アサシン クリード ブラザーフッド

part55-453~457


453 :[PS3]アサシン クリード ブラザーフッド:2011/03/10(木) 23:52:30.65 ID:1CHMgh3S0
アサシン クリード ブラザーフッドの話しを投下します。◆l1l6Ur354A

あらすじ
朝に目が覚めたら、二つの秘密結社の戦いの真っ只中に放り込まれていたなんて有り得ないと思うだろ?
だが、これは現実だ。
一方の勢力はテンプル騎士団。
巨大企業アブスターゴ社を隠れ蓑に暗躍し、世界の全てを牛耳ろうとしている。
もう一方の勢力はアサシン教団。
人の自由意思を守る事を使命とする組織で歴史の裏でテンプル騎士団と暗闘を繰り広げてきた。
俺はその一員として生まれた。
数週間前、俺は囚人のようにテンプル騎士団が作った機械アニムスに縛り付けられた。
最近の日課は俺の中に眠る先祖のDNAと一体化し、奥に眠る記憶を呼び覚ます事。
最初に体験したのは十字軍の頃の祖先アルタイルの人生。
そして、テンプル騎士団の目的がエデンの果実と呼ばれる秘宝の在り処だと知った。
エデンの果実は人に幻を見せ、操る力を秘めている。
一度、在り処が解ると俺は用済みで処分対象になった。
だが、アサシンの協力者ルーシーが俺を助け出し、共に脱出した。
その後、騎士団に対抗できる程の力を付ける為、
アニムスの流入現象を利用してエツィオというルネッサンスを生きたアサシンの記憶を蘇らせていた。
流入現象は俺をアサシンに変貌させつつある。
しかし、俺達の隠れ家はテンプル騎士団に発見されてしまう。
アサシン教団とテンプル騎士団の戦いは騎士団の圧倒的優位に進んでおり、
伝説あるいは最強のアサシンと称されたアルタイルやエツィオの子孫は既に俺一人になっていた。
もはや、逃げ場など何処にも無い。
俺の名はデズモンド・マイルズ。
これは俺の物語だ。

454 :[PS3]アサシン クリード ブラザーフッド:2011/03/10(木) 23:54:12.50 ID:1CHMgh3S0
イタリアのヴィラに逃げ延びたデズモンド達はアニムスの使用を再開する。◆l1l6Ur354A

ミネルヴァと名乗る存在はエツィオの人生を体験しているデズモンドに将来、人類に恐るべき災厄が降りかかると語り、消える。
恐るべき災厄、デズモンド。
様々な謎を抱きつつも、預言者の役割を果たしたエツィオはヴァチカンを脱出してヴィラに帰還。
仲間達にヴァチカンで起こった事を説明。
ミネルヴァが告げた恐るべき災厄に最優先で対処しなければならず、テンプル騎士団と争っている場合では無いと主張する。
しかし、仲間の一人であるニッコロ・マキャベリはテンプル騎士団という目の前を倒すのが先決だと反論。
口論になるが決着は付かなかった。

エツィオが束の間の休日を過ごしていた最中、エツィオ達がいるヴィラが襲撃に遭う。
襲撃してきた軍隊を率いているのは、テンプル騎士団の総長チェーザレ・ボルジアだった。
イタリア管区長のロドリゴ・ボルジアを退けた為、総長であるチェーザレが直々に出向いてきたのだ。
エツィオは一命を取り留めるが伯父のマリオを殺され、客人のカテリーナ・スフォルツァは連れ去られてしまう。
そして、エツィオ達が持っていたエデンの果実もチェーザレに奪われてしまう。

逃げ延びたエツィオはローマにいるマキャベリと合流。
打撃を受けた組織を再編し、再びテンプル騎士団と戦う決意を固める。

カテリーナがサンタンジェロ城に囚われているという情報を得たエツィオは救出に向かう。
敵兵の目を掻い潜りながら城内に潜入するエツィオ。
サンタンジェロ城にはルクレツィア・ボルジアが居たが、苦も無く彼女からカテリーナを助け出す。

エツィオは親友であり、協力者のレオナルド・ダヴィンチと再会する。
彼は今現在、チェーザレに雀の涙ほどの給料で兵器開発の為に無理矢理働かされているらしい。
それを聞いたエツィオはレオナルドが開発させられた兵器とその設計図を破壊しに行く事にした。
戦車などの兵器製造工場に潜入したエツィオは設計図を処分。
さらに完成したばかりの兵器を奪い、製造工場を破壊していく。

455 :[PS3]アサシン クリード ブラザーフッド:2011/03/10(木) 23:56:11.92 ID:1CHMgh3S0
チェーザレはイタリア統一の為、フランス軍の将軍であるオクタヴィアン・ド・ヴァロワを通じてフランスの協力を取り付けていた。◆l1l6Ur354A
チェーザレがイタリア統一へ本格的に乗り出すと聞いたロドリゴを始めとする騎士団幹部達は今の支配の均衡を崩すかもしれない。と懸念する。
しかし、チェーザレはその懸念に全く耳を傾けない。
チェーザレの動きを知ったエツィオはそれを阻止しようとする。
まずはチェーザレに戦争の為の資金を提供している人物を抹殺しなければならない。
そこでチェーザレの資金提供者でテンプル騎士団員ホアン・ボルジアに借金をしている人間に接触。
彼の協力もあってホアンがいる場所に辿り着く。
そこではヴィラでの勝利を祝う宴会が開かれていた。
エツィオはその宴会の最中にホアンを暗殺する。

続いてチェーザレとフランスの仲介をしているヴァロワを殺害するべく、
ヴァロワが率いるフランス軍と交戦しているバルトロメオ・ダルヴィアーノの傭兵団と合流する。
途中、バルトロメオの妻がフランス軍に捕えられるというイレギュラーが発生したが、
フランス軍の一部隊を潰して彼らに成り済まし、彼女を助け出してヴァロワを倒す。

その後もテンプル騎士団総長チェーザレ直属の暗殺者ミケロット・コーレリアの暗殺計画を阻止したりする等して、遂にチェーザレのイタリア統一を阻止する。

イタリア統一に失敗したチェーザレはロドリゴに呼び出される。
ロドリゴはチェーザレが独断で進めたイタリア統一の失敗を理由に彼を粛清しようとするが返り討ちに遭い、死亡する。
ロドリゴを暗殺する為に潜入していたエツィオは、彼の死による混乱に乗じてエデンの果実を取り返す。

イタリア統一失敗、ロドリゴ殺害、アサシンにエデンの果実を奪還された責任をとる形でチェーザレは騎士団総長の座を降りる事になった。
そこでチェーザレはユリウス二世の教皇及びテンプル騎士団の次期総長就任を後押しする
代わりに教皇軍最高司令官と騎士団イタリア管区長の椅子を彼に保証して貰うよう密約する。
しかし、密約を反故にしたユリウス二世の命によってチェーザレは捕縛されてしまう。

456 :[PS3]アサシン クリード ブラザーフッド:2011/03/10(木) 23:59:04.50 ID:1CHMgh3S0
エデンの果実を封印しようと考えているエツィオの元に報せが入る。
それはチェーザレが収監されていたモタ城を脱出して義兄のファン3世が統治するナバラ王国へと逃れ、そこで再起を図ろうとしている。
というものだった。
それを知ったエツィオはチェーザレに止めを刺すべく、単身でナバラ王国へ向かう。

ナバラ王国ではスペイン軍との戦闘が起きていた。
ナバラ軍を指揮しているのはチェーザレだった。
対峙するエツィオとチェーザレ。
戦いの末にエツィオがチェーザレを城壁から突き落とす。

その後、エツィオはエデンの果実をイタリアにあるコロッセオの何処かに封印する。

エツィオの人生からエデンの果実の在り処を知ったデズモンド達は早速、回収に向かう。
そこの地下にある施設では、あのミネルヴァあるいは彼女と同じ存在と思われる存在がいた。
彼女はデズモンドに目覚めの時まで残り72日しかないと語る。
そして、その場にあったエデンの果実を遠隔操作で使用。
エデンの果実によって操られたデズモンドが仲間の一人であるルーシーを刺してしまう。

エンディングへ
◆l1l6Ur354A

457 :ゲーム好き名無しさん:2011/03/11(金) 00:02:09.98 ID:TkFssG4l0
以上です。
修正するべき点等がありましたら、修正をお願いします。
文中にNGワードを入れたのは、作品名が長いので名前の欄に入り切らなかったからです。






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー