彼女はエッグマンに気付き、逃げ出す。
エッグマンは2人を先に行かせ、エミーを追った。

テイルスはトルネード号でプリズンアイランドへ向かっていた。
ソニックが犯人だなんて信じられないと思い、救出しに来たのだ。
今助けにいく! と再度心に誓った時、エミーとエッグマンを発見。
何でエミーがこんな所に? 助ける為に地上に降り、エッグマンと戦った。
この勝負は引き分け。エッグマンは去って行った。
エミーに話を聞いたら、ソニックを助けに来たという。そしてエッグマン達がなにか企んでいるようだ。
基地内部へと進むテイルス。エミーもすぐに後を追った。

シャドウはエッグマンの知らせを受け、起爆時間を15分後にセット。
ルージュは5分以内に3つのカオスエメラルドを盗み出す事に成功。
しかし、最後の最後でしくじってしまい、GUNのメカを倒したはいいものの閉じ込められてしまった。

ソニックは監獄最深部に捕まっていた。そこへエミーが登場。テイルスに連れてきてもらったらしい。
「オレの偽物の為にわざと捕まってるんだ!」と言ったら、エミーは彼と会ったという。
エミーの持っていたカードキーでロックが解除され、晴れて自由の身となったソニック。
なんでもシャドウはエッグマンと一緒にこの島に来ているんだとか。ソニックは急いで駆け抜けていった。
一方シャドウはルージュからの連絡を受け、カオスエメラルドの為にジャングルを突破中。
その途中ソニックに見つかり、勝負となった。直後、エッグマンから連絡が。
「シャドウ、何をしておる! 早くせんと、貴様も島ごと吹き飛んでしまうぞ!!」
シャドウは立ち去り、ソニックもエミー達に知らせつつ島を脱出する事に。
ソニック達はトルネード号に乗り、シャドウはルージュの持っているカオスエメラルドでカオスコントロール。
双方とも脱出に成功したのであった。

ナックルズは欠片を求めてオバケの出そうな場所にやって来た。で、欠片を3つ集める事ができた。

338 :ソニックアドベンチャー2:2011/02/21(月) 21:09:24.88 ID:tHCz40O/0
シャドウはたそがれていた。マリアと過ごした思い出を……。
「僕が生まれた理由……僕はなんのために生まれ何をすればいいのか……」その事でシャドウは悩んでいた。
そこにルージュが声をかけてきた。自分を助けてくれたのは正直意外だったと。
エッグマンもやって来た。エクリプスキャノンを発射する準備ができたというのだ。
カオスエメラルドはまだ6つしかないが、シャドウ曰く「デモンストレーションをするには問題ない」との事。
エッグマンが演説を始め、エクリプスキャノンが月に向かって発射された。
カオスエメラルドを集めていたのはこの為であった。地球への再発射まで後1日。
その始終を見ていたソニック、テイルス、エミー。そこでテイルスが偽物のカオスエメラルドを取り出す。
カオスエメラルドの特性を利用して、エッグマンの居場所を探るという。
そこへ警察がやって来た。ソニックが奴らを引き付け、残りの2人はエッグマンの居場所を探す事にした。

ナックルズの欠片探しは続くよどこまでも。今度は複雑な炭鉱内部だ。それでも3つ集められた。

339 :ソニックアドベンチャー2:2011/02/21(月) 21:11:51.08 ID:tHCz40O/0
・4日目
テイルスはソニックと連絡を取っていた。ソニック曰く「どこもかしこも警官だらけ」。
で、テイルスが分かった情報は、「残り6つのカオスエメラルドは地上のどこにも反応がない」事。
「もしかしたらエッグマン達は宇宙にいるのかもしれない」事。
そこへナックルズがマンホールの下から現れた。炭鉱を出る時に迷ったとか。
直後、テイルスが政府のコンピューターに、大統領とエッグマンの交信記録を見つけた。
大統領のリムジンに乗り込んで通信を逆探知すれば、エッグマン達の居場所が分かる!
という訳で、ソニックとの合流先は大統領のリムジン。テイルスはルート101へ向かった。

エッグマンは大統領と交信していた。要求はエッグマン帝国に従う事。もし逆らえば、国が消えてなくなる。
と、そこへソニックとテイルスがやって来た。交信は切られ、テイルスが逆探知を開始。
結果、エッグマン達はスペースコロニー・アークにいる事が分かった。
すぐさま去っていく2人。直後、大統領の元へエージェントからの連絡が……。
一方エッグマンはイライラしていた。政府との交渉が失敗したからだ。
エクリプスキャノンを実用兵器として使うなら、7つのエメラルドは絶対に必要。
残りの1つはテイルスの元にある事がルージュの情報により分かった。地上に降りて追跡を開始する事に。
シャドウとエッグマンが去った後、ルージュは誰かと連絡を取った。
どうも怪しい。彼女の本当の目的はプロジェクト『シャドウ』の調査であった……。
連絡終了後、トルネード号の追跡を開始。見事に発見したのであった。
シャドウもルージュの連絡を受けて追跡を開始。
追跡終了後、エッグマンに連絡した。あっちもレーダー上で確認したらしい。

ソニック、テイルス、ナックルズ、エミーはピラミッドに来ていた。
ナックルズはエッグマンがその中に入っていくのを見たという。
で、エミーはコウモリ女がエッグマン達と一緒にいるのを見たという。
宇宙に出る方法がきっとあるはず。テイルスは入り口を探しに行った。
入り口を見つけ、音速で内部を駆け抜けていくソニック。
やがて閉じられている場所を発見。この先が基地の中心だとか。
カギを探すのはナックルズの役目(強制)。3つのゲートスイッチを見つけたはいいもの、オバケと勝負に。
まぁそんなこんなで先へ進めるようになったものの、エッグマンが待ち伏せしていた。
彼はエッグゴーレムを召喚し、ソニックは戦って倒した。
その影響でエッグゴーレムの様子がおかしくなり、主であるはずのエッグマンにも攻撃してきたとさ。

無事にシャトルが発進し、いよいよ宇宙へ。しかし隕石とぶつかり、後ろのハッチが開いて……。
マスターエメラルド重視なナックルズが勝手にシャトルを動かし、アークの思わぬ場所へ着陸。
すぐにナックルズは行ってしまったのであった。

341 :ソニックアドベンチャー2:2011/02/21(月) 21:36:01.63 ID:tHCz40O/0
テイルスがアークの過去について調べた事を語る。何でもすごい場所だったとか。
ソニックとテイルスは兵器を破壊する為、作戦を立てる。
兵器はすごく頑丈に出来ているので、偽物のカオスエメラルドを使って内部から破壊する。
偽物は本物と同じ波長と特性を持っているという。
テイルスは電源を探して怖し、ソニックは制御室を探す。で、機械が停止している間に偽物をすり替える。
エミーをほったらかしにして2人は作戦開始。
一方ルージュは連絡でエッグマンを騙し、コロニーのコントロールパスワードを教えてもらった。
本来の仕事に取り込んだ。プロジェクトシャドウの資料を発見したが、そこに書かれてあったのは……。
と同時にモニターにソニック達が映し出された。でもそっちは無視。
マスターエメラルドの残りの欠片を手に入れる為、行動開始。

ナックルズは再びバラバラになった欠片探し。ルージュもだ。
そして2人は遭遇して戦い合って疲れ、「いい加減諦めてエメラルド返せ!!」と同時に言う。
ルージュがナックルズに歩み寄ろうとしたその時、足を滑らせて落ちそうになった。
ナックルズはマスターエメラルドの為に救出。ルージュはバカバカしくなり、欠片を返す。
こうして1つに集まり、復活したマスターエメラルド。ナックルズはその場を去る前に一言。
「手荒な真似して悪かったな」と……。ルージュも任務が終わり、その場を去って行った。

エッグマンとシャドウはピラミッドの基地モニターでソニック達が無事である事を知った。
しかもカオスエメラルドのエネルギー反応が2つもある。明らかにおかしい。
シャドウには「もしもの時は……後を頼んだぞ」と言い、アークへと向かって行った。
そこでエミーを発見して人質にし、ソニックとテイルスの居場所を教えてもらった。
一方、ソニックは制御室にいた。しかし、エミーがエッグマンに捕まった事が分かり、研究所跡地へ急いだ。
エッグマンはソニックに取引を要求した。「エミーの命が惜しいならば、カオスエメラルドを渡せ」と。
ソニックは偽物を渡せばいいと思っていたが、エッグマンには既に見破られていた。
ソニックは閉じ込められ、宇宙に放り出されてしまった。カプセルは爆発。
その様子をシャドウは別の場所から見ていた。
テイルスはソニックの思いを胸にエッグマンと対決したが……。

ナックルズはうろついていた。そこへソニックが現れた。
そう、偽物のカオスエメラルドでカオスコントロールをしたので無事だったのだ。
「テイルス達が心配だから頼む」と言い、急ぐソニック。
最後の賭け……それは発車直前に兵器の砲口に偽物を放り込む事であった。
音速スピードで駆け抜けていく。レールから足を踏み外して落ちないようにしながら……。
一方、ルージュはカオスエメラルドを盗もうとしていた。そこへシャドウが現れる。
どうも彼は正体を知っていたらしい。ルージュは連邦政府大統領専属エージェントだった。
プライバシーの侵害はお互い様。そこでルージュがプロジェクト『シャドウ』の経過報告書を見せた。
もしこの記事のシャドウが本物だとしたら、今ルージュの前にいるシャドウは何者なのか。
と、そこにエッグマンから「カオスエメラルドを全て手に入れた」という知らせが。
続いて「何者かがまっすぐエクリプスキャノンの砲身に向かっている」と。
シャドウはそっちに向かう事となった。自分の記憶などの全てがフェイクだとしても、それが全てだと信じて。
そして、マリアの願いを叶える為だけに。

ステージを駆け抜けたシャドウはソニックを見て驚いた。宇宙のチリになったと思っていたからだ。
似ているのは姿形だけではなかったのだ。こうして2人の勝負が開始された。
テイルスはガッカリしながらぼそりと言う。そこへソニックの通信が!
ソニックは破壊に成功した。エクリプスキャノンの発射を阻止できたのだ!
エッグマンの方は全てのカオスエメラルドをセット。これで世界征服が叶うと確信して……。

342 :ソニックアドベンチャー2:2011/02/21(月) 22:00:38.68 ID:tHCz40O/0
ヒーロー、ダークの両方をクリアしないと見れません。最後の戦い。

エッグマンは疑問に思っていた。キャノンが発射されない。一体何が起ころうとしているんだろうか。
モニターにはエッグマンの祖父、ジェラルドが映し出されていた。
ソニック、ナックルズ、ルージュは研究所跡地へ。そこで地震が起こった。
ルージュによるとこのコロニーはすごい勢いで地上に接近しており、このままだと激突するという。
そしてここにもモニターがあり、ジェラルドが映し出されていた。
映像によると7つのカオスエメラルドがそろう時、ジェラルドの復讐計画がスタートするようにしておいた。
全てを奪った愚かしい人間達に、自分と同じ絶望を味わうが為に。
どんどん揺れが激しくなっていく。そこにエッグマンも合流。
ナックルズはエッグマンの仕業だと分かって今すぐやめろと怒鳴るが、不可能だという。
エッグマンはジェラルドの日記をルージュに渡した。プログラムを読み込むと、こう書かれてあった。

「…分からない。どうしてこんな事になってしまったのか?
究極の生物を生み出そう等という考えが、やはり間違っていたのだろうか?
あの日コロニーに現れた軍隊…目的はおそらくプロジェクトの抹消だ…。
所の仲間達、愛しい孫娘マリア。どうか無事でいてくれ。
…プロトタイプを封印するためかコロニー全域が閉鎖された。アークの閉鎖は表向き事故として発表されたようだ。
…事故の犠牲者の中にマリアの名前を見つける。私は全てを失ってしまった。もう何もない。何も考えられない。
復讐以外の何も!! 恐ろしい!! 一体私は何を考えているのか!? 誰か私を止めてくれ…。
オリジナルのデータを元に遂に『シャドウ』を完成させた。記憶のコントロールも完璧だ。全てを『シャドウ』に託す。
後世に望む者あらば、あれを目覚めさせよ 世界に…。」

暴走するカオスエメラルドのエネルギーを得て、キャノンのコアは巨大な爆弾のようになっている。
まずはカオスエメラルドの暴走を阻止しなければならない。
たった1つだけ方法がある。ナックルズのマスターエメラルドだ。
カオスエメラルドの反応はコロニーの最深部に移動している。全員が力を合わせれば最短ルートまで行けるかもしれない。
まずはテイルスとエッグマンが中枢へ向かう通路の隔壁を爆破。
次にルージュが中心部の溶液を排出する為のスイッチを押した。
で、ナックルズが溶液を利用して泳いでいき、水路の先にある最終隔壁を解除。
最後にソニックが音速でコロニーの最深部へと辿り着いた。

343 :ソニックアドベンチャー2:2011/02/21(月) 22:24:06.23 ID:tHCz40O/0
・ラストストーリー
その頃エミーはシャドウを発見。皆が頑張っているから、なんとかして彼にも協力させなければと思い、説得を開始した。
皆を助ける意味がある。確かにあそこでは争いが絶えないし、自分勝手でワガママな人ばかりかもしれない。
でも、幸せになる為に頑張ってる。あの星の未来を信じる意味がある。
だからあの星に住む全ての人達にチャンスを与えてあげて。その可能性を奪わないで。
「あの星に住む全ての人達に…幸せになるチャンスを与えてあげて。
皆の願いを叶えてあげて。シャドウならそれが出来る。きっと…。あなたはその為に生まれたの。」
それが、マリアが死ぬ間際にシャドウに言った言葉であり、本当に望んでいたものであった。
シャドウはマリアの言葉を思い出し、皆を助ける事を決心して行った。

一方、ソニック達はマスターエメラルドの神殿そのまんまの場所を発見。
行こうとしたら究極生命体プロトタイプ『バイオリザード』が現れて妨害してきた。
そこへシャドウがやって来て、そいつの相手をする事になった。
その隙にソニックとナックルズは行き、ナックルズがマスターエメラルドをセット。
おかげでエメラルドの暴走は収まったが、バイオリザードがカオスコントロールをした。
自らコロニーに寄生してもろとも地上に突っ込むつもりなのだ。
止めるにはスーパー化して戦うしかない。ソニックとシャドウはスーパー化して最後の戦いに挑む。

激戦の末、バイオリザードを倒し、カオスコントロールでアークをワープさせて止めた。
シャドウは力に耐えきれなくなって地上へ落下した。「マリア…これでいいんだろ?」と思いながら。
地球は救われ、ソニックは戻ってきたがシャドウはいない。彼に付けられていたリミッターリングを、ソニックはルージュに渡した。
シャドウは本当にジェラルドに作られた復讐の道具だったのか?
いや、違う。彼は彼の意志で地球を救った究極生命体だ。
「さぁ帰ろう。オレと同じく青くて丸いあの星に。アディオス…シャドウ・ザ・ヘッジホッグ。」

こんな感じです。






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー